人気ブログランキング |

企画発表!後編。

かくして小生はようやく目的としていたその場所に辿り着いた。時間は11時35分。自宅を出たのが6時50分だったのだから、既に5時間近くが経過している。この企画を考えた当初は自宅から秩父までは3時間位で行くと思い、また『試走』をしてからも4時間あれば着くだろうと思っていた。しかし蓋を開いてみればこの有様である(笑)まあこれは正丸駅で30分以上も休憩しちゃった事や『羊山公園』手前で右折してから思ったより距離があった事に起因するものであったのだが、今の小生にはこの5時間を悔いる気持ちは毛頭ない!何故って、遂にあの旅のスタート地点に立てたのだから・・・。さあ皆さん!お待たせしました!!遂に小生の企画の内容を示す、その画像を公開します!!!




















企画発表!後編。_b0136045_135205.jpg

                  遂に来ました!感無量です・・・。




















えっ?何ですか?よく分からないって?
?ん~分からんかぁ~(関西人風)
ほな、これでどないや?




















企画発表!後編。_b0136045_1391432.jpg

    ガラスケース内の貼り紙に惑わされず、心の眼で見れば分かる筈・・・(拡大して見てね)




















何?まだ分からん?ほんましゃ~ないなぁ・・・(何故関西弁を?)
ほんならもうとびっきりの奴公開したるから、目ん玉かっぽじってよう見いやぁ~!!




















企画発表!後編。_b0136045_1482226.jpg

                           



















どうですか?もう分かりましたよね?そう!ご名答!!(あんた誰と喋ってるんだッ!)
ここは秩父札所34ヶ所の基点である『1番 四萬部寺』であります!
そう・・・小生がやりたくて堪らなかった企画とは
秩父札所三十四ヶ所を自転車で回る旅だったのである!!


いやはやいやはや・・・やっとここまで漕ぎ付けましたね~(笑)
この旅をしようと思ったのは『水曜どうでしょう』というテレビ番組を観た事に端を発す。この番組は今をときめくタレント『大泉洋』を世に送り出した物としてそれなりに有名だと思うので、その内容についての説明はここでは割愛する。ご存知ない方におかれましてはこの番組のホームページ或いはウィキペディアによる番組説明をご覧頂きたい(載せといたのでクリックしてね)

この番組の企画のひとつとして『四国八十八ヵ所完全巡礼』というものがある。
これは『全国の受験生の合格を祈願して、四国札所八十八ヵ所を巡拝する』という触れ込みになってはいるが、実は単なる罰ゲームであり(非常に短期間で巡拝する為強行軍となり、そのハードさ故に罰ゲームと位置付けられた)その行程中に大泉洋やディレクター陣が次第に壊れていく様が人気を呼んだ(都合3回もやっているんだから『人気を呼んだ』と言っていいんだよね?)つまり『おふざけ企画』なのだが、四国八十八ヵ所の寺々をひとつひとつ回って行くのは真実であり(時々ずるするけど←笑)その巡拝する姿には何か心打たれるものがあった・・・。

巡拝・・・まあ小生的には『巡礼』の方がしっくりくるので以下『巡礼』と記させてもらうが、小生は勿論これまで巡礼なんかした事はない。また宗教としての仏教にも興味はない。が・・・しかし・・・。
小生はこの春、遂に四十歳の大台に乗った。『論語』で言うところの『四十にして惑わず』の歳となった訳だがその実、惑いまくりの日々である・・・。
結婚も出来ず(笑)仕事もぼちぼちであり、気が付けば独りで出来る事ばかりが趣味になっている日常・・・(このブログなんかまさにその筆頭ですね←笑)

そんな日々だからこそ、それを忘れる時間が欲しかった・・・(現実逃避すな~ッ!)心の中を真っ白にして、ひとつの事に打ち込む瞬間を得たかった・・・(だったら仕事に打ち込めばいいじゃん?)
心安らぎホッとする・・・そんな『癒し』というものを体感したかった・・・。だからなんでしょうね・・・あくまでも『おふざけ企画』に過ぎない『四国八十八ヵ所完全巡拝』を観た時、笑うだけでなく何かを感じ、自分もやってみたいと思ったのは・・・(あ~オヤジの心の吐露って鬱陶しい~ッ!)

とはいっても『四国に行きたしと思えど、四国は余りにも遠し・・・』である。四国に行くだけでも大変な事だというのに(そうかぁ~?飛行機で一時間位じゃないのか~?)ましてや八十八ヵ所の札所を回るなんて、休みもまちまちで(シフト勤務ですから)且つ薄給な小生にとっては、おいそれと実行出来るものではない・・・。そう思って諦めていたのだが、ある時ふと思い出した!
そうだ!札所なら秩父にもあるではないか!!


こうして秩父札所巡りを思い付いた小生だったが、その当時は足となる物がクロスバイクであるソーセージ号しかなかった。ソーセージ号は確かに快適なクロスバイクではあるが、秩父まで峠を越えての往還約100Kmに加えて市内各所に点在する札所を巡るのに用いるのは、さすがにちょっと無理がある様に思えた。だから再び諦めたのだが、この春アクアを入手するに及んでフトと思った。
アクアなら、軽快なロードバイクであるアクアならば、秩父札所巡りの旅が可能ではなかろうか!?


そんな風に思っていた矢先、小生が通勤に用いている西武鉄道の車中に、秩父札所巡りの広告が踊る様になった。何でも今年は『12年に一度の総開帳の年』とかで、境内の本尊(観音像)の扉が開かれるらしい。それに併せて秩父市や西武鉄道では大々的なキャンペーンが行われてる様で、上記した車内広告の乱舞となったのであろう(巡拝アピール塗装の電車までありますよ←笑)
こっ、これはもう行くしかないッ!!!!!
(広告に簡単に釣られやがって・・・いいカモだな!)


そんな訳で先日の『試走』となり、そしてそれを踏まえて今回の決行となった訳である。いや~ここまでの経緯、長かったぁ~(確かに長いな・・・この糞ブログの文章がッ!
それだけに遂に札所1番に辿り着けた時には感無量・・・。嗚呼・・・これからの旅、じっくり満喫してやる!!

と、ここまで読んだ方の中には、不思議の思う方がいるかもしれません。

「輪行すればいいじゃん?そうすりゃ~往復の行程を気にする事もないじゃん?」

ってね。でもね、小生はそれはちょっと違うと思うのです。そりゃ~自転車をバラして袋に詰めて電車に乗る、つまりは輪行をすれば、秩父への往還は何て事なくなるに違いありません。秩父札所は全行程100Km位と聞いてますから、輪行さえすれば回るだけなら二日位で、じっくり見て回ったとしても四日もあれば余裕で結願(札所を全て回る事)出来る事でしょう。しかしですね、秩父に往還する事も含めて『巡礼』なんじゃないでしょうか?
その過程を楽しむ、或いは苦しむ事も『巡礼』の醍醐味なんじゃないでしょうか?
更に言えば、この往還の過程を定期的にアクアで行く事で、まだまだ不慣れなロードバイクに慣れたり、脚力が鍛えられたりするのかもしれない。そう考えれば、この往還は自走するに如くは無し!
輪行なんて邪道だ!自走して苦しんだり悩んだりしてこその巡礼なんだ!!


かように思い、小生は自走での秩父札所巡礼を決意したのである!
あくまでもそういう理由で自走を選んだのであって
輪行に自信がないとか、自転車をバラしたら組み立てられなくなるかもしれないといった、そうした理由で輪行を諦めた訳ではないのである!
(なるほど!そういう事ね・・・)

絶対そうではないのである!!!
(分かった分かった!分かったから皆まで言うな!!)


かくして小生の旅は始まった!小生はこの旅を通して『自分と向き合う』事が出来るのだろうか・・・。望んでやまない『癒し』を体感出来るのだろうか・・・。そして『四国八十八ヵ所』での大泉洋の様に、いつしか「ありがたい・・・」と本気で言える様になるのだろうか・・・。その全ては、今の時点では分からない・・・。でも分からないからこそ旅をする・・・。そういうものではなかろうか・・・。

今回の旅で、小生は最低に見繕っても秩父に8回は往還する事になろう(結構飛び地も多いもんで、きっとこの位はかかると思う)ひょっとしたら泊まりで行う時もあるかもしれない(小鹿野にもう一度泊まりたい宿があるんです♪)つまりはこの旅の記録はシリーズ物になります(笑)
そこでこのシリーズ物について『秩父三十四ヶ所!』というタイトルを冠します。
勿論『水曜どうでしょう』の『四国八十八ヵ所』へのオマージュを込めたものであります!
さあ皆さん・・・。
『秩父三十四ヶ所』いよいよ開幕です!!!








本編へ続く・・・(開幕しねえじゃん!)
by shousei0000 | 2008-06-24 05:15 | 秩父三十四ヶ所


<< 秩父三十四ヶ所! 第二夜 企画発表!中編。 >>