人気ブログランキング | 話題のタグを見る

NGTを諦めた…その13。

NGTを諦めた…その13。_b0136045_05491995.jpg












NGTを諦めた…その13。_b0136045_05492046.jpg
もふ(村雲颯香さん)が卒業してしまう…その期日はもう明日…。

いっくら何でもそれまでに今書いているくだりだけは終わらせなくては…『本人がいなくなってから謝意を述べる』なんて変すぎる…。

で…前回からの続きなんですが、上に画面キャプチャーを再掲載したもふの卒業発表の中の

>グループが変わっていくのは決して簡単ではないとこの数ヶ月間で身に染みて分かりました。

という部分が非常に重要な言葉である事を前回の末尾で述べた…それは『運営に楔を打つ行為であった』と俺は考えている…。

この行為があったからこそまほりこぽん(山口真帆さん、菅原りこさん、長谷川玲奈さん)の行動の正当性が担保された…この行為があったからこそ『NGTに問題は無い…という事は決してない!』という事実が改めて浮き彫りにされた…。

NGTにもふが残った事で『問題の単純化が防がれた』のは以前にも述べた通り…まほりこぽんと同調して5月18日にもふも卒業していたら『よくある思春期の女の子同士の思い込み』というあの女社長のクソ台詞(笑)で片付けられていたかもしれない…。

『強い問題意識を持ち』『メンバー全員と外交できる人間関係を保ち』『且つ女支配人からも一定の信頼を勝ち得ていた』というもふだけが、あのまほりこぽんの離脱の後何かができる唯一のメンバーだった…他のメンバーはたとえ事件が起こる前にグループ内での序列がどれ程高かった者も何も成し得なかった…『想いを発信できた者』ですら何人いた事か…。

そんな孤軍奮闘していたもふが遂に匙を投げ『グループが変わるのは簡単ではない』と述べて現時点でのNGTの改革を諦めたのだ…まほりこぽんと一緒に離脱して新たな道を歩く事ができたのに敢えてそうせず残留した娘が改めて『卒業』を選んだのだ…。

この事実は重く深い…女社長は先日からクソ理論(笑)をカス雑誌(笑)経由で発信しているみたいだけど、卒業発表した時のもふの言葉と表情がそんなクソ理論(笑)を鎧袖一触している事をクソ雑誌(笑)共々女社長はよく理解すべきだなと俺は思う…(締め力説)
















続く…。

by shousei0000 | 2019-08-30 06:19 | AKB関連


<< NGTを諦めた…その14。 NGTを諦めた…その12。 >>