人気ブログランキング |

秩父三十四ヶ所! 第四夜 その3。

さてさて前回からの続きですが、札所9番明智寺でまったりと寛いだ後、次なるお寺へと向かいました。まずは『坂氷』の信号まで戻って、そこを右折して県道11号線に入ります。この県道沿いには札所1番から5番までが目白押しであり、つまりは既に通い慣れた道といえる。そこを軽~く流して、やがて表示された案内板に従い脇道にそれました。


あ、そうそう!語り忘れてたエピソードがあるので今ここで披露しますが、この日は祝日であった為、沢山のローディーの方を秩父市内市外を問わずお見掛け致しました。普段仕事柄ウイークデイに走る事が多い小生にしてみれば、これは結構得難い体験といえます。そんな中のワンエピソードなんですが、ごく短い区間ではありましたが、何と小生
ローディーの方のトレインと並走しちゃったんです!


『トレイン』の意味・・・分かりますよね?そう、ローディーの方々が縦列で走るあれの事であります。結構なスピードで走ってる上に間隔もきっちり詰めているので、メンバー相互の間に意志の疎通を図らないと危険があります。そこでトレインを組んでるローディの方々は『ハンドサイン』というシグナルを後続者に出します。曰く・・・


『右に曲がるぞ!』


『左折するぞ!』


『停止するぞ!』


といった具合に決まった合図を、先頭の者から背中越しに順々に送っていくのです。それが最後尾の者に伝わったところで、そのサインに従った行動に移る訳です。小生が秩父市内に入って程なく目撃した前を走っていた4人組のローディーの方も、そのハンドサインに従って行動していました。初めて見るハンドサインとそれによる一糸乱れぬ行動の華麗さ・・・。小生思わず惚れぼれと見惚れてしまいました。


ただここでちょっと不満だったのは、その四人組の最後尾の方が小生にハンドサインを送ってくれなかった事である。こんな風に書いてしまうと


「何言ってんだこいつ?」


「仲間でもないあんたなんかに、何でハンドサインを送ってやらなきゃならないんだ?」


「自意識過剰も大概にせえ!」


と苦々しく思うむきもおありでしょうが、どっこいそうでもないんだなぁ~。ローディーの方、特に初心者ローディーの方のブログなんか読んでいると、こうした『仲間でもない方からハンドサイン頂いちゃいました~♪』という記載を結構見る事があるんです。自分達の仲間ではないが、後続する者へのちょっとした気遣い・・・或いは同じロードバイクを愛する者同士の共感故のサインの提示・・・そういう事ではないかと思うのです。
なのに何故小生にはサインが送られなかったのか?



このハンドサインのエピソードのちょっと前に、4人組と小生とは同じ信号でストップしています。
そこで挨拶こそ交わしませんでしたが、彼等は、特にその最後部にいた方は
自分達の後ろに真っ赤なオルベア アクア 08モデルに跨るイケメン(小生の事)がいたのを知覚していた筈です。
なのに何故サインを送らなかったのか?可能性としてはみっつあります。
以下それを挙げてみますと



①小生のイケメン振りに嫉妬しちゃったから。



②サイクルジャージの代わりにユニクロのドライメッシ
 ュシャツを着ていたので「こいつローディとちゃう!」
 と軽んじられた。




③信号待ちの後あっという間にちぎられ、ハンド
 サインが交わされた時には彼我の距離は50m
 近く空いてしまっており、故に小生の存在は
 『後続者』としてみなされなかった。




如何でしょう?まあ②と③のファクターもなくはないでしょうが
基本的な理由は①でしょうねきっと・・・。
(いや!①は全然ないだろ!②と③しかねえだろ!!特に②がでかいだろ!!!)



ちょっと話がそれちゃいましたね(照れ笑い)
んで、戻しますけど(強引だな!)県道11号線をそれて10番札所に向かったのです。
そこはもう完全な生活道路・・・。こんな形の巡礼サイクリングなんかしてなかったら、絶対に通らなかったに違いありません。そんなところに不思議な縁(えにし)を感じつつ、ゆったりと満ち足りた気持ちで歩を先に進めました。






b0136045_1414186.jpg

          札所10番大慈寺です。今回は意図的にアクアを画に入れています。
          だってそうしないと、何のブログか分からなくなっちゃいますもんね(笑)
          アクセス解析の検索キーワードランキングなんかを見てると、その殆どが
          『オルベア』なり『アクア』なりが絡んでいます。つまり初見の方の多くが
          そこに期待して飛んでくる訳です。にも関わらず拙ブログはこれまで、その手の
          情報をあまりに発信してこなさ過ぎた・・・。だからせめてものお詫びにとばかりに
          今回からアクアを画に入れて写真を撮る様にしたのです・・・。
          『アクア』で検索してきた皆さん!
          今まで不義理にしてすみませんでした・・・。
          (いや!今更もう遅いだろ!そういう人は
           一度来て読んで呆れて、二度と再び訪問
           してないだろうよきっと・・・)





上の写真を撮ろうとしてヨタヨタしている間に、ちょっとしたエピソードがふたつありました。
まずひとつは年配の巡礼者グループの男性が二人寄ってきて


「おっ!自転車で廻ってるのか?若いねぇ~」


「そういう自転車は高いんだろ?」


と興味を示してくれたのです。それに対して小生は
①高性能の自転車なので巡礼に用いてもちっとも苦しくない事(本当はちょっと苦しいけど←笑)
②値段は16万円程する事(ビンディングペダル実費含む)
を答えました。するとそのお二人は


「へえぇ~自転車が16万円ねぇ~!」


「ちょっとしたバイク並みだな~!」


と驚き、また感心もしてくれました。まあこの第一エピソードはこれだけの事だったんですが、その後小生は死ぬ程悔やみました・・・。自分の『星飛雄馬並み』のバカ正直さを呪いました・・・。
(どういう意味?←『巨人の星』観てないんですか?観てればすぐ分かるネタなんですが・・・←観てねえよッ!そんなん観てなきゃ分からん様なネタ書くな~ッ!!)
鳴呼・・・小生はあの時何故・・・






























「この自転車はオルベアのオルカといって50万円近くするんですよ!最高級のカーボンバイクなんですよぉ~♪」

と言わなかったのか・・・。どうせその人達には、そう言ったところで真為の判定はできなかったというのに・・・。

(いや!そんな嘘ついて何になるんだ?それでアクアがオルカに成る訳でもあるまいし・・・←呆れ)






























で、第二エピソードですが(ちょっと待て!第一エピソードのオチがよく分からなかったんだが・・・?←見栄張りたかっただけですよ!そんなん言わせないで下さい!←だったら書くな!!)
同じくアクアを立て懸け写真を撮ってる時、今度は50代位のご夫妻から話し掛けて頂きました。
聞けばご夫妻の息子さんも(『32歳位』だそうです・・・微妙な桁の『位』ですね←笑)ロードバイクに乗っているとの事。ご夫妻は、特に奥様の方はおっしゃいます。


「うちの息子は『自転車に乗る、距離を稼ぐ』ってところにばかりウエイトをかけてる様で、それで
体なんかもガリガリになっちゃって・・・


「貴方みたいに『楽しむサイクリング』をしてくれると、親としても安心なんですけどねぇ・・・」


そう溜息混じりにおっしゃるご夫妻の言葉を聞いて、小生はちょっと苦笑しました。そしてご夫妻に
①サイクリストには『競技派』と『旅情派』がいて、息子さんはおそらく『競技派』だと思われる事。
②32歳というまだまだお若い息子さんにしてみれば、かくあるのは当然の事で
 40歳の小生のサイクルスタイルと比較するのはあまり意味がないと思われる事。
③何にしてもひとつの事に夢中になっているのは、素晴らしい事ではあるまいか!
といった事をお話ししました。ご夫妻は


「そういうものですかねぇ・・・」


と苦笑していました。小生も笑い返したのですが、実は心の底では憤りの気持ちを押さえるのに必死でした・・・。何故か・・・?それはこんな想いから・・・。






























あのなご夫妻!貴方達の息子はオヤジサイクラーの悲願である『自転車による減量』に成功してるんよ!それで十分じゃねえか!それ以上何を望む?小生だって・・・小生だって・・・小生だって、自転車で痩せたいんだぁぁぁぁぁ~ッ(号泣ッ!)
(ええっと・・・突っ込み処が満載ですね・・・まずは・・・『サイクラー』なんて言葉あるんかい!それから『痩せたい・・・』とか言ってるけど、毎日毎日しこたま晩酌しといてそれはねえだろ!!あと『自転車で痩せたい』なら、何で二ヶ月も乗らなかったんだ~ッ!!!)





























そんな会話を交わした後、いよいよ10番札所大慈寺に歩を運びました。
(そんな俗っぽい嫉妬を抱えながら、よくもまあお寺の門をくぐれましたね←呆れ)





b0136045_1558583.jpg

          アクアを立て懸けた脇におられたお地蔵様です。



b0136045_15595568.jpg

          とっても良いお顔をしてらっしゃる・・・人間的ですよね♪



b0136045_1615375.jpg

        山門を臨む・・・。階段が急で、ビンディングシューズだとちょっと怖い・・・。
        (クリートが滑るんですよ・・・特に濡れてるとそれが顕著・・・)



b0136045_1643760.jpg

    本殿です。例によって斜めってます(笑)



b0136045_1662826.jpg

          山門を境内から撮影したもの。本殿も山門もかなり最近建て直した様です。
          折角綺麗にしたそれらを惜しんでか『お札を貼らないで下さい』という
          注意書きが目立ちました。確かに現代の巡礼では境内にお札を貼るのは
          禁じられているのですが、それが貼ってあるから往古を偲べる、お寺としての
          風情や歴史を感じられる一面もあり、それが全く貼られていない真新しい山門や
          本殿というのは、小生的にはちょっと違和感ありましたね・・・。



b0136045_17131143.jpg

          境内におられたお地蔵様。何故かフラッシュが光ってしまって怖い形相に(笑)
          目も鼻も口も摩耗したその顔はある意味不気味ですが、それだけ永い時間
          人々を見守り救いを与えてきた訳でもあります。
          だからちょっと敬虔な気持ちになりましたね・・・。
          小生は特定の宗教に寄る身でも依存する立場でもありませんが、この巡礼の
          旅を通して仏教に、特に観世音菩薩信仰に、非常に近しい気持ちを抱く様に
          なっています・・・。ちょっと勉強しちゃおうかな~♪
          (勉強するなら、某介護国家資格の勉強が先だろ!来年の為にな←嘲笑)



b0136045_1724138.jpg

    本殿で詣でて後(のち)帰り際での光景です。山門を抜けると・・・。



b0136045_17265696.jpg

    山門を抜けると・・・。



b0136045_17294366.jpg

    山門を抜けると・・・そこは稲穂の邦(くに)でした!



b0136045_17324692.jpg

    見て下さい!この豊かな実り!!水田で採れた稲穂を掛け干しているんです!!!
    小生の生活圏は畑ばかりで水田は殆ど無い為、こうした光景を見るのは久し振りです。
    だから昂ぶっちゃいましたね~♪かなりね~♪♪
    日本人のDNA、強く強く意識しました!
    (おい!ちょっと大袈裟だろ!!)



b0136045_17413491.jpg

          例によっての『道しるべ石』です。と言っても、このブログではこれまでに
          一回しか紹介してませんでしたよね(笑)いつも見かけるのより沢山の文字が
          彫ってあるので撮影しました。『みぎ 十一番道』と書いてあるそうですが・・・
          どこに書いてんのかな?よく分かんないや・・・(おい!いい加減過ぎるだろ!)
          ともあれ、巡礼の旅も漸く二桁台に突入した訳です・・・。
          さあ!次のお寺にレッツゴー!!(軽すぎるだろそれ!!)







続く・・・(いやぁ~今回の更新はマジ疲れました・・・)


          
          
by shousei0000 | 2008-10-22 06:26 | 秩父三十四ヶ所 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://shousei.exblog.jp/tb/9733608
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by studio1999 at 2008-10-22 18:11
笑いこけました。私もまだマウンテンバイカー(こんなのがあるのか?)だったころ、若いローディーに挨拶してもらい、おまけに「路面に障害物あり」のサインをもらいました。カッコイイやつでした。憧れますが集団走行したことないし、なんか照れ臭いし…、できたとしても嘘教えそうだし(笑)。
Commented by dthSutra at 2008-10-22 23:50
あいかわらず面白いですねー!
集団走行はショップの初心者向け走行会で一応経験はありますが、ビギナーはハンドサインを出す余裕もなかったりします。(それでコケる訳には行かないですからね)
ところで、自転車で痩せない人が他にも居ることがわかり少し安心しました。(笑)
以前は少しずつ痩せてたんですが、タバコを止めてからの半年は全然痩せてません...なんでやろ?(←って、そんなんわかっとぉーやろ!)
あれ小生さんの口調が...でも関西弁。だけど明石弁が混ざっとぉーんはわざとやっとぉーんです。
補足:標準語の「~てる」は大阪弁で「~とる」、明石弁(神戸弁)では「~とぉー」と言います。
例:見てる→見とる→見とぉー
  言ってる→、ゆうとる→ゆうとぉー
  聞いてる→聞いとる→聞いとぉー
  知ってる→知っとる→知っとぉー
明石在住のstudio1999さんに祝杯を挙げてた酔いも手伝って長文になって仕舞いました!失礼しまっす!
Commented by studio1999 at 2008-10-25 02:51
本格派ローディーに相手にされない理由の大きなものにやっぱりレーパンを穿いているかどうかじゃないですか?
私、六甲山に登った時はレーパンじゃなかったので、同じように坂を攻めてるローディからはどうも一線を画されてるような妙な疎外感を感じましたもん。
Commented by kawazukiyoshi at 2008-10-25 12:48
笑っちゃった
「イケメン振りに、嫉妬!!!」
面白いたびですねー。
「イケメン振りに、嫉妬!!!」
「イケメン振りに、嫉妬!!!」
うっふっふーー
今日もスマイル


<< 小生…北へ…。 秩父三十四ヶ所! 第四夜 その2。 >>