人気ブログランキング | 話題のタグを見る

リベンジ・ザ・小沢峠!

久し振りに自転車の事を書きます!ここんとこ自転車以外の事ばかり書いてたら
アクセス数がガタガタと減ってしまったもんで
ちょっと危機感覚えてるんですよね・・・(そんな事位で右往左往するなッ!)

それはともかく平成20年5月22日、つまり昨日の事なんですが、久し振りにアクアを駆って
ツーリングに行って参りました。今回のツーリングには珍しく連れがいます。
その連れというのは『四半世紀の刻を越えて・・・』の元メールを送った元職場の後輩君であります。彼はかの超~メジャークロスバイクであるジャイアント エスケープR3に乗っているのですが、先般一念発起してこれをドロップハンドル化致しまして、その改造の成果を確認したいと欲していた。
そして小生はといえば

そろそろアクアに乗らないとアクセス数がヤバい

と危機感を募らせていた(ブログアクセス数の為に自転車に乗るな~ッ!)ここに二人の利害は
一致する事となり(どこがだ~ッ!)今回連れ立ってツーリングに行く事になった訳です。
うん!とってもサイクリストらしい理由だよなっ♪(だから!どこがだ~ッ!!)

ところでこの元職場の後輩君だが、彼の姓の頭文字はSである。そこで本文中彼の表記を『S君』にしようと思ったのだが、『S君』という呼称は以前に書いた『ロード トゥ ロードバイク その4』の中で、小生の中学時代の番長の名前として使用済みである。またこれまで拙ブログに頻繁に登場して頂いている、小生がソーセージ号やアクアを買ったプロショップの店長さんの名前も『S氏』である。これではとても分かりにくい・・・。という訳で爾後この元職場後輩君の事を、彼の姓の一字目と二字目の頭文字を採ってSM君と表記しようと思う。

断っておくが、あっち方面のSMと絡めて面白おかしくしようとしてこの呼称を思い付いたのではない!あくまでも姓の一文字目と二文字目の頭文字を採ったら
たまたま偶然意外な事にSM君になってしまっただけ
なのである!!決して決して意図的ではないのである!!!そこんとこ間違えないでくれよな!
(意図的だな・・・そしてこんなくだらん事ダラダラ書いてるうちに、またまたアクセス数がどんどん減少していくんだな・・・←嘲笑)

さてさて余談はともかくそんな訳で、平成20年5月22日午前11時ちょい前
小生とSM君は連れ立って埼玉県入間市を後にした。今回の目的地は、この地域のローディーの皆様の練習地として名高い?青梅と名栗の間にはだかる小沢峠である。因みにSM君
東京都練馬区在住であり、ここまで既に25Km近くを自走して来ている。往復すれば50Kmであり、ちょっとしたハンデと言えなくもない。些か可哀想な気さえする・・・。

しか~し!しかしである!!SM君には彼女がいて、まあ小生はこの彼女の事を
おのろけさんと呼んでいるのだが(SM君がこの彼女と電話する時、デレデレとだらしなく情けない口調になる為この呼称を思い付いた←笑)そもそもSM君がR3を購入したのは
このおのろけさんのマンションだかアパートだかに通う足として必要だったからなのである!そんな惰弱な理由で自転車を買う様な奴には、50Km位のハンデは課してしかるべきなのである!!うん!この位の試練は絶対必要だよなぁ・・・。
皆さんだってそう思うでしょ?(思わん!そんな事より、自転車の話を進めろ~ッ!!)

ところで今回小沢峠を目的地としたのには、ちょっとした理由がある。というのは
小生とSM君は昨年7月にもこの地を訪れた事があったのだが、この時SM君は小沢峠に惨敗したのである!しかもあの最後の直線300mで力尽きたのではなく、その手前の何て事ない坂路で足を着いてしまったのである!!勿論最後の300mを押したのは言うまでもない・・・。

SM君にも気の毒な面があって、というのはこの時彼のフロントディレーラーの調子が悪くインナーに入らなかったというトラブルがあったのだが、そんな事を言うなら小生はその一年程前、フロントシングル48T(だったかな?)でこの峠を登り切ったのである!SM君のミドルの歯数は30台である筈だから、インナーに入らなかったからとはいえ、それは言い訳にはならないのである!!(あんた・・・後輩相手に随分厳しいね・・・←あったりまえじゃないですか!彼女がいる奴は全て敵だッ!!←そんなんだから結婚出来ないんだね・・・納得・・・)
SM君はこの時の事を苦にしており、以前から度々

「また小沢峠行きましょうよ!」

「絶対リベンジしてやる!!」

と鼻息も荒く息巻いていたのだが、中々その『また』の機会は訪れなかった・・・。
おのろけさんとのデートに忙しかったからである(笑)
全くだらしない・・・。自転車と彼女、どっちが大事なんですかね?(彼女だろ!普通!!)
そして漸く今回、その機会が訪れたという訳なのだ。

そして小生にも小沢峠に行きたい理由があった。それはアクアとソーセージ号のポテンシャルの違いを、身を以って実感したいという事である。小生はアクアに乗って既に一ヶ月以上になるのだが(あんまり乗ってませんが←笑)最初に行った顔振峠とグリーンラインは、ソーセージ号では行った事がなかった。だから何とかそこを登り切ったといっても(足着きましたけどね・・・しかも2回も・・・←それで『登り切った』と言えるんかい!)それがアクアのポテンシャルによるものなのか、それとも小生の脚力によるものなのかが分からなかった・・・(アクアのポテンシャルによるものだろ?つーか、それでも足2回も着いたのかよ!!)だからかつてソーセージ号で行った所をアクアで再訪したかった・・・。それでこそアクアとソーセージ号の違いって奴が実感できるではなかろうか?つまりは

16万円出しただけの価値があったかどうか

が知りたかったのである・・・(金の事を言うな!金の事を~ッ!!)










かくして二人のローディーは頂きを目指す!












あ、ところでですね、折角格好良く締められそうなくだりで何なんですが(だったら言うなッ!)
実は小生『ローディー』って呼称、苦手なんですよね・・・。何か『ディー』ってとこが軽~い感じがして馴染めないんですよね・・・。それで他に何か良い表現がないかと思って探してみたんですが、それで見つけた『ロードバイク乗り』って呼称も、これまたどうにもしっくりこないんですよね・・・。
そもそも『ロードバイク』って呼称自体が馴染めないもんで・・・。
(久々に出たな~!浦島太郎めッ!!)
そこで今度は自分で考えてみたんですが
(あんた暇人だな・・・つーか、何故そんな事を考える必要がある?)
『ロードレーサー(ここ大事!)に乗る男』って事で





















ロードメン

















なんてどうでしょう?(どうでもいいッ!)まあこの呼称は普通に考えれば『ロードマン』になるんでしょうが、そうしちゃうとブリヂストンのアレと被っちゃうもんで・・・(笑)
如何でしょう?(本当もうどうでもいいから・・・さっさと話を進めろ~ッ!!!)



















かくして二人のロードメンは頂きを目指す!
(二回も繰り返す程の事か~ッ!!!←大激怒)




















続く(久々の自転車話でしたが如何でしょうか?←これが自転車話と言えるか~ッ!!)
by shousei0000 | 2008-05-23 22:31 | ロードバイクあれこれ


<< リベンジ・ザ・小沢峠! 続き グッドラック!KP!! >>