人気ブログランキング | 話題のタグを見る

秩父三十四ヶ所 第二夜 最後の最後(笑)

今回こそ前置き無しでいきます(笑)








という訳で、前回最後の『カリフォルニアロード』の写真を以って、小川町の散策は終了です。時間にして小一時間、距離にしてせいぜい1Km程度のお散歩でした。自転車が車やバイクに比べて小回りが効き停まりやすく散策向けであるのは以前も述べた通りですが、ここまで列記した様なレトリータウンをネチネチ散策&撮影行脚できたのは、目的の無いサイクリング(つーか『目的を見失ったサイクリング』ですな←笑)の途上ならでは。実際、この界隈は50ccオフロードバイク『フォン・ブラウン号』で幾度となく往来した地域であったにも関わらず、こんな風に散策できた、しようと思ったのは初めてでしたから。だから負け惜しみではなく、今回リタイアしたのは結果的にはよかったなぁと思っています。とっても楽しい一刻(ひととき)でした♪


この後は満を持して『花和楽の湯』に向かいました。ここは元々代々続く瓦工場だったのを、その五代目当主が一念発起して日帰り温泉として新たな家業にしたとの事。その評価は『泉質が良い』『温泉旅館に来た様な雰囲気が味わえる』『総じて日帰り温泉の域を越えている』といった声に満ちて好評の様である。そこで小生も行ってみた訳だが、たった3~4年前には、前述通りバイクで通りかかっても

「へえ~良い雰囲気じゃん」

とは思っても入る事など思いもよらなかった。
しかし今は、こうしてここに入る事にワクワクしてしょうがない自分がいる・・・。
爺臭くなっちゃったんですかね・・・(だろうな←嘲笑)



秩父三十四ヶ所 第二夜 最後の最後(笑)_b0136045_658321.jpg

       という訳で、ご到着~♪ローカルなのに24時までやってる頑張り屋さんです(笑)



秩父三十四ヶ所 第二夜 最後の最後(笑)_b0136045_73697.jpg


秩父三十四ヶ所 第二夜 最後の最後(笑)_b0136045_76520.jpg

       門構え&エントランスです。エントランスの写真右上に吊ってあるとうもろこしは
       オブジェかと思ったら本物でした。



秩父三十四ヶ所 第二夜 最後の最後(笑)_b0136045_7143343.jpg


秩父三十四ヶ所 第二夜 最後の最後(笑)_b0136045_7145713.jpg


秩父三十四ヶ所 第二夜 最後の最後(笑)_b0136045_7152224.jpg

       『おじいさんの古時計』だそうです。由来は一番下の写真を拡大してどうぞ。
       入ってすぐの所に掛けられていたのですが、昔祖父の家にこれと同じ様な時計があり
       その振り子の音で朝目覚めたり、夜には子守唄代わりにもした小生にとっては、かなり
       懐かしい一品でした♪



秩父三十四ヶ所 第二夜 最後の最後(笑)_b0136045_7253346.jpg


秩父三十四ヶ所 第二夜 最後の最後(笑)_b0136045_7255555.jpg

       上写真の様な中庭があり、それを囲む様にして各種建物があり、更にその建物間を
       下写真にある渡り廊下で巡らせています。かなり余裕のあるその造りは、瓦工場の
       跡地が故なんでしょうね。本当に温泉旅館に来た様な気分に浸れました。
       日帰り温泉にありがちなお手軽感(良い意味で)とは、ちょっと一線を画しています。



この後温泉に入りました。岩盤浴、サウナも含めて7種類の温泉に入れ、岩盤浴着、館内着(浴衣。女性は種類も選べる様です)タオルもセットで入館料1350円というのは、かなり良心的なお値段ではないでしょうか?(これでも昨今のご時世から値上げした料金なんです)まあ日帰り温泉は800円位からあり、それに比べれば500円程高い訳ですが、上記一切が盛り込まれての価格設定である事を考えると、小生的には「安い!」と言うにやぶさかではありませんな♪勿論泉質も良好でしたよ!サウナ後の冷水も温泉水というのもポイント高し♪


温泉内の写真はさすがに撮れませんでした・・・。皆さん、小生のセクシーな入浴シーンとか楽しみにしてたでしょうに・・・(んな訳ねえだろッ!)
その代わりといっては何ですが、こんなものを撮ってみました。




















秩父三十四ヶ所 第二夜 最後の最後(笑)_b0136045_7573950.jpg

       本邦初公開の小生の浴衣姿!!ここまでがギリギリの超~サービスショットです(笑)
       いやぁ~この写真は脱衣所の姿見(鏡)で撮ったんだけど、周りの人の視線が
       痛かったですねぇ~(笑)
       「すわ!変質者か!?」 「何だこいつ?ナルシスト?」
       という、うろんな視線の数々がね(またまた笑い)
       まあ小生色んな意味でドMですが、別に変質者じゃないですよ!
       (こんな画像を公開するなんて、どう考えても
    変質者だろ!)

       あとねぇ~、小生自分の外見についてはナルシストなつもりは毛頭無いんだけど
       自分が打ったメールとかこのブログとかは何度も再読し
       
       「うわぁ~超~面白い~♪」       
       
       「こんな手の込んだ文章、そこんじょそこらの
    奴には中々書けるもんじゃないぞ♪」

       
       な~んてほくそ笑んだり自画自賛しちゃったりするんだけど、こういうのも
       ナルシストっていうんですかね(笑)
       (メール&ブログナルシスト・・・最悪だッ!!)











秩父三十四ヶ所 第二夜 最後の最後(笑)_b0136045_83051.jpg

       もう一枚、サービスしちゃいましょうかね(笑)もうこれなんか本当にギリギリですよね。
       (ギリギリっつーか・・・モロ出しだろッ!)
       口元から流れる紫煙(タバコの煙)が堪らなくセクシーでしょ♪(はあ?)
       ここは渡り廊下にごろ寝できる畳敷きのスペースがあり、そこで喫煙が可能なんです。
       館内全面禁煙でタバコを吸うなら一々表に出なきゃならない造りにに比べると
       喫煙者にとっては天国みたいな扱いです♪渡り廊下だって屋外なのだから
       『タバコを吸う時には外に出る』という点では同じなんですが、この造りだと
       『自発的に楽しく外に出る』という感じで『外に追い出される、追いやられる』という
       感じがしないんですね。うまい事造ったなぁ~と感心しました。
       しっかしこの写真、セクシーですよね~♪
       ジャニーズとかにスカウトされちゃうかも!?
       (な・ん・で・だ~ッ!んな訳ねえだろ~ッ!!)




秩父三十四ヶ所 第二夜 最後の最後(笑)_b0136045_8574289.jpg

       上記喫煙の際、見上げた先に風鈴が舞う・・・。日本の夏ですな♪




秩父三十四ヶ所 第二夜 最後の最後(笑)_b0136045_853669.jpg

       入浴、タバコと済ませて待望の昼食!(テレビの旅番組みたいな展開ですな←笑)
       天ざる蕎麦です。しっかし小生、どこに行ってもこればっか(またまた笑い)
       まあ美味しかったんだけど、山里に来て海老天出されてもなぁ・・・。
       折角山を控えているんだから、そこで取れた山菜の天ぷらとかを出してくれた方が
       嬉しいのになぁ・・・。



秩父三十四ヶ所 第二夜 最後の最後(笑)_b0136045_94522.jpg
 
       お蕎麦と一緒に美味しいジュースも頂きました。
       喉が渇いていたので2杯頂きました♪
       (ん?この泡・・・・?これビールだろ~ッ!)



秩父三十四ヶ所 第二夜 最後の最後(笑)_b0136045_91546.jpg
 


秩父三十四ヶ所 第二夜 最後の最後(笑)_b0136045_9154047.jpg
 
       食事終了後、その存在に気付いてゲットした無料饅頭とその但し書き。
       同じ無料でも最初っから食事に添えられてくるより、こうして『ご自由にお取り下さい』
       と置いてあるのを取る方が妙~に満足感あるのは、どうしてなんでしょうね?
       (そんな事よりさっきの画像、あれビールだろ?
    ビールなんだろ!?サイクリング中にビール
    なんか飲んでいいのかよ~ッ!!!)




この後、ビールの酔い醒ましの為 疲労と体調の回復の為畳敷きの休憩室でお昼寝し、それから目覚めたらもう夕方!「すわ!急いで帰らねば!!」と慌てて着替えて(ウソ!本当はダラダラ着替えました←笑)出口カウンターに来てみると、そこに小川町自慢の和紙で作られた短冊があり

『小川町来訪の記念に一筆どうぞ』

『7月下旬の七夕祭りで飾ります』

との但し書きが!小生普段だったらこうしたものには見向きもしないのですが、この時ばかりは強い興味をそそられました。だって和紙ですよ!和紙!!和紙の短冊なんて珍しいじゃないですか?
マジで願いが叶いそうじゃないですか?そこで小生、一筆書かせて貰いました。













秩父三十四ヶ所 第二夜 最後の最後(笑)_b0136045_9374138.jpg

       あっはっは!由緒ある『和紙の里』の七夕祭りの短冊に
       こんなお願い書いちゃってインカ帝国~♪
       (そう思うなら書くな!歴史と伝統に対する
    冒涜だ~ッ!)

       因みに本来『拙ブログ』と書くところを『私のブログ』と書いたのは
       『拙』という字を咄嗟に思い付かなかったからです(笑)
       それにしても・・・。
       お願い、いつになったら叶うのかな・・・。
       (こんな独りよがりな駄文を書き連ねてるうちは
    その願いは永遠に叶うまいよ←嘲笑)




まあそんなこんなして『花和楽の湯』を17時頃後にしました。約5時間滞在して入館料1350円、天ざる蕎麦1000円(だったかな?)そしてビールジュース2杯で1000円位、締めて3500円弱というのは、中々お値打ちなお金の使い方ではないでしょうか?小生としては大満足な時間でした。この温泉の存在もあって、ここ小川町は『小生のみっつめの心の故郷』になりました。

帰路での出来事をひとつ。行きに難儀した○○峠ですが、帰路は当然下りとなります。そして下る際後続車が全然いなかったもんで「そんじゃひとつ」と勢い込んで、ガシガシガシ~ッと漕ぎ下ってみました。何しろ後続車がいなかったもんで、道の状態が悪い路側帯付近から離れて中央寄りに走りました。そしたら出ました~ッ!!
















秩父三十四ヶ所 第二夜 最後の最後(笑)_b0136045_10115184.jpg

       時速66.5km!もうこれ以上の記録は出ないんじゃないか?










とまあ、そんなおまけも最後に付いて、とても満足出来たポタリングとなりました♪
ん?あれ?このサイクリングってポタリングだったっけ?何か最初はもっと雄大な目的があるツーリングだった様な気が・・・?
ま、いいか、別にどうでも。
本日の走行距離 約75km。






ポタリングの記録『和紙の里小川町を訪ねて・・・』完
(タイトル変わっとる~ッ!!!!!!!!)       
by shousei0000 | 2008-07-30 08:53 | 秩父三十四ヶ所


<< やりました! 秩父三十四ヶ所 第二夜 最後 >>