人気ブログランキング |

2019年 05月 05日 ( 2 )

俺の時代到来! 最後?(笑)

b0136045_17494597.jpg
平成も終わろうとする4月30日の22時頃…俺は独りJR川越線のシートに蹲っていた…。

電車の人となる前のLienでの記憶…それは非常に曖昧…。

『お店のドアを開け「ぶっつけで来ちゃいましたけど…今日大丈夫ですか?」と光一さんに聞いた記憶』はある…『光一さんにお久し振りですを言った記憶』もある…『福島の日本酒榮川を飲んだ記憶』もある…『炙りしめ鯖をつまんだ記憶』も微かにある…。

『その日は豊洲市場が休みで生魚の仕入れがなかったと聞き残念がった記憶』もあるが、その辺りまでが限界…15時頃から飲み始めてLienに着いたのが19時過ぎ…既に4時間強飲んでいた俺はかなり酒が回っていた…。

だから『炙りしめ鯖以降の記憶』がほぼ無い…かろうじて何となく覚えているのは

「今日は一緒に来てくれてありがとう!」

「『ありがとう代』としてここの会計は俺が持つ!」

などと言ってLienの飲み代を俺が持った事位…因みにこれは本当にそうしたかがあやふやである…。

そんなんだからLienを出た後の記憶も定かではないのだが(恥)電車に乗って暫く経って記憶が戻ってからの事は覚えている…その時俺は埼京線の車中にいた…のだと思う…。

明確な記憶は無い…はっきり覚えているのは

「俺は大宮に行かなくてはならない…」

と思い続けていた事…。

Lienからの帰りはいつも池袋に出て西武池袋線経由で狭山市に帰っていたんだけど、鉄人(てつびと=鉄道ヲタク)になった俺は『一般的な池袋回りルート』ではなく『大宮経由川越回りルート』を把握していた…そのルートの方が都心を回らなくて済む分気分的に楽なのだ…。

だから大宮に行こうとした…しかし酔いどれていた俺は大宮に中々着けなかった…何をどうしたかはよく分からないんだけど、埼京線だか京浜東北線だかを行ったり来たりした記憶がある…(恥)

それでも漸く大宮に着けた…ハッと目覚めたら大宮で『やべっ!』と叫んで飛び降りた記憶がある…そしてそこからの記憶は明確…。

JR川越線で川越に行き、そこから本川越駅まで歩いて西武新宿駅で帰宅…と言いたいところなんだけど、本川越駅からの上り電車が既に終わっていて『タクシー帰宅』になった…。

俺が川越駅で電車を降り本川越駅に向かう商店街にいたのは確か23時頃なんだけど、そこを歩きながら

「『本川越駅からの上り電車』がそろそろヤバい…」

と思った記憶がある…iPhoneで終電を検索して『ヤバい…』と焦った記憶もある…。

なのに…上り終電がギリだったにも関わらず、俺は何とその商店街で『ラーメン』を食ってしまったのだ…(恥)ついでに言うと『中ライス』も食ってしまったのだ…(恥)つまりは『家系ラーメンの店』に寄ってしまったのだ…(恥)

ラーメンを食わず本川越駅に直行していたらギリ上り終電に間に合った筈…でも腹が減っていてそうはできなかったのだ…。

今俺はさり気なく『腹が減っていた』と書いたが、これは実はおかしな事…その日の俺は『15時頃から赤羽のセンベロ店で飲み』『17時頃から赤羽のカラオケ店で騒ぎ』『19時頃から東十条のLienで飲み直した』…この間色々食っている訳で腹が減っていよう筈がない…。

『5時間近く酒を飲み続けて血糖値が下がって擬似的な空腹を覚えた』という事なのだろう…所謂『締めのラーメン』ゆうやつ…。

それをやったせいで終電を逃した俺仕方なく『タクシー帰宅』をしたのだった…平成最後の日に俺がした事は『酔いどれてのタクシー帰宅』だったのだ…_| ̄|〇









































b0136045_17494839.jpg
あの日のタクシー帰宅の情景…そういえば雨降っていたんだったな…(遠い目)

上の写真の時点で4月30日23時46分…新元号である『令和』はもうすぐ…。

やがて零時を回る…俺はタクシーの車中で『令和』を迎えた…『元号切り替えの日に酔いどれタクシー帰宅』をした事で

「新時代でも俺の前途はあまり明るくないのかもしれない…」

などと思った…(恥)

そしてタクシーが狭山市に着いた…約四千円也を払って(哀)タクシーを降りた…。

アパートに向かって歩きながら

「皆さん『令和』をどう迎えられたかな?」

などと呟きながらiPhoneを見ようとした…しかしiPhoneはどこにもなかった…あちこちのポケットにもカバンの中にもどこにもなかった…。

「しまった!あのタクシー!!」

と叫んだ…タクシーの中でiPhoneを見てシートの右手にiPhoneを置きそのままタクシーを降りたのだ…iPhoneをタクシーの中に忘れてしまった…_| ̄|〇

これが実家だったら実家の家電ですぐにタクシー会社に電話して確認できるんだけど、我がアパートには家電が無いから連絡できない…公衆電話は狭山市駅そばにあるけど、雨が降っている中そこに行く気力が湧かない…それでなくてもこちらは酔っ払いだというのに…(恥)

精根尽き果ててアパートに帰りベッドに潜り込む…iPhoneの捜索はもう朝以降にするしかない…。

翌朝目覚める…10時から仕事…8時にはアパートを出る必要がある…iPhoneの捜索をするなら早い方がいい…。

でも…酔いどれ明けで中々腰が上がらず(恥)ようやく気力を振り絞ってパソコンを開いて『iPhoneを探す』で捜索したところ『非常に微妙なところ』がヒットする…地図を見た感じ畑の只中でかろうじて何かの建物のそばに我がiPhoneのマーカー?が輝いていた…。

それが我がアパートからそれ程離れていない場所だった…すぐそばではないが『自転車で20分位のところ』に見えた…。

地図的に凄く微妙な地点で、俺は一瞬我がiPhoneが畑の只中に捨てられたかタクシーの運ちゃんが自宅に持ち帰ったのかと思ったんだけど、後刻狭山市駅前の公衆電話からタクシー会社に電話してみたところ

「お預かりしています」

との返答が!その『凄く微妙な場所』とは『ローカルな場所にあるタクシー会社の車庫』だったのだ!!

仕事帰りに取りに行く旨お伝えして電話を切る…仕事が終わったらアパートに直帰して、それからフェルーカRで向かえば20分位で当該タクシー会社に着くだろう…本川越駅から乗ったタクシーだったから下手すりゃ坂戸辺りのタクシー会社の可能性もあった訳で、それがフェルーカRで行ける範囲のタクシー会社であったのはラッキーだと思った…『不幸中の幸い』と思った…。

でも…仕事帰りは『滝雨』だった…まるでやむ気配がなくて『フェルーカRでのタクシー会社行』はなくなった…。

そんな状況でもとにかくiPhoneを回収したかった…世間のみんなが平成から令和に変わった今をどう過ごしているか知りたかった…それにはiPhoneが要る…。

あと…『まほほん』『りこ』『れなぽん』『もふ』の事も気になって(笑)それでまあ『新狭山』ゆう駅に行ってタクシー乗り場に行ったらこねえんだタクシー(笑)

多分そうなると思っていたんだけど(新狭山駅は小さな駅だからタクシーはあんまいないのだ)それを知りながら敢えてこの行動を採った自分を呪う…でも最早待つしかない…。

雨が降る中傘を差しながらタクシーを待つ…俺の前におぢさんが一人…つまり『2台目のタクシー』が来るまで俺は待ち続けなくてはならない…。

結構待った…30分…まではいかないと思うけど20分以上は待った…。

「『令和最初の日』に何やってんだ…」

と全俺が泣いた…_| ̄|〇

それでも何とか令和初日にiPhoneを回収できた…因みにそのタクシー会社はマヂで畑の只中にあり

「ここに夜フェルーカRで来てたら結構怖かったな…」

「つか…iPhoneの地図無しで辿り着けたかも怪しい…」

と思った…その意味では『新狭山駅からタクシーで来て良かった』と思った…。

でも…当たり前だけど金がかかった…『新狭山駅→タクシー会社→我がアパート』とタクシーで回ってもらって『3700円』とかかかった…前夜のタクシー代四千円と合わせると『八千円近く』になる…なんという散財か…_| ̄|〇

それでもiPhoneが手元に戻ってきて嬉しかった…割れた木製ケース(哀)にも『おかえり♪』と素直な気持ちで言えた…。

その夜…即ち令和元年初日の5月1日の夜はiPhoneを使いまくった(笑)空白の24時間?を埋めるべくひたすらにiPhoneを弄りまくった(笑)

『平成から令和へ』ゆう報道を見るのはすぐに飽きて(笑)やがて俺が見る情報は『NGT絡みのニュース一色』になった…iPhone紛失中(恥)に特段な動きはなかったようだが、色々と想うところはあった…『やっぱ…やるしかないが…』と思った…。

そして…令和元年の2日目である5月2日の早朝…俺は『かねてから考えてある行動』をとった…。

それはどんな行動であったかというと…













































b0136045_19221589.jpg
所謂『天使軍』の一翼でありながら敢えてNGTに残るという茨の道を選択した『もふ』こと『村雲颯香さん』のモバメを…















































b0136045_19221789.jpg
取る事だったのである…。

かつてかなちゃま(元AKBの小林香菜さん)を推していた時ですら手を出さなかった『モバイルメール』…即ち『有料メールサービス』である『モバメ』…それに俺は遂に手を出してしまったのである…。

これからの人生の中で『令和改元の時の事』を思い出す度に俺は想うのだろう…。

「そうさのう…令和の初っ端にワシがやったのは『もふのモバメを取る事』じゃったのう…」

と…(恥)

そして…実はなんだけど…









































b0136045_19314320.jpg
結局『天使軍全員のモバメ』取っちまったわ(締め笑い)















あとちょっと続く…。

by shousei0000 | 2019-05-05 19:31 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

俺の時代到来! 続き。

b0136045_05434496.jpg
『王侯の食卓もかくや』とも言うべき平成最後の宴が始まった!赤羽のセンベロ店で『王侯』はねえか?(笑)

大学時代のクラブ後輩との飲み…彼等に会うのは確か3年振り位か…。

何年振りであっても会えばすぐに昔の関係に戻れるのが昔馴染みの良いところ…みんな容姿もあんまり変わってなくて(俺以外はな…)本当にすんなり昔の関係性に戻れた…。

いい歳こいたおやぢ達の集まりとは思えぬ程くだらない話で盛り上がった…酔いどれの定番とも言うべきテレフォンタイム(笑)では『思わぬ男』と話せて嬉しかった…あいつと話したの四半世紀振りだったわ…(しみじみ)

楽しい時間はあっという間に過ぎ夕方になった…そろそろ解散の刻…。

俺以外の4名は全て妻帯者…家庭を持つ者…『帰るべき場所』がある…。

ゴールデンウィークというか改元祝いの10連休というかな長期休みの只中…その期間を彼等はただ遊んでいればいい訳ではない…『家族サービス』がある…。

今回の飲みは昼間だから成立した部分がある…『昼なら行けるんですけど…』と言う後輩がいてそれで『赤羽でのセンベロ』になったのだ…。

だからもう別れの刻…さらば後輩達…またいつの日にか会おう…互いに息災であればまたいつでも会えるさ…。

と思っていたんですが…









































b0136045_05434580.jpg
『赤羽での宴』はまだ終わらなかった(笑)

「カラオケ行きましょう!カラオケ!!」

との後輩達の声と共に『赤羽駅そばの?カラオケ店』に移動!

『赤羽駅そばの?』と『?』を付けたのは『よく覚えていなかった』から…この時点で既に記憶があやふやだった俺(恥)はカラオケ店の位置をよく覚えていない…。

だから『カラオケ店での模様の写真』もこんなん…上の写真がそれ…何を狙ったらこんな写真になったのか…(また恥)

それでまあ2時間程騒いで(笑)さすがにもう別れの刻になったんだけど…











































b0136045_05434769.jpg
まだ終わらなかったんだな宴(笑)

『赤羽の宴』は終わり後輩2名は彼等のスイートホームに帰ったんだけど(妬み)もう2名の後輩が残ってくれて(多謝!)赤羽から程近い東十条に移動して、拙ブログではお馴染みのど〜も光一☆さんがやられているダイニングバー『Lien』にいったった!

Lienには訳あって暫く行けなかったんだけど、今回の飲みに際して光一さんと連絡とってオッケーを貰っていた!でも前述した『昼飲み』という条件に合わず涙を飲んだ…。

でも…後輩達が付き合ってくれたので結局行った!行けてよかった♪

上の料理は…何だろう…分からないや…(覚えてない…←恥)






































b0136045_05434828.jpg
これは…多分『炙りしめ鯖』なんだろうけど…残念ながらあまり味の記憶がない…(覚えていない…←恥)








































b0136045_05435020.jpg
そして…平成最後の日の22時頃…俺はJR川越線のシートに独り蹲っていた…。

















続く…。

by shousei0000 | 2019-05-05 06:19 | 雑記 | Trackback | Comments(0)