『あの日の選択』を悔いる…その31。

b0136045_07362425.jpg
前回の投稿では『あっちの石田堤』だの『こっちの石田堤』だの書いて悪かったなぽまいら…あれでは分かりにくいよなぽまいら正直すまんかったやで…(詫び)

だから呼称を変える…この写真の石田堤を『新幹線高架そばの石田堤』と呼ぶ…因みにこれは『修復ゾーン』にある…つまりは『レプリカ』だ…。

そうとも知らず(案内板に『堤修復ゾーン』と書いてあったんだけどその時は見逃したんですよね…←恥)俺はこの堤を見て

「四百年以上前の堤がよくこの状態で残っていたもんだ!」

「スゲ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

などと呟き喜んでいたのでした…(恥)

そして…






































b0136045_07452307.jpg
こちらの石田堤…これは以下『堀切橋の先にあった石田堤』と呼ぶ…を見た俺は

「ん〜まあ何ゆうか『松並木』とかあって風情としては中々だけど『堤としてはショボい』よな(笑)」

などと思っていたのでした…(恥)

言うまでもなく『こっちが本物』…『新幹線高架そばの石田堤』は『レプリカ』なのだから…。

あのレプリカだって『何もないところに土を盛り上げて石田堤レプリカとした』というのではなく『石田堤の名残りがあったところに土を盛ってレプリカとした』のではあるだろうけど、『レプリカ』はレプリカに過ぎない…『往年の姿を留めてはいないが名残りは感じられるもの』の方が価値はある…。

お城巡りをする人達の最近のブームは『城跡巡り』だそうな…暫く前にネットの記事か何かで見た…。

『昭和期に再建された実物とは違う姿のお城』ではなく『城本体は残っていないが石垣や土塁や堀などで当時の様子が伺えるもの』の方に人気が集まっているそうな…そらそうだわな…。

この法則?を俺の場合に敷衍すると『堀切橋の先にあった石田堤>新幹線高架そばの石田堤』となる…でもその日の俺は『新幹線高架そばの石田堤>堀切橋の先にあった石田堤』と思っていた…。

センスないなぁ俺…_| ̄|〇














続く…。

by shousei0000 | 2018-11-29 08:01 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://shousei.exblog.jp/tb/28912635
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 『あの日の選択』を悔いる…その32。 『あの日の選択』を悔いる…その30。 >>