人気ブログランキング |

秩父三十四ヶ所! 第三夜。

・・・投稿が消えた・・・書きかけの投稿が消えてしまった・・・あんなに長く打ったのに・・・。

































あ~もうどえらい頭きた!やけのやんぱちだ!!超~短かくすませたる~ッ!!!
(読む人にとっては、むしろその方が望ましのでは?←嘲笑)
































という訳で8月8日のサイクリングの記録なんですが、この日のスタートは波乱含みのものとなりました。サイコンが見あたらなくて無しとなったり、出発がまたまた大幅に遅れて8時になったり、それでいながら予定外の朝食に時間を割いてしまったり(自宅でパンを口にしていたが『山田うどん』の匂いにやられてしまった←笑)そこを出る時にヘルメットをかぶってなかった事に気が付いたが、自宅に取りに行く時間が惜しいのでそのまま走り始めてしまったり(予定外の朝食を摂る時間はあっても、ヘルメットを取りに戻る時間はないんかい!)挙句は
またまたう〇こがしたくなってしまい、2回もう〇こ休憩を取ってしまったりととにかく小さな混乱が続きました・・・。


そんなこんなで正丸峠へのアプローチが近づいて来た時、小生は何だか精神的に疲れてしまっていました。時間的にもおしていた上に、峠を力走するメンテナリティーにも事欠く状態・・・(それ程の峠ではないのですが・・・あと小生の気質からして『力走』なんてあり得ないのですが←笑)そんな中、小生はふとある事に気付いてしまいました・・・。































「そうだ・・・正丸トンネルくぐっちゃえば(歩いちゃえば)いいんじゃないか?」





























正丸トンネル・・・それは全長約2Kmにも及ぶ、山を貫き正丸と芦ケ久保を連絡するトンネルである。勿論そこは自転車で走る様にはできておらず、普通サイクリストは旧道である正丸峠を越えて芦ケ久保へと下るのである。登りに4Km、下りに、う~ん・・・下りは何Kmだったかなぁ~?ちょっと忘れたが、小生の力量ではトータル45分程かかった覚えがある(山頂での休憩も含む)
それがもし正丸トンネルを歩いてくぐれるとしたら、30分もあれば向こう側に至れるではないか!(人の歩く速度を時速4Kmとして計算)時間の事はさて置いても、峠を登るパワーとメンテナリティーを労さず秩父に向かえるのだから
これは中々な上策と言えるのではあるまいか!?
(計算としてはそうだろうよ・・・でもサイクリストとしてそれでいいのか?ロードバイクを押して歩いてトンネルをくぐるなんて、あんたそんな事して恥ずかしいと思わんのか~ッ!)





秩父三十四ヶ所! 第三夜。_b0136045_117387.jpg

 正丸トンネルの正丸側入り口です。




ちょっと見づらいとは思いますが、写真のトンネル左端に注目して頂きたい。細いものではありますが、歩道があるのが分かるだろうか?おそらくこれは一般人が歩く事を想定して作られたのではなく、トンネルを保線する作業員が通る為に用意されたのだろう。一般人が歩く為に作るのであれば、車道との間に柵とかガードレールとかを設定し安全を図る筈だが、それが無いのが上記事情を物語っている。しかし小生とアクアが並んで歩いても、それで一杯一杯という程ではなく、もんどりうって車道に落ちてしまうという事は考えにくい。
つまり十分に歩行が可能である!
(良い子のみんなは真似しないでね!)




「よし・・・行くか・・・」



小生はそう呟くと、アクアを押してトンネルの中に進んで行きました。
この夏最大の冒険ドラマ、ここに堂々の開幕!
(安全は確保した上での行動です!本当です!本当ですったら~ッ!!)











続く(以前ネットで正丸トンネルを歩いた人の記録を読んだ事があります。その辺も踏まえた上での行動であり、安全が確保出来ると判断したので上記行動に移りました。まあ自宅を出る時には、こんな行動をしようとは考えていなかったのですが・・・←笑)
by shousei0000 | 2008-08-26 11:29 | 秩父三十四ヶ所


<< 夏休み特別企画 正丸トンネルを... 秩父三十四ヶ所! 第一夜 最後 >>