カテゴリ:フェルーカ あれこれ( 85 )

ゼロの人間…。

「お前らゼロか!?ゼロの人間なのか!?」

「悔しくないのかぁぁぁーーーッ!!!」



皆さんは上の台詞をご存知だろうか?

これは今から30年程前に放映され一世を風靡したテレビドラマ『スクールウォーズ』の中の名台詞のひとつである。

俳優の山下真司氏演じる主人公滝沢賢治は、ジャパン(ラグビー日本代表)でならした元ラガーマン…。

現役を引退した彼はラグビーで培った精神力を子供達に伝えるべく、第二の人生を教職に委ねる…。

そんな彼が夢を膨らませて赴任した先は県下有数の不良校…ラグビー部はあるもののそこは不良の溜まり場になっており、規律の欠片も見出せない…。

そこで勇躍した彼は様々な奮闘の末漸くラグビー部を再起させるが、その新生なったラグビー部の最初の練習試合で、県下最強の相模一高相手に109対0の大敗を喫してしまう…。

ラグビー選手として王道を歩んできた賢治にとって、未だ経験した事のない目を覆うスコア…。

しかし彼の教え子達は普通の高校生…王道を歩んできた賢治とはキャリアが違うし、相手は県下最強のラグビー校…。

そこで彼は失意のどん底にいるであろう選手達をねぎらいを以って迎えるが、その選手達の顔に浮かんでいたのは『失意』ではなく『投げやり』と『怠惰』だった…。

試合の中で相手とのあまりの力の差を知った選手達は、それに敵わぬまでも精一杯立ち向かう勇気ではなく、不貞腐れて投げやりになって自分を誤魔化す策を採ったのだ…。

それを悟った賢治は選手達を一喝する!

「相手は同じ高校生!体の大きさも頭の働きもそう変わらんだろう?」

「なのに何故『109対0』という大差がつくんだ!!!」

と…。

そして冒頭に挙げた台詞

「お前らゼロか!?ゼロの人間なのか!?」

「悔しくないのかぁぁぁーーーッ!!!」

が続く…。

それに対して選手の1人が眦を決して

「悔しいです!」

と叫ぶ!

そう…彼等とて悔しかったのだ…『109対0』という大敗を喫して哀しかったのだ…。

ただそれを認めてしまうと自分達の力の無さを受け入れる事になるので、不貞腐れて薄ら笑いを浮かべて己の脆弱なプライドを守ろうとした…。

しかしそんな事では誤魔化しきれない現実がある事を、彼等は賢治の一喝で知る事になる…。

だから彼等は次々に膝を折り

「悔しいです!」

「悔しい!!」

「畜生ーッ!!!」

と叫ぶ…。

これなん、後に全国制覇を遂げる事になるラグビー強豪校川浜高校の最初の灯火である!

そして…このドラマはその基本線に於いてほぼ全てが実話である…(『伏見工業 スクールウォーズ』でググってね)











b0136045_13224788.jpg

話は変わるが…今朝の投稿にもそう書いた通り、小生はこの春45歳になった…(上の画像参照)

はっきり言って『負け通し人生』である…。

こんな45歳になるつもりはなかった…45歳がこんなだとは思いもしなかった…。

こんな時だからこそ、小生は今こそ滝沢先生の一喝を浴びたい…。

「お前…ゼロか!?ゼロの人間なのか!?」

「悔しくないのかぁぁぁーーーッ!!!」

と…。











b0136045_13224845.jpg

(註:以下の台詞は妄想の滝沢先生のそれね…)

「よーし…よく言った小生…」

「じゃあ一喝を浴びせてやる…お前に人生を問うてやる…しかと聞くんだ小生…」











b0136045_13224971.jpg

「お前…ゼロか!?ゼロの人間なのか!?」

「悔しくないのかぁぁぁーーーッ!!!」











b0136045_13225172.jpg

いや…『悔しい』も何も『ゼロの人間』なんスけど(笑)

何じゃこりゃーーーッ!!!











続く…。
(全部書き上げるつもりだったんだけど…今出先なんだけど風が強くて寒くて寒くて…悪いけど…続きは帰ってから書くわ…まあ『帰ってから書く』なんて言ってるけど多分明日になるんじゃないかな←笑←今日書けや!!!)
by shousei0000 | 2013-05-02 13:22 | フェルーカ あれこれ | Trackback | Comments(0)

10月30日の投稿 最後の最後(笑)

b0136045_1024878.jpg

も、もう面倒くさくなってきたから先を急ごう…(無精髭スゲー!←呆れ)








b0136045_1024991.jpg

てな訳でね…散々色々とあった末に、小生Bpsさんとこに駆け込んだのでした…。

例によって『場面を変える適当な画像』がないもんで、ネットから引っ張ってきた『Bpsさんとこの店内画像』でお茶を濁そう(笑)

で、到着早々に『3000円也の無線タイプのサイコン』を見せてもらったんだけど、これが『ストラーダ』とは似ても似つかぬ形…。

フェルーカに付けているストラーダのホルダー他をそのまま使うつもりだった小生は

「あ…これじゃあ使えない…」

と咄嗟に思ったんだ…。

しかも…機能がやや少ない…とりあえずストラーダにあったアベレージ機能(平均速度)がない…。

まあアベレージなんか採ってもダメダメな数字しか出せない小生なんだけど(『元々スピードの出ない小径車×全然自転車に乗れていないデブおやじ=ダメダメなアベレージ…』てな図式で←笑)それでも

「アベレージ機能がないのはダメだ…」

と思ったんだよね…。

まあ…意味分らんわな(笑)

それでまあ店内で脂汗かいてウンウン唸ってたんだけど(だから!唸るなって!!)そしたらBpsさんが助け舟を出してくれた。

曰く

「小生さんがフェルーカに使っているのはストラーダですよね?」

「そのタイプは既に生産終了になってて今では型が変わっているんですけど、ウチにはその旧モデルというべきストラーダがありますよ」

と…。

それでまあ当然

「じゃあ…見せて下さい…」

ってなったんだけど…








b0136045_10241055.jpg

これが…ピンクなんだよ…(プチ驚)









b0136045_10241194.jpg

ま、こういう趣旨に則って生産された『タイアップモデル』って訳だ。
(乳ガンの早期発見・早期治療を目的とする『ピンクリボン運動』とのタイアップですね)

これ見た時にはさすがにギョッとしたんだけど(笑)Bpsさんってば

「ピンク…いっちゃいます?」

と軽〜く揺さぶりをかけてくる(また笑い)

その言葉を聞いた時、小生

「Bpsさん…ひょっとしてあの時の事覚えてるのか…」

と独りごちした…。

まあ『あの時の事』ってのを書くと長くなるので、仔細の方は拙ブログの過去ログ2011年3月31日と4月2日の記事を見て欲しいんだけど、要はかつてピンクの小径車に憧れて、その購入の打診をした事があったんだね(笑)

その記憶がどこかにあったBpsさんが

「このおっさん(小生の事)…ピンク…買うんじゃね?」

と揺さぶりをかけてきたと…まあそんな風にとったんだね(また笑い)

その時小生が咄嗟に思い出したのは、Bpsさんと過去にしたあるやり取りだった…








b0136045_10241185.jpg

思い出したのはこのやり取りだ…。

そして…思った…。

「Bpsさん!あん時『ピンクのALIZE R』にダメ出ししたじゃないか!!」
(註:Bpsさんは正確には『ダメ出し』はしていない…ただ『口を濁した』だけで…)

「なのに今更『ピンクのストラーダ』をお勧めしたって…ダメダメ!」

と…(笑)

でもそう思うそばから、『ピンクのストラーダ』に惹かれる自分を感じていた…。

何のこたぁ〜ない『完全に揺さぶられていた』訳ですね(また笑い)

ただ問題なのは価格…ほぼ7000円といったところ…そらまあそうだ…『ワイヤレスストラーダ』なのだから…。

しかし小生はそもそも『3000円のワイヤレスサイコン』でお茶を濁すつもりで訪店した訳だ…なのに『7000円』だなんて…あり得ない…でも欲しい…(三度笑い)

小生は中空を仰いで脂汗をかいた…。

その様を見たBpsさんは『いける!』と踏んだのか

「お安ぅ〜しまっせ♪」

と更に畳み込んでくる!

まあ正確には

『お安ぅ〜しまっせ♪』

なんて言っちゃいないんだが(Bpsさんは『◯◯円にまでは引きますよ』と言っただけ…←だったら変な言い回しで書くな!)完全に浮き足立った小生にはそう聞こえたんだ…。

そして…その価格は小生的には『完全にあり!』な金額だった…。
(註:『3000円』でないのは言うまでもない←四度笑い)

そこで遂に意を決した小生は…








b0136045_10241338.jpg

「じゃあ…買っちゃおっかな♪」

と、とても良い笑顔で返事をした(笑)








b0136045_10241324.jpg

そして…遂に買っちゃいました!ピンクストラーダ♪

嗚呼…何てこった…。

『リクアワぶっ込み期間』も始まっているのに俺ときたらま〜たこんな散財を…。

「でもまあいっか?」

「きっと『白のフェルーカ』には『ピンクのストラーダ』が死ぬ程似合うじゃろうて…」

などと独りごちしつつホルダーの位置にストラーダをあてがってみたところ…








b0136045_10241469.jpg

うっ…『オレンジのフロントバック』の存在を忘れてた…。

『白とピンク』は確かに合うけど『オレンジにピンク』って…何か…趣味悪ィ…(散々悩んで買ったのに鬱)








b0136045_10241481.jpg

以上で『10月30日の行動』の説明はおしまいね(笑)

今は11月1日の10時過ぎ…これから『ピンクストラーダ装備のフェルーカ』でサイクリングに行ってくるよ♪

『趣味の悪い画像』を期待しててくれい(締め笑い)









おしまい…。
(ここまで長くなるとはね…←締め鬱)
by shousei0000 | 2012-11-01 10:23 | フェルーカ あれこれ | Trackback | Comments(0)

10月30日の行動 最後。

さてさて前回からの続きですが、前回長々と述べた諸々の事情が故に、小生フェルーカ用のサイコンをもう一個買う羽目に陥ったのでした…。

この結論に至るまでは色々と考えました…。

即ち

「出てくる(見つかる)まで待ってもいいんじゃね?」

「だって『フェルーカで走行距離を測る様なサイクリング』なんてここ暫くしてなかったんだ…これからだってあんまりしないかもしれない…」

「だったら慌てて新規購入なんかせず、いつか出てくるまでサイコンなしで走ればいいだけじゃね?」

と…。

ただ…とある事情から今後職場にフェルーカで行く機会が出てきそうな感じもあるもんで(アクアで行くかもしれないし電車利用の可能性もあるんですけどね…因みに…『自転車通勤をする』という意味ではない…)

「やっぱ今サイコン欲しい…出てくるまで待てない…」

との結論となった(笑)

しかし無精な小生としては

『現在フェルーカに付いているサイコンホルダーや測定機器は生かしたい…』

との想いが強く(新たに取り付けるのめんどくさいですから…←本当に無精だな!←呆れ)といっておんなじ物を買う事には忌避の色が強く(6800円は頂けねぇ…それでなくても『リクアワぶっ込み期』に突入してるのに…←AKBの話は今はいいって!!←また呆れ)まあそんなこんなで悩んだ小生はひとつの解に至ったんだね。

その『解』とはどんなものか?

それは即ち

『おんなじ型の有線タイプの買って本体だけ使う』

という事…。








b0136045_6334954.jpg

皆さんにはこれが何だか分かるだろうか…?

えっ?

「そりゃおめえ…サイコンだろうが…」

ですって?

ご名答!これはサイコンの本体である!!

えっ?何ですか?

「出てきたんかい!」

「だったら何でこうも『サイコンがない…』てな話を引っ張ったんだ!?」

ですって?

いやいや早とちりなさいますな…これは『アクア初年度に於けるサイコン紛失事件』を経た古いサイコンで、画面に文字が表示されてない事からも分かる通り、現在では電池切れでその機能を停止している…。

こいつはキャットアイの有線タイプのサイコンで『ストラーダ』という名前なんだけど、今までフェルーカで使用していたそれも無線タイプとはいえ同じ『ストラーダ』だ…。

両者は共におんなじ形をしている…即ち、同じサイコンホルダーに収まりそうである…。

であれば、これと同じ物を買ってフェルーカのサイコンホルダーにカチンと嵌めれば、そのままデーターを読み込んでくれそうなものではないか♪

えっ?何ですか?

「だったらこれの電池を交換して使えばいいだけの話じゃねえか?」

「何も新しい物を買わんでもいいだろう?」

ですって?

いや…そんなん俺だって考えたよ…。

裏蓋のネジを外して開いて電池の型番を確認して、それをメモって買いに行く寸前にまで至ったんだ…。

ただ…そこで思ったんだ…。

「マニュアルが…無い…」

と…。

この旧サイコンを生かす為には電池を替えた上で時計とホイール経を合わせなきゃならないんだけど、それやるにはマニュアルがなくちゃどうしようもない…。

まあ器用な人ならそんなんマニュアル無しでもチャチャーッとやれるかもしれないけど、小生『器用な人』ではないからねぇ…。

こいつを嘗てアクアで使用していた時分に時計が狂った(20分遅れになった)事があったんだけど、マニュアル無しであ〜でもないこ〜でもないといじり倒してみても、結局直す事はできなかったんだ…。

しゃ〜ないから『20分遅れ』のまま使用し続けましたよ…時間を知りたい時はサイコンの表示を見て、それに20分を加算して脳内変換するというアナログっ振りで…(恥)

そんな経験を有す小生だからこそ

「マニュアル無しで時計やホイール経を設定するなんて…無理…」

と思ったんだ…(恥×2)

そこで

「しかたねぇ…有線タイプのストラーダをもう一個買おう…マニュアルの為だけに…」

と思ったんだ…(恥×3)

そこで頼みの綱のBpsさん(小生が出入りしてる自転車屋さんですよ!覚えてます?)に電話して事情を話したところ

「えっ?無線タイプのホルダーに有線タイプの本体を嵌めて使う?そりゃ無理ですよ小生さん!」

「有線タイプと無線タイプではセンサーからの電波の受信形態が違うんです…だから…ねぇ…」

と言われてしまった…(恥×4)

そりゃそうだ…そんなん何となく分かっていたさ…(何となくしか分からなかったんかい!←呆れ)

それでまあ『有線タイプの物を買って何とかする』ってのは諦めたんだけど、もうここまできては『サイコンを何とかしたい』という気持ち自体は到底諦める事はできない…。
(だったらもう一回探せ!←だから!こういう事態に陥った時は『自然に任せる』しかないんですって!!←んな訳ねーだろ!←また呆れ)

そんな想いで電話口でウンウン唸っていたところ(唸るな!)Bpsさんがみかねた様に

「何か…そういう事情でもう一個買うのはもったいないって気はしますけど…」

「まあ…今は無線タイプも安くなってますけどね…かつての有線タイプと同価格帯の3000円位からありはしますけどね…」

とおっしゃった…。

それを聞いた小生は飛び上がらんばかりに喜び…










b0136045_6335044.jpg

「買います!今から行きます!!その3000円のとっといて下さい!!!」

とのたもうた♪
(どうしようもねえな!氏ね!!←締め呆れ)









続く…(おわんないよう…←泣)
by shousei0000 | 2012-11-01 06:33 | フェルーカ あれこれ | Trackback | Comments(0)

10月30日の行動 続き。

さてさて前回からの続きですが、フェルーカの洗車を終え

「ほんじゃそろそろ…」

という段になった時、小生メンテルーブ(もう一度言っておくけど『自転車用の機械油』ね)がないのに気付いたのでした…。

『ない』といっても『見つからない』の方ではなく『缶はあるけど残量ゼロ』のほうね。

チェーンやスプロケやその他可動部の汚れをケミカルで飛ばした後メンテルーブをさす(注油する)のは当然の事なので、それがないのにはちょっと参った…。

まあ一瞬

「一走行位『注油なし』でも構わないんじゃね?」

と思ったんだけど

「いや待て、俺…暫く前に確かメンテルーブ買ったぞ…部屋にあるんじゃないか?」

とも思い、とりあえず部屋を探してみる事にした。

ところが…その部屋があまりにも汚くって(笑)どこに何があるか俄かには判別しない体たらく…。

「これじゃメンテルーブなんて見つけようがない…」

「まずは…掃除だ…」

と思わざるを得なかった…(哀)

それでまあ『時ならぬ大掃除』になったんだけど(また笑い)それが済んで場所が広がりどこに何があるか分かる様になっても、結局メンテルーブはその姿を現さなかった…。

「『暫く前にメンテルーブ買った』ってのは俺の思い込みだったのかな?」

と首を傾げたが、まあ無いもんは無いどうしようもない…。

その時点で時計の針は9時半近くなっていたので

「じゃあ…10時になったらBpsさんとこ行ってメンテルーブ買って、それを注油してからサイクリングにしよう…」

と思い準備を始めたんだけど…








b0136045_2055823.jpg

今度はサイコン(サイクルコンピューター)が…ない…(また悄然)








b0136045_2055870.jpg

という訳で…今度はサイコンがなかった(見当たらなかった)のでした…。

フェルーカ用のサイコンは上に画像を載せたキャットアイの物で、その購入価格は確か6800円とかだった。

最近フェルーカで走行距離を測る様なサイクリングをしてなかったのでこのサイコンは放りっぱなしだったんだけど、それでも『定位置』としているベットサイドで何回か見掛けた様な気はしていた。

だからその周辺を躍起になって捜索したんだけど、サイコンもメンテルーブと同じくその姿を現さなかった…。

「ひょっとして…ベットと壁の間の隙間に転げ落ちたのかも…」

と思い、ベットマットをずらして隙間に手を入れてまさぐる『時ならぬサルベージ活動』なんかも行ったんだけど(笑)それでもサイコンを発見するには至らなかった…。

「これだけ探しても見つからないとなると…こりゃ〜『アクア初年度に於けるサイコン紛失事件』の二の舞か…」

と憂鬱になった…。

『アクア初年度に於けるサイコン紛失事件』ってのは何かってーと…それについての仔細は拙ブログ2008年11月16日付けの二つの投稿をお読み下さい。

この投稿は中々笑えるよ!

拙ブログで最近使ったあるネタなんかも含んでるんだ!

さっき久し振りに読んで

「俺も…変わらんなぁ…」

と苦笑い…。

あ、話の関係上『1時台の投稿』→『3時台の投稿』の順に読んでね♪

まあそれはともかく、『アクア初年度にあったサイコン紛失事件』の経験から、小生は

『サイコンがどこにあるかが分からなくなった時は、実は物凄〜く突拍子もない場所にある可能性が高い…』

『そしてそれを発見するのは並大抵の事ではない…【何かの拍子に偶然見つかる】という僥倖を待つしかない…』

との教訓を得た…。

だから今回も(昨日も)

「こりゃ〜当分見つからねえぞ…」

と嘆息した…。

そして出た結論は…








b0136045_2055971.jpg

「サイコン…もう一個買うか…」

というものだった…。
(お金のムダ!←締め呆れ)









続く…(おわんねぇ…←嘆息)
by shousei0000 | 2012-10-31 20:05 | フェルーカ あれこれ | Trackback | Comments(0)

10月30日の行動…。

この投稿は本来『僕の小さなお友達♪』というタイトルになる予定だった…。

拙ブログにお越し頂いているお客様の検索キーワードのトップがほぼ常に『フェルーカ』である事を日々見るにつけ

「何か…悪いなぁ…」

「最早完全に『AKBのブログ』と堕している拙ブログ…フェルーカ目当てで来たお客様は、きっとさぞがっかりしてお帰りになられている事だろう…」

との想いが常にあった…。

そこで今朝

「ひっさし振りにフェルーカでサイクリングすっか?そしてその模様を拙ブログにアップすっか?」

という気になった!

「よし!タイトルは『僕の小さなお友達♪』にしよう!」

「そして『【小さなお友達】って…ま〜た小林香菜の事か…』とげんなりするお客様に『バーカ!【小さなお友達】ってのはフェルーカの事!かなちゃまは身長163cmあるから【小さなお友達】とは言えんだろうが!』と突っ込んでやろう♪」

とも考え(笑)ニヤニヤしながらフェルーカを物置から引き出したんだけど、フェルーカの奴…超汚いんだ…。

一応『通勤車兼お買い物車』だからほぼ毎日乗ってるんだけど(数Kmですが…)洗車なんか全然してないからね…そら汚れもしようってもんさ…。

それでなくとも『汚れが目立つ白』やし…。

そこで

「まずは洗車だ!」

と思って磨き始めた。

寒かったので水洗いはパスして(笑)ケミカルで汚れを落として磨くに留めたんだけど、ケミカルをウエスに吹き付けつつ磨いてたら手が超〜凄〜く冷たくて…(意味…分かりますよね?)

「指先…凍傷になるんじゃね?」

と不安になった…なんてね(笑)

それでまあ汚れがあまりに酷かったので(全然洗車なんかしてなかったもんで…)1時間半近く磨いてたんだけど、そしたら近所の可愛らしいお嬢さん(20歳台後半位)が

「小生さん、さっきからずーっと自転車磨いてますね?随分熱心ですね?」

と声を掛けてきた(驚)

それでまあちょっと話し込んで『自転車の魅力』について語ったところ

「わあー!自転車って楽しそう♪この子(註:フェルーカの事)も可愛い〜♪」

「えっ?『乗ってみます?』って?じゃあ…今度サイクリングに連れてって下さい!」

「実は私…前からサイクリングに出掛ける小生さん見てて『楽しそうだなぁ〜』って思ってたんですよ♪」

てな話になっちゃって〜(照れ)

まあそれは嘘なんだけど(笑)

『嘘』かよ!
てか、どっからが『嘘』なんだよ!?

『可愛らしいお嬢さんに話し掛けられた』って事自体が『嘘』です…。
「そんな事あったらいいなぁ…」と思っただけで…。

て事は…妄想かよ!?
いや、もう『妄想』の域を越えて『白昼夢』のレベル…。
てか、そんな白昼夢話にどんだけスペース割くんだよ!!!(爆呆れ)








b0136045_053611.jpg







b0136045_053826.jpg







b0136045_053860.jpg

話が激しく逸れちゃったもんで(妄想話…)写真でも載せて強引に戻そう(笑)

まあご覧の通りで『ピカピカ』まではいかないにせよ、油汚れの飛ぶ部分も含めて綺麗に磨いてやりました♪








b0136045_053945.jpg

洗車成ったフェルーカの勇姿!

やっぱ白い自転車は綺麗にしとかなきゃ〜♪(これはから気をつけます…)








b0136045_05409.jpg

前から見たところ。

何か…戦闘ヘリっぽくね?
(どういう意味!?←お客さん当惑)








b0136045_05402.jpg

自慢のサドル『ブルックス B15』にもひっさし振りにオイルを塗ってやりました♪

高かったからね…これ…確か2万ちょいはした様な…。

今だったらぜってー買えねえ…。

そんな金あったら握手会かリクアワぶっ込みに回す…。
(AKBの話は今はいいから!←お客さん苛々)








b0136045_054147.jpg

ダイヤモンド(フレーム中央部)のアップ!

白フェルーカ特有の『ピンクがかったホワイトカラー』を取り戻せたかな?

で、

「じゃあ洗車も成った訳だし、そろそろサイクリング行くか?」

と思ったんだけど…








b0136045_054269.jpg

メンテルーブ(自転車用の機械油)が…ない…(悄然)









続く…。
(続きは明日になるかも…思ってたより長い話になった…←途中の『白昼夢話』がいらなかったのでは!?←お客さん締め呆れ)
by shousei0000 | 2012-10-31 00:05 | フェルーカ あれこれ | Trackback | Comments(0)

たまにはフェルーカの写真でも載せっかな♪

b0136045_72055.jpg

昨夜は突発的な大雨で大変でしたね皆さん…。

漏れも仕事帰りに雨に降られてやむを得ずバスで帰ったんだけど、バス停から自宅までの徒歩10分の間猛烈な便意にさいなまれて参りました(笑)

今日これから墓参りで群馬に行きます…明日からは4日間連勤です…(お盆でパートさんが休まれるもんで…ね…)

だから墓参りに行く前に、徒歩で地元駅高級駐輪場(笑)に来てフェルーカを回収致しました。

こうしとかないとま~た明日タクシーとか呼んじゃいそうなもんで…。





b0136045_72122.jpg

余談ですが…拙ブログ検索キーワードの筆頭はここ1年程ずっと『フェルーカ』です。

フェルーカ乗りでブログやってる人少ないからね…拙ブログ程度でも『フェルーカ』で引っかかれば

「どれどれ…」

と思って覗きに来る人もいるのでしょう。

でも…それに応えられる様な記事を全然書いてませんよね…(当方最早『AKBのブログ』なもんで…)

だから今朝はいつもとちょっと趣向を変えて、フェルーカの写真を何枚か載せてみようと思います。

今まで散々無駄足踏ませたフェルーカファンの方々への、せめてもの罪滅ぼしとでも思って頂ければ幸いです。

じゃ…いきます!





b0136045_72245.jpg






b0136045_72322.jpg






b0136045_7249.jpg

楽しんで頂けたかな?

じゃあね~♪
(てめえのキモいセルフ写真ばっかで、フェルーカなんか全然写ってねえじゃねえか!!!←『フェルーカとそのオーナー氏』って写真が撮りたかったんですよ…でもiPhoneにはセルフタイマーが付いていないから、どうしてもこんな写真ばっかになってしまって…←嘘をつけ嘘を!本当はわざとこういう肩すかし的な写真ばっか撮ったくせに!!←締め呆れ)







おしまい…。
(今ブログ書いてる公園…駅前の開けた所にあるくせに蚊がすげえ…たった15分位しかいないのに何ヶ所も刺されてしまった…←そんな情報いりません!←再締め呆れ)
by shousei0000 | 2012-08-12 07:00 | フェルーカ あれこれ | Trackback | Comments(2)

通勤車としての小径…その③

かの自転車屋さん曰く…(さっきからの続きです←再鬱)










b0136045_20383240.jpg

「小径車ね…何か最近随分人気あるみたいですけど…『ホイールが小さい自転車』って何か意味あるんですかね?」

「ホイールが小さいって事は『スピードが出ない』『段差に左右される』『安定性に欠ける』って事で、つまりは『あんまり意味がない』『自転車としては低機能』って事じゃないかと思うんですけど…」

「ま、確かに『可愛い事は可愛い』ですけどね(苦笑)」

と…。





b0136045_20383368.jpg

「おうおう!よ~言いやがったなここな野良自転車屋!!」

「おまえは今、俺ら『全国100万の小径ファン』を敵に回したんだぞ…その辺…覚悟してんだろうなぁ?」

「よし!明日集会だ!!」

「その後小径仲間でつるんで、おまえの店に襲撃かけちゃる!!」
(以上、この動画を観た当時の小生の感想でした★←え~っと…久々に突っ込みどころ満載の独白やなぁ…まず…『野良自転車屋』って言い方はないだろ!相手が言う事に不満があるにせよ、もうちょっと言い方ってものがあるだろう?次に…『全国100万の小径ファン』って…小径ファンがそんなにいる筈ねえだろ!あと…全編を彩る『暴走族的な口調』も頂けねぇ…あんた『元暴走族』でも『旧車会』でもなく『元オタク』だろうが!最後に…あんたまだこの時点では『小径車』持っとらんだろうが!それなのに『集会』も『小径仲間』もクソもあるかい!!!←大呆れ)





b0136045_20383334.jpg

余談が過ぎましたね…(しいません…)

で、このくだりで俺が何を言いたいかっていうと…前掲動画の自転車屋さんが言ってる事は、確かにある程度的を射た事なんだ…。

上の画像にあるフェルーカを買ってみて一年乗って、俺はその事をそれなりに理解した…。

確かに小径は進まねぇ…。

『レスポンスが良くてクイクイとよく進む』という小径の長所は、裏を返せば『クイック過ぎで不安定』という事にもなる…。

ただ…俺達小径乗りはそういうとこを理解して、その上でそういう短所すら楽しんじゃうイカれた奴等…。

いいじゃないか…進まなくっても…。

いいじゃないか…横風に煽られるとチョロチョロとフラついても…。

いいじゃないか…ちょっとした歩道に上がるにも

「無理かも…」

と思って降車してしまっても…。

その分とことん可愛いんだから…。





b0136045_20383441.jpg

lets streamさん…これだけは言っておこう…。

小径に乗るなら伊達者になれ!

様々な短所を抱えてる事を知りつつも、それでも

「可愛いんだからいいジャン♪」

と言い切れる伊達者になれ!!

えっ?何だってlets streamさん??





b0136045_20383545.jpg

「『伊達者』なんて言われたら…私この娘思い出して胸熱ですよ~♪」

だって?

lets streamさん…あんたとことんイカれてんな…。
(おい!lets streamさんの意見みたいな振りして突如出したこの娘は何者なんだよ!←AKB48チーム4の『岩田華怜さん』でんがな!仙台出身でキャッチフレーズが『可憐で華麗な伊達娘』だから、『伊達者』って出したらlets streamさんがカレンを連想してくれるんじゃないかなぁ~と思って★←イカれてんのはてめえの方だ!今回は久々に自転車オンリーの話だと思ったのに…←締め呆れ)





続く…。
(オチはふざけましたけど…小径にそれなりなデメリットがあるのは本当です…でも…勿論素晴らしい長所もあります!その辺の話はまた次回という事で…←長文スマソ)
by shousei0000 | 2012-04-25 20:37 | フェルーカ あれこれ | Trackback | Comments(3)

通勤車としての小径…その②

さてと…前回からの続きですが…





b0136045_2031921.jpg

前回の話ではlets streamさんの第一候補小径車『ポケットロケット』について、色々と我が想う事を書かせて頂いた(その過半はlets streamさんに理解不能のクランクの話←笑)

で、普通ならここで対立候補であり我が愛車でもあるフェルーカの話に移っていくところなんだけど、拙ブログは『普通』ではないので(笑)ちょっと違った切り口で話を続けさせてもらう。

と言っても、別に故意に話を逸らそうとしてる訳ではない…。

とっても大事な事だと思うので、これだけはlets streamさんにしかと伝えておきたいのだ…。

で、それは何かと申しますと…





b0136045_20311056.jpg

こ~いう事なんだ…。
(誰なんだよこのおぢさん!)





b0136045_20311147.jpg

このお方はね…自転車屋さんなんだ…。

多分有名な方だと思うんだけど、俺はこの人の仔細を過分にして知らない…。

で、何でそんな『どこの誰とも知らない人』を登場させたかというと…昨年3月に小径車を求めて右往左往していた時期に、Bpsさん(みんな忘れちゃいないだろうなぁ…俺が出入りしてる埼玉県入間市の自転車屋さんだよ!)がこんな事をおっしゃったんだ。

曰く

「最近『小径車の存在意義に疑問を呈する動画』ってのが、YouTube上に出回ってるみたいですよ」

「小生さんも話のタネに一度観てみては?」

と…。

そこで『小径車の 否定』とキーワードを入れて検索してみたところ





b0136045_20311181.jpg

出てきたのがこちらだった。
(何度もおんなじ画像を貼ってスマソ…)

そしてその動画の中で、この自転車屋さんはニヒルな口調で以下の様な事をおっしゃった…(註:以下の文章は小生による意訳です…この自転車屋さんが一字一句そうおっしゃった訳ではないのを銘記されたし!)

曰く…










続く…。
(なっ、何ィー!?ここでこのタイミングで『続く』だとォー!?←しゃ~ないでしょ…『送信エラー』が出るんだもん…只今地元駅で分割送信作業中…←鬱)
by shousei0000 | 2012-04-25 20:30 | フェルーカ あれこれ | Trackback | Comments(0)

通勤車としての小径(lets streamさんへの私信)

b0136045_11161443.jpg

小林香菜についての記述をま~たほかってしまう事になるが…先日lets streamさんからお問い合わせのあったこちらの件について、ちっとばかりお返事したいと思う。

題して『通勤車としての小径』だ…。

何かうまいタイトルが思い浮かばずこんなんになってしまったが、多分『通勤車としての小径の意義』みたいな記述はすぐに終わって『フェルーカというバイクの面白さ』てな話になっていくと思うから、そこんとこはどうぞご了解下さいませ。

しかし…





b0136045_11161594.jpg

俺もよ~やるわ…。

自転車のブログでもないのに『自転車の説明』をしようとするなんて…(元々は自転車のブログだっただろうが!←呆れ)





b0136045_11161624.jpg

さてと…lets streamさんが第一候補と目している(んですよね?)『ポケットロケット』という小径車の画像をひいてみた。

何かこう…すんごく斬新な造りの小径なのね。

『折り畳み車だから』って事もあるんだろうけど、フレームの造りが実に斬新!

『湾曲してる色付きステム』っての凄いね。

自分としては『好きになるタイプの自転車』ではないけど(漏れはね…自転車についてはかなり保守的なんですよ…何しろ根っこが『四半世紀前のサイクリスト』ですからね…)これはこれで中々格好良いね。

見た感じだけの印象だけど『レスポンスが良さそうで踏んだだけクイクイ進みそうなバイク』やね♪

まあ『レスポンスが良さそうで踏んだだけクイクイ進みそう』ってのは、小径だったらどのバイクでもある程度合致する特徴なんだけどね(笑)

しかし…





b0136045_11161782.jpg

拡大画像なんで画質が粗くなっちゃって申し訳ないんだけど、このバイク、スギノのクランク&チェーンリング使ってるんだね!

こんな斬新な形のバイクなのに、敢えてクランクにクラシカルなスギノを起用するなんてイカしてるぅ~♪

まあスギノを『クラシカル』って言っちゃうのは語弊があるのかもしれないけど(現役ブランドですから)やっぱ『四半世紀前のサイクリスト』にとっては懐かしいし、どうしてもそう言いたくなっちゃうんだなぁ…。





b0136045_11161713.jpg

そういゃぁさ~ほらあれ、懐かしくない?

『スギノのクランク【プロダイ】はTAのコピーだ!』

って論争!

まああれだけ似てりゃ~『コピー』って言われても仕方ないけど、お金がない人にとっては、あれはあれで有難かったんだよね~。

因みにおいらの2台目の愛車『片倉 シルク ランドナー』には、初めっからスギノのプロダイが付いてたよ。

前のオーナーの大学生が貧乏だったんッスかね~(笑)

何書いてんだか全然分かんねえ!AKBの話といい自転車の話といい…てめえの書く話は何でこうマイナーな方にばっか向かうんだッ!

いや!『プロダイとTAの話』は有名でしょう?『四半世紀前のサイクリスト』だったら誰でも知ってますって!!

現代の我々が分かる様な話を書きやがれ!(締め呆れ)





続く…。
(フェルーカについて一行も触れないうちに終わってしまった…←哀)
by shousei0000 | 2012-04-23 11:15 | フェルーカ あれこれ | Trackback | Comments(2)

長い長いフロントバックの話(笑) その15。

b0136045_2325258.jpg

え~朝からの続きです。

モンベルに行き件のフロントバックを手に取った小生は、そのサイズと上掲写真のアクアのハンドル回りを脳内で対比し

「このバックはアクアには付かない…」

との結論を出したのでした。

しかしその結論を聞いたモンベルの店員さんは

「そうですか?」

「でも…ロードの方なんかもよく買っていかれますよ」

とおっしゃった。

暗に『付きますよ』と言ってる訳ですね。

その台詞を聞き『暗に』の部分を類推した小生は、心の中で以下の様な雄叫びをあげたのであります!















b0136045_232528.jpg

バーロイ!モンベルの店員よ!(呼び捨て)

『ロードの方も買っていかれますよ』

な~んて知った様な口きくけど、その『ロードの方』ってのは多分『Wレバーの人』なんだよ!

そらWレバー車ならこのバックが付くだろうさ…Wレバー車はシフトワイヤーがダウンチューブの途中で止まっているんだから…。

でも…こちらとらSTI車乗りなんだ!

ハンドル回りにシフトワイヤーが展開していて、おいそれとフロントバックなんか付けられないんだ!

そういう事情も知らずに『ロードの方も買っていかれますよ』なんて言うなんて…。

やいこら!モンベルの店員(また呼び捨て)

あんたは『アウトドアアドバイザーとしては一級品』なんだろうけど『自転車に関してはからっきしだよ三級品』だッ!
(『一休さん』のオープニングか!←呆れ)










b0136045_2325374.jpg

とまあそんな具合にね、小生モンベルの店員さんを大喝したんだ。

勿論最初に断った通り『心の中で』だよ!

実際には憤りの色さえ見せず

「そうですか…ロードの人も買っていきますか…」

「でも…色々訳あって、僕のロードには付かなさそうなんです…」

と和やかな口調で呟いたんだ。

しかしモンベルの店員さんも中々折れず

「う~ん…」

「『付かなかった』って話、聞いた覚えがないんですよね…」

と食い下がる…。

そら食い下がる筈ですよ…だって実際には付くんですから(笑)

しかし一度『付かない』と断を下した小生も折れる事はなく

「いやいや…やっぱ無理ですわ…残念ですが…」

と主張する…。

結局この『付く付かない論争』はおよそ10分に渡って続き(バックをしげしげと眺めた3分を含む)結果として小生はそのバックを買わなかったんだ…。

店員さんから見れば

『散々説明させといて、しかも【付く】と言っているのに【付かない!】と言い張って、何ひとつ買わずに帰った変な客』

といったところでしょうね…。








b0136045_232546.jpg

さあ!ここからは『残業』だ…。

暖房の効いた地元駅の待合室だよ(笑)

『残業』でここを使用するのは今季初めての事。

またここを使用する季節がやってきたんだなぁ…。

いつの間にか寒くなったんだなぁ…。
(そんな駅なんかで『残業』とかしないで家帰って書け!←それは無理です…最早『家でブログ』なんて考えられません…←以前は5~6時間もパソコンに向かいあってブログ書いてた奴が…変われば変わるもんだ…←自分でもそう思いまつ…←はよう話を進めろよ!地元駅で『残業』してるんだろう!←苛々)









b0136045_232545.jpg

ここで漸く、話は現在(と言っても実はちょい過去←笑)に戻ります。

今年秋口からフェルーカの積載容量を上げたいと望み『ロードバイク フロントバック』で検索して上掲画面にヒットした小生は、その後の展開の中で、ここまで述べてきた『思い出①』(荒川CRでこのバック付けてるロードバイクを見た事)に行き着きます。

その時は

「お~あん時のバックかぁ~♪」

程度で済んだんですが、問題なのはその更に後の展開の中でさっきまで記した『思い出②』に行き着いた事…。

モンベルの店員さんが散々遠回しに

『付きますよ』『付くと思いますよ』

と言ってくれたのに、俺ときたら意固地になって

『付きません』『無理です』

と突っぱねた…。

その時の事を思い出し、小生通勤車中で独り赤面したのでありました…。

そして

「よし…もう一度モンベルに行こう!」

「そして…本当のところを確かめよう!」

と思ったのでありました。
(このくだりは『今年10月頃の話』ね!話があちこち飛んでややこしくてすんません…←平身低頭)




続く…。
(まあ…ざっと30分の『残業』でした←笑←氏ね!)
by shousei0000 | 2011-11-20 23:00 | フェルーカ あれこれ | Trackback | Comments(3)