人気ブログランキング | 話題のタグを見る

新潟輪行旅行記 その5。

新潟輪行旅行記 その5。_b0136045_20041156.jpg
はい、昨日からの続きです。

万代のバスセンター上にある『みかづき』で『イタリアン』を食べたところからの再開です。

上の写真は『みかづき』の窓から外を眺めたもの…沢山の人々が群れ集っている…。

この日この場所では『新潟総踊り』というお祭(名前合ってるかな?)が行われていた…この日だけでなく9月14、15、16日と3日に渡って行われるものとの事…。

この旅をするにあたって俺は最初自分で宿の手配をしようと思ったんですが、スマホで新潟市内の宿をチェックしても手頃な値段のシングルルームは中々空きがなく、それで仕方なく旅行代理店に行って新幹線も含めた予約をしたのでした。

その際も新潟市内のホテルに中々空きがないとかで、最初は施設内に結婚式場や複数のレストランを有する本格的なシティーホテルを紹介され、それがそれなりなお値段だったので悩んでいたところ『あ…もう一軒あります!』と言われ『新潟駅からは離れているけど安いホテル』を紹介されたのでした。

「いっくら三連休とはいえ新潟がそんなに混むものかぁ?」

と訝しく思っていたんですが、それらは全て『このお祭の影響』だったみたいです。

後日タクシーの運転手さんも『総踊りでどこも混んでいる』と言っていたからそういう事なんでしょう。
















新潟輪行旅行記 その5。_b0136045_20041235.jpg
『新潟総踊り』の模様を1枚だけ…『ソーラン節』みたいのを幾つもの団体が入れ替わり立ち替わり披露されていた…。

新潟駅に着いた時から予兆はあった…揃いの衣装でキメた人達が笑いさざめきながら万代の方向に歩いて行ったのを俺は見ていた…。

お祭自体は面白くゆっくり見ていってもよかったんですが、この日はホテルのチェックインまでに色々見ておきたいところがあったので『次の目的地』に向かう事にしました。




















新潟輪行旅行記 その5。_b0136045_20041416.jpg
次の目的地は『ラブラ2』…つまりはNGT48劇場です!

今年4月に来た時は劇場は閉まっていて中は見れなかったので、今回改めて行って中を見てみようという気持ちで向かいます。

この時点で予定は把握していなかったんですが『土曜だからやってんじゃね?』と楽観して『ラブラ2』に向かいました。
















新潟輪行旅行記 その5。_b0136045_20041551.jpg
『ラブラ2』を背後に振り返るとそこには『新潟伊勢丹』が…。

今年4月に来た時は

「ほ〜ん…新潟にも伊勢丹があるのね〜」

位にしか思わなかったんですが、その後まほほん(山口真帆さん)のSHOWROOMをしこたま観る(笑)中で『新潟伊勢丹内のサンリオショップはまほほんがシナモングッズを買いまくった場所』と知り

「ならば行きたいものだ…寄ればよかった…」

に後悔したのでした…。

今回は行くつもり…って…その話(ハゲなのにシナモンの前髪クリップを買った話)はもう既に書いたんでしたね(笑)


















新潟輪行旅行記 その5。_b0136045_20021507.jpg
そして『ラブラ2』へ…。

「まほりこぽんもふ(山口真帆さん、菅原りこさん、長谷川玲奈さん、村雲颯香さん)の卒業記念サインボールともふの卒業黒板が見れたらいいな♪」

と思いながら劇場があれ4階へ…。

それでまあ劇場に着いたんですが、入口のところにガードマンが立っていてビックリ!中を伺うともう一人ガードマンがいて女性スタッフもいる!

「何か警備凄くね?」

「NGT色々あったから厳戒態勢なのか?」

と思いつつガードマンの方に会釈をして女性スタッフの方に『中を見る事はできますか?』と問うたところ…

































新潟輪行旅行記 その5。_b0136045_06195408.jpg
こないなものを渡された…。

『半券』です!『モニター鑑賞の半券』です!

AKBグループの劇場ではその日に開催されている劇場公演をモニターで観る『モニター鑑賞
』(通称モニ鑑)というものがあるんですが、それに偶然あたってしまった訳ですね。

俺は劇場の中をちょっとだけ見れればそれでよかったので思わぬ展開に戸惑いましたが、昔AKBヲタだった時代にも『モニ鑑』をした事がなかったので

「これはこれでラッキーだったのかも♪」

と思いながら中に入りました。















新潟輪行旅行記 その5。_b0136045_06195597.jpg
中に入ると大1台、小2台のモニターに公演の模様が映されていてそこにヲタの皆さんが集われていた…その数ざっと30人位か…(俺の半券番号が25だった)

モニターを写す事は禁じられているので『抽選入場順ボード』を撮ってみた…これがどういうものなのかはサパーリ分からん…(俺は劇場公演にも入った事がないのでね…)

俺の目的は『モニ鑑』ではなく『卒業記念サインボールと卒業記念黒板を見て写真を撮る事』なので早速撮影を開始しました。






















新潟輪行旅行記 その5。_b0136045_06195553.jpg

















新潟輪行旅行記 その5。_b0136045_06215711.jpg
『もふの卒業記念黒板』です!

もふの卒業公演は8月末日に既に済んでいたんですが、もふのこの半年位の間の事績が大きかった為か卒業記念黒板が残されていると聞き、それを見ようと思ったのが『劇場に来ようと思ったメインの理由』でした。

以下色々撮った写真を掲載します。


















新潟輪行旅行記 その5。_b0136045_06195772.jpg


















新潟輪行旅行記 その5。_b0136045_06394245.jpg


















新潟輪行旅行記 その5。_b0136045_06414462.jpg


















新潟輪行旅行記 その5。_b0136045_06414592.jpg

















新潟輪行旅行記 その5。_b0136045_06394404.jpg

















新潟輪行旅行記 その5。_b0136045_06423900.jpg


















新潟輪行旅行記 その5。_b0136045_06424070.jpg


















新潟輪行旅行記 その5。_b0136045_06444262.jpg




















新潟輪行旅行記 その5。_b0136045_06424283.jpg
以上『もふ卒業記念黒板の写真』でした。

上の写真は新キャプテンの角ちゃん(角ゆりあさん)が書いたものですね。

角ちゃん字上手なんですね♪





















新潟輪行旅行記 その5。_b0136045_06424366.jpg
その新キャプテンの角ちゃんの壁写です。

まとめサイトか何かで見た『やっつけ仕事っぽいキャプテンの文字』が何か笑いを誘う…。

新キャプテンの元新たな体制が既に始まっている訳ですが、『また写真で煽りをしている』なんて噂を聞くと『どうなのかなぁ…』と思う…公演自体は真摯に行っているだろうけど『NGTの再生』『事件前の状態に戻る事』はちょっと無理なのではあるまいか…。

俺は未だに角ちゃんとななみぃ(高橋七実さん)のモバイルメールをとっているんですが、今それをどうしようかと思っている…『現状を知るツール』としては重宝するものだけど、俺は『NGT再生を望む立場の者』ではないのでダラダラとモバメをとり続けてもあまり意味はないのかなぁ…一応月額もかかる訳やし…。

ただななみぃのモバメは読み応えがあるし(文章的にしっくりくる良い文章を書く娘です♪)角ちゃんの硬質な文章(笑)も嫌いではないのでもう少しの間とっていてもいいのかなぁ…どうなのかなぁ…。

…なんて事を考えながらこの写真を撮りました(笑)


















新潟輪行旅行記 その5。_b0136045_07023883.jpg
『まほりこぽんもふの卒業記念サインボール』は上の方にあったのでよく見えなかった…とりあえずそれぞれのアップの写真は撮った…。
















新潟輪行旅行記 その5。_b0136045_07023963.jpg
こんな…





















新潟輪行旅行記 その5。_b0136045_07024091.jpg
感じでしたね…あんまよう見えん…。



















新潟輪行旅行記 その5。_b0136045_07003969.jpg
所謂『ジンギスキャッツー』が卒業公演で使った造りものの楽器です。

村雲、日下部、清司で編成されるユニット『ジンギスキャッツー』がこの造りものの楽器を使ってユニット曲をしたので、それを記念してこうして展示されているらしい。

俺はその3人共好きなメンバーだけど…色々あったから虚心坦懐に見る事はできない…公演再開後のNGTのDMMも『もふの卒業公演』以外はついに観なかった…。

俺はNGTの問題に首を突っ込んでいる者の中ではNGTに甘いほうだと自負しているけど、その俺にして『再開した劇場公演のDMMは全然観なかった』『もふが去った後は更に興味がなくなっている』からなぁ…NGTの再生は今のままではやはり無理ゲーだと思う…。

ただ『ファン』はいましたよ。この日の劇場には前述通り30人位のヲタさんが集っていて『モニ鑑』を楽しんでいた…メンバーのMCに笑ったり小さな振りコピをしたり歌を口パクされたりして『モニ鑑』を楽しまれていた…。

お仲間なのか新たに入ってきた人に『よっ!』なんて具合に手を上げて挨拶している光景もあった…女ヲタさんが花を抱えている姿もあった…(その花はどうもななみぃへのプレゼントだったみたい…ななみぃのその日のモバメに『お花貰った』みたいな記述があったので)

そういうの見ていると『この状況下でもファンはいるんだな…』としみじみと思った…そして『この人達はそりゃ〜「諦めない」はなぁ…』とも感じた…。

NGTを取り巻く状況は未だ厳しく楽観できる未来などどこにもない…と俺は思う…そう思いながら俺はここまで来た…。

でもここ(劇場)はどうだろう…ここに来れば『劇場』があり『公演』が行われていてファン達同士は『仲間』で『交流』もありモニ鑑ですら『歓声』が湧く…ここにいればある意味事件前と変わらない日常がある…。

だからここにいる限り『NGTを諦めない!』という気持ちにもなるだろう…ここにいる限りに於いては『何も変わらない』のだから…。

問題は『この小世界だけでNGTがやっていけるのか?』という事だと思うけど…その辺の事はここに集うNGTヲタさん達はどう思っているんだろうね…。

俺が昔AKBヲタだった時推していたメンにスキャンダルが出た事があった…ネットの中の『解析班』と呼ばれる人達によって次々に証拠が積まれていく状況に目眩がしながらも、それでも『推しを信じたい!』という気持ちがあり、状況が詰んだ後も『スキャンダルがあったのは事実…でもそれでも推していきたい…』と思ったものだった…。

その諦めの悪さみたいなものはネットの中では『自分が可愛いだけw』とされる…『推しに使ってきた金や時間を無駄なものだったと思いたくない自己防衛的心理ww』とされる…。

冷静に解釈すればそういうものだと思うけど、渦中にいる人はそんな単純なもんじゃない…苦しい状況に悶絶しながらも何とか前を向く…というか救いを求めてそれを探していく…なくても必死に探す…乃至は『自分なりの答え』を模索する…。

そういうのを経てきたから俺は『今のNGTヲタさん達の苦悩』が少し分かるような気がする…だから俺はNGTに甘いのだと思う…。

『だからNGTは解散した方がいい』と思う…『実体』がなくなればヲタさん達も諦めがつくだろうしメンだって次の生き方を探しに行ける…『実体』がなまじ残っているからこそ『このややこしい状況』がある…。

『実体を残しつつの再生』に必要不可欠だった『あの事件の徹底的な捜査と関連メンの処分と真摯な再発防止策の構築』をAKSは遂に行わなかった…この為『実体を残しつつの再生』は最早不可能になった…この先のNGTに光があるとは俺には到底思えない…。

ホントどうするつもりなんだろうねAKS…現在進行中の民事裁判ではま〜た『嫌な話』が伝わってきて『NGTサイドにはいないみんな』の気持ちをささくれ立たせている…俺も嫌な気分になって『この件に関してはもう明るい方だけ向こう!明るい方だけ見よう!』みたいな決意をするに至った…。

劇場に入ってモニ鑑がそれなりに盛り上がっているのを目の当たりにしたものの、俺の中には『NGTの希望』は生まれなかった…『この人達みんなどうするんだろう…』みたいな気持ちだけが残った…。


















新潟輪行旅行記 その5。_b0136045_07004068.jpg
劇場の入口付近の壁…ここにはかつて『公式デビュー前のメンバー達の写真』があった…。

『まほほんがつぐを柔軟にする写真』があった…あれつぐで合っているよな?

『ペットボトルをマイク代わりにパフォーマンスの練習をするぽんの写真』もあった…。

そのメンバー達が去ったからなのかご覧のような抽象的な写真に差し替えられている…いずれも新潟に関わる写真だろうし『NGT48のライト文字?』はおそらく『青春時計のPVの時のもの』だろうけど、メンバーの写真でない事に違和感を覚える…『こういう写真ならメンバーがやめても差し替えなくていいから面倒がない♪』という事なのか…。

何か色々と微妙だ…。














新潟輪行旅行記 その5。_b0136045_08181091.jpg
モニ鑑は結局30分程に及んだ…『アンコール発動』から2曲観たところで劇場を後にした…モニ鑑中って途中から扉閉めるのね…。

俺がこの劇場を訪れる事はもう2度とないだろう…今回の旅で新潟が好きになったから新潟にはまた来るだろうし、何なら来月も行けないかと思ったりもしているんだけど(笑)NGT48劇場に来る事はもうないと思う…。

『最初で最後の入場』となった…さよならNGT48劇場…。

















続く…。

by shousei0000 | 2019-09-22 08:23 | ボードウォーク 走行


<< 新潟輪行旅行記 その6。 新潟輪行旅行記 その4。 >>