人気ブログランキング |

試走!第二日目。

はいっ!という訳で
『試走』第二日目の話をお届けする訳ですが、この『試走』を行った日付は
2008年6月2日(月)つまり前回まで書いた『試走!第一日目』の
翌日であります。
前日は出発時間が15時と大きく出遅れた為『試走の、そのまた試走』という形に
ならざるを得なかった・・・。そこで

「明日はちゃんとした時間に出て、しっかり『試走』行うぞ~ッ!」

と張り切っていたのだが、結局出発出来たのは午前9時・・・。
まあ世間的には『サイクリングに午前9時に出発した』というのはそれ程おかしな話ではないと
思うが、今後行っていくであろう実戦というか本番というかのサイクリングではもっと早くの出発が
必要になりそうなので、9時に出発というのは小生的には遅過ぎだったのです。

しかも9時に出たはいいものの、その足で最初に向かったのが自転車屋さんで、ここでまず
指貫グローブを選ぶ事から始めてしまった(因みにS氏のお店ではない)
そしてなまじっか品揃えが良かったもんで目移りしてしまって中々決められず、購入するまでに
30分近くも費やす羽目に(笑)その後、朝食を食べていなかったので国道463号線バイパス添いの『山田うどん』で天ぷら蕎麦を頂いた。
この『山田うどん』は昨日蒼き流星と遭遇した地に程近く、蕎麦を食べながらも
昨日の激闘(ただ抜かれただけ←笑)に想いを馳せた・・・。
(おい!今回もまた妄想のライバルとかの話に終始するつもりじゃないだろうな?←大丈夫です!他に書きたい事が一杯あるので、今回の話はなるべくあっさり終わらせるつもりです←笑)

かくして漸く本格的に走り始めた時には、時計の針は既に10時となっていた・・・。
9時でも遅いと想っていたのに、何と10時になってしまうとは!この日の『試走』は前日に出来なかった事を達成する、つまり正丸峠を越えて、可能ならば秩父市内に突入する事を目的としていた。
しかしこの出発時間になってしまった事と午後から雨が降るとの予報があった事で、秩父側に
降りる事は諦め、正丸峠に登ってそのまま折り返して来ようと考えた。

という訳で走り始めたのだが、本日のルートも昨日と全く同じの国道463号線バイパスから
国道299号線にて正丸峠へというものであって、故に少なくとも正丸トンネル付近までは
それ程書く事はありません(前回3話もかけて書いたばかりですからね←笑)
と言いたいとこなんですが、実は書く事は大ありでした。それは何かと申しますと
ダンプとタンクローリーのコンボイ大爆走の事で
あります!!!!



とにかくこれが怖かった!国道299号線に入り高麗神社付近を通過してからというものの、ダンプとタンクローリーのコンボイ(何故か3台位でコンボイ組んで走って来るのです!)がバンバンと走って来て、それに横をすり抜けられるのが超~怖い!!そりゃ~ダンプやタンクローリーの運転手にしてみれば生活をかけて走っており、この路は自分達の仕事で使う為の路と認じているのだろうが
そしてそこをちんたらちんたら走るロードバイクなんて邪魔なだけであろうが、こんな広くもない道を
推定時速80Kmなんかで走り抜けられては
生身の体を晒して走ってる小生としては、マジで死を意識せざるを得ない・・・。

「そっ、それにしても・・・」

「昨日はダンプやタンクローリーなんか全然走ってなかったのに、何で一日違うだけで
こんなにも状況が異なるんだ?」

小生はオドオドビクビクしながらも訝しく思ったのだが、考えてみれば
昨日は日曜日だったのである
日曜日というのは殆どの会社がお休みであり
つまりはダンプやタンクローリーもお休みだったのである。しかし今日は月曜日であり
故にダンプやタンクローリーは本来の活動を再開した・・・。
つまり
この有様(ありよう)こそが、国道299号線の常態なのである!!!


「だっ、駄目だこりゃ~!」

「今後この道を平日に使うなら、ダンプやタンクローリーが活動を開始する前の
朝5時とか6時とかに出発しなきゃ!」

恐怖にさいなまされながらも、小生はそんな事を考えていた。ちょっと怖くて嫌な状況だったが
それを知れたのもこうして走ってみたが故・・・。つまり『試走』をした甲斐があった訳で、それはそれでまあ良かったなあと思ったりもした。因みに昨日の『試走の、そのまた試走』ではアクアでは初の『背負わないサイクリング』を実験してみたのですが、背中が楽ちんで中々快適でしたよ♪
まあこの件についての感想はこの位ですかね。
(他のどうでもいい事についてはダラダラクドクドネバネバネチネチ長々と書くくせに、他のサイクリスト達に多少なりとも有用かもしれない事については、何で
こんなにあっさり書き流すんだ~ッ!!!)



この後正丸駅場外休憩所で休憩してから、正丸峠にアタックした。四半世紀前には
『ビギナーの峠』と認識していて、重量約14Kg、ギアレシオフロント52×42T、リア11~25Tの
ロードマンで楽々登った覚えのあるこの峠だったが、今回の久々のアタックでは重量約9Kg
ギアレシオフロント50×34T、リア12~25Tのアクアを用いながら、それなりにハアハアしちゃいました(笑)自転車のスペックというかポテンシャルというかは全然違う筈なのに・・・。
当時と今と、一体何がそんなに違うんですかね?
(体重が違うんだろ!体重が!!←嘲笑)



試走!第二日目。_b0136045_21514660.jpg

              四半世紀振りの正丸峠。一応少々感無量・・・。



正丸峠に到達した時点で、時刻はすでに13時を過ぎていた。気象予報通りに何か雲行きも
怪しい・・・。そこでこの時点までちょっとは行こうかという気もあった秩父市内突入は正式に諦め、名栗方面を回って帰る事にした。
当初の予定ではここから折り返して国道299号線で帰るつもりだったが
これ以上ダンプやタンクローリーと併走するのは
最早どうしても我慢ならなかったのである(笑)


そこで正丸峠を秩父側に1Km程下った分岐を左手に折れて、名栗方面へと進路をとった。
ここから名栗に向かうには山伏峠を越えなくてはならず些か難儀に思っていたのだが、気がついた時にはあっさり越えちゃってました(笑)しかしそこからの下りは延々と長く(何か10Km近く下ってた様な・・・)怖かったり手が痺れちゃったりして大変でした(またまた笑い)
そしてこう思いました。


「この山伏峠ってのは
名栗側から登っちゃ
絶対に駄目だな・・・」



ってね(三度笑い)因みにそんな峠を名栗側から登って来るピストとすれ違いました。
うへぇ~!ギアの無いピストでこの峠をねぇ・・・。
世の中には随分と偉い人がいるもんだ・・・(その程度の事で『世の中』とか大袈裟過ぎるだろ!)
因みにローディーの方々のブログを拝見すると、彼等にとっては山伏峠は名栗側から登ってもそんなに難儀ではないらしい・・・。やっぱローディーの人達は凄いや!
ロードメンである小生には叶わないや・・・。



試走!第二日目。_b0136045_22212465.jpg

               名栗へ下る途中にあった水場。



試走!第二日目。_b0136045_22224585.jpg

                  水場の但し書き。



試走!第二日目。_b0136045_22234073.jpg

           霊水を飲んでご満悦な小生♪(お酒を飲んでるんじゃないですよ←笑)




名栗に下ると雲行きは増々怪しくなっていき、ほんの2~3滴ではあるが雨の雫がポツリポツリと
肌に当たった感触があった。急いで帰る必要があった。そう・・・急いで帰る必要があったのだが
気がつくと小生、こんな所に寄り道していました・・・。



試走!第二日目。_b0136045_22315692.jpg

                  名栗日帰り温泉『さわらびの湯』。



ここでのんびり一時間以上寛いじゃいました(笑)因みに悪評高かったラブホみたいな
プラスチック製露天風呂は、檜の枠の物に改修されてました。しかも広くもなってました。
これでちゃんとしたサウナと冷水風呂があれば最高なんだけどなぁ・・・。
(サウナはあるにはあるが、これまた変なプラスチック製の造りで入る気がしない・・・)


『さわらびの湯』を出た時には、時刻はもう16時近くなっていた。雨は幸い降っていなかった。
そこで急いで飯能方面へペダルを漕いだが、腹が減って中々脚に力が入らない・・・。考えてみれば9時半に『山田うどん』で天ぷら蕎麦を食べた後、水分以外は何ひとつ口にしていない。
といって後一時間半もあれば家に着くのに、敢えてここでちゃんとしたご飯を食べる気もしない。
そこで通り端にあったコンビニエンスストアで、こんな物を食べてみました。



試走!第二日目。_b0136045_22501383.jpg

                パイ生地のシュークリーム(だったかな?)



これをコンビニ店頭でモシャモシャ食べて栄養補給した時、小生の頭の中にはローディーの方々のブログでよく見る記述行動食という言葉が瞬いていました(笑)そして自分がローディーみたいな行動をしている事、つまり行動食を摂っているという事実に
大変満足致しました♪(あんたローディーじゃなくてロードメンだろ~ッ!!)
そして飯能駅前に着いた時には17時位になってました。



試走!第二日目。_b0136045_233084.jpg

              飯能駅前で激しく心を揺さぶられたお店(笑)



試走!第二日目。_b0136045_2343873.jpg

               でも実際に入ったのは(テイクアウトしたのは)こっち・・・。
              (ケンタッキー大好きなんです♪←だから太ってるのね・・・納得)



自宅に帰ったのは18時位でした。本日の走行距離約85Km。
二回の『試走』で秩父方面へのアクセス時間や道路状況等は確認できた。
そして今日はひょんな事から、帰路は名栗方面から帰る方が楽である事も知る事ができた。
まあ実際に秩父市内に行ってないのが不安といえば不安だが、もうこれ以上『試走』をする必要はなさそうだ。という訳で、近々いよいよ『本編』をお届け出来ると思いますので宜しくねっ♪
(一体何を画策してるやら・・・思わせ振りな・・・)




この項終わり。
by shousei0000 | 2008-06-19 23:18 | ロードバイクあれこれ


<< 企画発表! 試走!第一日目。最後 >>