人気ブログランキング |

カテゴリ:ペリーニ アダージオ( 209 )

やり直せる!!!(5月30日の大歓喜☆)

東條シェフからのレスキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

Facebookメッセージは無条件でiPhoneの画面に出るので、バーベキューでの泥酔後悔でどんよりしながらiPhoneでまほほん絡みの記事を見ていた時『シェフからのレスの画面』が小さく開きやがて消えた…短い時間の表示ではあったが『出禁ではない』という事は分かった…安堵の気持ちでカウチソファーにへたり込んだ…。

すぐにはレス全文を読む勇気が湧かず(恥)30分以上経った先程その全文を読んだ…仔細は書かないけど

>迷惑?そうですか?

>特にそういう事はないのでまたお店に来て下さい。

というような事が書かれていた…恥ずかしいけとちょっと泣いた…。

そんな筈はない…絶対に迷惑はかかっている…その範囲は極一部で済んだのかもしれないけど、最低でも『俺と職場仲間の帰りの車を運転してくれたスタッフさん方』には迷惑がかかっている筈…『被害ゼロ』は絶対にない…。

でも…それでも流してくれるなら…真摯に反省した上でまた『ペリーニ アダージオ』に行かせてもらおう…。

色々と食べたいものや知りたい事が沢山ある…一番単純な事では『去年は冷製パスタを全然食べれなかった』という事がある…今年は食べたかったのだ東條シェフの冷製パスタ…、

だからまたお店に行かせてもらおう…もう二度とご迷惑をお掛けしない為に『大後悔…』シリーズに書いた『泥酔再発防止策』をしっかり遵守するのは当然の事…。

もう一度だけ甘えさせてもらおう…そしてこの手の反省をするのは本当にこれを最後にしよう…。

思えば俺は恵まれていた…恵まれ過ぎていた…。

何度泥酔してもその時々の友人知人が許してくれた…勿論許せずに離れてしまった人もいたのではないかと思うけど、正面切って絶交宣言とかされなかったから分からんかった…正直今でもそういう人がいたかは分からない…。

そういう恵まれた人間関係に甘え泥酔の見直しを図らずきてしまった果てに『今回の事件』があった…今度こそそれを正す事が『ご迷惑をお掛けしたけど会ってお詫びもできないスタッフさん方へのせめてものお詫び』になるのではないかと思う…。

だからそれはもうしっかりやる上で、タイミングを見てまたペリーニ アダージオに行こう…こんな時に悪いけど、ま〜た東條シェフの料理が食べられると思うと目の前がパッと明るくなる…

その一方で『バーベキューやお店でのイベントへの参加はもうできない』と思う…あんな大泥酔した上でそこに集われていた皆さんにまた会うとかあまりに厚顔無恥過ぎる…だからその手のものはもう諦めよう…。

『お店にまだ行ける事』で十分…それを胸に刻みながら今日はもう寝ます…(締め正直ホッとした…←しみじみ)

















おしまい。

by shousei0000 | 2019-05-30 01:20 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

大後悔…最後の最後。

b0136045_20005302.jpg
最後位画像を載せようか…これは今回のバーベキューの目玉だった『ピザ』…。

東條シェフはピザの名手なのだが、お店が地下にある都合上『ピザを焼く釜』が設置できないらしい…故に今の店舗ではピザを出す事はない…。

しかし名手とあれば食べたいお客さんもいる訳で、それで今回『シェフのお楽しみ』としてピザを出す事にした…その為に『移動式のピザ窯』を購入したと…そういう話である…。

今回はこれを楽しみにしていた…そして事実旨かった…。

焼きあがった生地が旨いんだよね…『ふんわりとサクサクの中間』とでもいうか…とにかく旨かった…『世界大会3位の実力』を思い知らされた想い…。

上の写真の時間はほぼほぼ16時…撮影した記憶も食べた記憶もちゃんとある…。

「ここで終わっていたらなぁ…」

としみじみ想う…ここで終わっていれば『シェフの◯◯が凄く旨かった春のバーベキュー!』てな感じに謎かけをしながらブログを書いていっただろうに…『職場の仲間も参加してくれて楽しかった♪』なんて感想もしこたま述べていただろうに…。

でももう遅い…ここ(16時頃)では終わらなかったのだから…この後に色々と申し訳ない事をしてしまったのだから…。

2年少々通った『ペリーニ アダージオ』との関係がこんな形で壊れてしまうとは…全く情けないし申し訳ない限りだが、ご迷惑掛けた方々にお詫びすらできない以上フェードアウトしていくしかないだろう…あのお店でまだまだ色々なものを食べて色々な事を知りたかったのに…。

後悔の念は尽きぬがそれは一旦置いて『泥酔再発防止策』について書いてみようと思う…もうこれ以上こんな事を繰り返さない為に…。




































b0136045_20240117.jpg
今回のバーベキューでは珍しく日本酒があった…過去3回の参加時はなかったと思う…。

それを珍しく思い序盤に一杯飲んだ…中盤にも一杯飲んだ…。

そして…多分なんだけど、16時以降に俺の記憶が飛ぶ事になった理由のひとつがこの日本酒なのではないかと思う…記憶はないんだけど俺はこの日本酒を最後の方でガブガブと意地汚く飲んだのではないか…その結果記憶を飛ばし色々な方に大迷惑をお掛けしたのではないか…。

それを踏まえて泥酔再発防止策の①として『他者と酒席を共にする時は日本酒は飲まない』という事を挙げる…日本酒に限らず泥酔に繋がりそうな酒を避けるのも当然である…。

具体的に言うと『ハードリカーを割らずに飲む事』を指す…ウイスキーや焼酎をストレートやロックで飲む事…そういうのも当然やめる…。

でも…多分一番ダメなのは日本酒なんだよね…これに俺何度も足元をすくわれている…何度も足元をすくわれているのに何度も同じ過ちを繰り返してきた…この歳(51歳…)まで遂に改められなかった…。

だから今更だけど改める為に『他者と酒席を共にする時は日本酒及びハードリカーは口にしない』というのをまず第一の再発防止策として挙げる…独りで飲む時はこの限りではないが…。

ビールとかサワーとかハイボールとかをチビチビ飲むようにする…それならば多分泥酔には至らずに済むであろう…。

そして再発防止策のその②として『酒席が2時間を越えるようなら、2時間を経過したところで一旦ソフトドリンクを交える』というのを挙げる…烏龍茶や炭酸水なんかがいいのではないか…。

今回のバーベキューの飲酒は14時頃に始まり俺の最後の記憶がある時間は16時間45分…その間2時間45分…。

パカパカ酒を飲む状態で俺が正気を保っていられるのは大体2時間位…さっきのピザの写真の時にも書いたけど『16時までの記憶は明確』なのだ…。

だから酒席が2時間を越えるようなら今後はそこで一旦ソフトドリンクに移行しよう…というか2時間越えたら基本ソフトドリンクで通そう…。

つーかね…それよりも『2時間を越える酒席には参加しないようにする』というのが上策なんだと思うね俺みたいな奴の場合…我慢できないし調整もできないんだからそうするしかない…(恥)

これは今までも多少は意識してきたんだよ…職場の飲み会とかでも俺は基本一次会しか参加しない…二次会に行ったらやらかす可能性が高いから…(恥)

これをまとめると『酒席は2時間を目処に参加するものとする』『それを越える場合はソフトドリンクに移行する』という事になる…。

再発防止策の③は…まあ身も蓋も無い言い方になるけど『酒席の場にはあまり近づかないようにする』というのがいいんじゃないかな…他者と飲む機会を減らす…それこそが最大の防止策なんじゃないか?

元々友達の少ない俺が酒席の誘いを断ったらますます友達が少なくなるとは思うけど…リスク(泥酔…)がある以上そうした方が結果的に友達を失わなくて済むのではないか…情けない話だが『泥酔するかもしれない可能性』を考慮しなくてはならないのだ俺の場合…(恥)

これをまとめると『不要不急の飲み会には参加しない』となるのかな?何か偉そうだな…。

ここまで書いてきた事をまとめたメモ帳を下に貼って本シリーズを終わりにする…。

多少ニュアンスは変わるかもしれないが…まあ『俺の為の備忘録』だからいいだろ…。














































b0136045_21452152.jpg
はい…まとめてみました『泥酔再発防止策』…。

順番やニュアンスが変わっている部分はあるけど、これからは基本この枠に沿って飲み会に参加したり参加を見合わせたりしていく事にしよう…。


















おしまい…。
(次回からブログの運行を通常の形に戻します…こんな俺ですがこれからも宜しくお願いします…さようならペリーニ アダージオ…申し訳ありませんでした迷惑をお掛けした皆々様方…)

by shousei0000 | 2019-05-29 21:48 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

大後悔…最後。

先日の夜勤入りと明けで『バーベキューに参加した職場メンバー』に一通り会った…その結果判明したのは

『俺の大泥酔でご迷惑をかけたのは職場メンバーというよりスタッフさんだった』

という事実が判明した…恐れていた事が的中してしまった事に思わず蹲りそうになった…。

『スタッフさん』というのは『シェフのご友人方』を指す…運転、調理その他諸々の面でバーベキューを手伝う方々…。

そうした方々に多大なるご迷惑をお掛けしたらしい…何という事…_| ̄|〇

職場メンバーの話ではバーベキューの閉会位まではまだ何とかなっていたらしい…一番恐れていた『焼き場に集ったお客さん達に絡む』という事は一応なかったという…。

閉会辺りでトイレに行った俺が中々トイレから帰ってこなくて、それをおかしいと思ったスタッフさん方が救護に入った辺りから俺がおかしくなったらしい…大泥酔して中々動かない俺に救いの手を差し伸べてくれた方々に抵抗したり暴言を吐いたりと…そういう事だったみたい…(恥)

帰りの車中やパーキングでもごねたらしい…想像していた中で最悪に近い結末に夜勤仕事中のフロアが暗転した…。

職場のメンバーは苦笑いしながら謝罪を受け入れてくれたけど、一番甚大な被害を被ったスタッフさん方にお詫びすらできないのが辛い…バーベキューの時でないと会う事のない方々だから

「この前は大泥酔して多大なご迷惑をお掛けしてすみませんでした…」

と言う事すらできないのだ…_| ̄|〇

「というか…これもう『出禁』だろう…」

と俺は思った…一昨年秋のバーベキューでも俺は終い酔ってご迷惑をかけてしまったんだけど(恥)あの時は最後のテキーラクイ飲み(恥)で記憶が飛んだとはいえ『終い近くまでの記憶』はあった…そして『変にはしゃいだけど暴言を吐いたりはしなかった』という意識もある…。

つまりは『一昨年秋のバーベキューでの酔い』とはレベルが違うのだ…『お掛けした迷惑の度合い』も当然違う…。

だから『バーベキューでお掛けしたご迷惑をお詫びがてらペリーニ アダージオに行く』という選択肢は今回はない…『ただお詫びだけを申し上げる』…それだけだ…。

幸いに…と言うのも何なんだが、今回のバーベキュー参加の手配を通じてシェフとFacebookメッセージ(LINEみたいなやつ)で繋がった…それを使えば訪店する事も電話する事もなくお詫びだけは言える…昨日と今日の日付が変わる頃漸くその『お詫びメッセージ』を送信した…。

そして今のところ返信はない…やはり『出禁確定』か…そうだとしても仕方ない事と思う…『それだけの事』を俺はしてしまったのだ…_| ̄|〇

一応これで全部なんですが…あとちょっと自分の為に『泥酔防止策』を書いて本シリーズを終える事にする…そしてそれを終えたらブログの進行を通常モードに少しずつ戻していこうと思う…。















あと1話続く…。

by shousei0000 | 2019-05-29 09:19 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

大後悔…更に続き。

今日の極早朝?にまとめサイトで見た

>山口真帆『研音』に所属!

の報は俺をとても幸せな気持ちにした…それに引き続く『山口真帆さん、自身のInstagramで卒業公演にまつわるエピソードや写真を公開』にも乗る事ができた…深夜3時とかだったけど起きていたからその投稿を一通り見れた…。

そして5時になって『研音』のホームページに『山口真帆加入のお知らせ』が!それとタイミングを合わせるように山口真帆さんのInstagramの記事が全て消えた…。

『AKS所属が解かれた5月24日23時59分から研音所属になる25日5時までのタイムラグを利用したファンサービス&最後のメッセージ』だったらしい…そう言われてみればリアルタイムで見た時『画像保存してね』といった事が書かれていた…。

俺はインスタの画像保存の仕方が分からなかったから保存できなかったが、それを過度に悲しむつもりはない…彼女のファンの方々がしっかり保存され拡散されていた…これからもいつでも見れる!

そういうところも見越した上での山口真帆さんのSNS利用…最後の最後まで本当に見事と言うしかない…こんなアイドルはもう二度と現れないのではないか…(少なくとも俺の存命中は)

そうした一連の出来事が楽しくて嬉しくてニヤニヤしていたのだが…冷静になってみると俺の身辺では何も変わっていない…山口真帆さんが最良の事務所に所属できて物語の第一幕がハッピーエンドに終わっても『俺の物語』はまだ何も終わっていない…『泥酔して他者にご迷惑をかけたであろう事実』…まだその確認すらできていない…。

昨日の投稿にも書いたけど、今日これからの夜勤入りでバーベキュー当日にいた同僚に会える…勤務中だからあまり話せないかもだけど『泥酔時に何があったのか』『俺はどんなご迷惑をかけたのか』という事を多少は聞く事ができよう…。

聞きたくはない…でも聞かぬ訳にはいくまい…ご迷惑かけた方々にお詫びする為には『どう迷惑をかけたのか』を知らずには詫びる事すらできない…。

それを確認した上で各方面にお詫びして初めて『今回の泥酔事案』は動く…勿論許してもらえるとは限らない…。

その辺の事と『今度こそ泥酔による迷惑行為再発防止策を練る』という事を書いて本シリーズ物を終える事とする…夜勤いてきます…。














続く…。

by shousei0000 | 2019-05-25 15:07 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

大後悔…続き。

『先日のペリーニのバーベキューの話』を続ける…14時位に始まり16時頃までの間俺は『自陣』にいた…『自陣』ゆうのは『うちの職場仲間6名で囲んだテーブル』である…。

『自陣』に隣接したテーブルに他のお客さん5名だったかのグループがいた…そのグループの方々と時々お話をした…いやさせて頂いた…。

今回は職場の仲間と行ったので『他のお客さん方とのコミュニケーション』はあまり期待していなかった…それが意外な程できた事に浮かれてしまった…。

そして朝の投稿に書いた『16時以降の焼き場への進出』…焼き物を焼きながら東條シェフ達が談笑するエリアに俺は進出した…。

それは最初は『その談笑に加わる為の行動』ではなかった…『焼き場の写真を撮る事と料理を取る為の行動』だった…。

でもその進出先で談笑に加えて頂けた…シェフを囲むそのグループに入れて頂けた…。

この時点での記憶はまだあるし俺の性格から『ずけずけと図々しくその輪に乱入した』という事はなかったと思う…『そのグループの人達が俺に話し掛けてくれた』という事だったと思う…。

かすかな記憶から『変わった人』として面白がられ受け入れて頂けたように思う…『東條シェフをアイドル視する珍獣的存在』として構われていたような気がする…。

その証拠…と言うのも何なんだけど『東條シェフとのツーショット写真』が何枚かある…職場のメンバーが撮ってくれたものも含むと5〜6枚ある…。

「折角だからシェフとツーショット写真撮ったらどうですか(笑)」

というような事を言われて撮ってもらったような記憶が微かにある…酔って調子に乗った俺が『ツーショット写真撮って下さい!』と言った可能性もあるが(恥)例えそうだったとしてもこの時点ではまだ『非礼』ではなかったと思う…極端なキャラではあったけど(東條シェフヲタね)焼き場に集う人々に受け入れられていたのではないかと思う…。

最後の記憶は16時45分位…腕時計を見てその時間を認識し

「そろそろ終わりだな」

と思った記憶がある…そしてそこで記憶が途絶する…。

そして記憶が復帰するのは…何と『新所沢』なのだ…新所で乗り継ぎの為降車したところが5時間振り位の記憶…(恥)

『16時45分位の記憶』と『新所の記憶』との間に『嫌な感じの微かな記憶』がある…『誰かに暴言を吐いたような記憶』…(大恥)

まだ確認できてないんだけど、多分『泥酔した俺を気遣ってくれた人に暴言を吐いた』というような事だと思う…。

「そこまで酔ってねえよ!」

「大丈夫だからほっといてくれ!」

というような事を言ったのではないかと思う…過去の経験から多分そうなのではないかと思う…(恥)

問題は『誰に暴言を吐いたのか』だ…職場のメンバーならまだ取り返しがつくかもしれないが(と思いたい…)まさかとは思うけど『バーベキューにいた他のお客さん』乃至は『バーベキュースタッフであるシェフのご友人方』に暴言吐いたなんて事はないよな…幾ら泥酔していても性格的に俺が外部の人にそんな事をするとは思えないけど…どうなんだろう…。

あの日以来休みとハーフ夜勤しかなくてバーベキューに同行してくれたメンバーに会えていない…会えていないから当日の状況が分からない…。

だが…『何かがあった事』は確実なのだ…バーベキューに参加してくれた職場メンバーから感謝の念を記しながらも『小生さんは飲みすぎです』『最後みんな嫌な気持ちだったと思いますよ』とのLINEが…_| ̄|〇

明日そのLINEをくれた人に仕事で会う…聞きたくないけど何があったのか聞かなくては…。

各方面へのお詫びの為に何があったのかを知る必要がある…だから明日はそれを聞かなくては…。

明日は夜勤入りだからそれを聞いたら夜勤中落ち込み続ける事になるかもだけど…やっぱ聞かなくては…『シェフにもお詫びをしなくてならない事案』である可能性も高い訳だし…(恥)

16時頃にインターバルを入れて17時半頃の閉会まで保たせていればいいだけの話だったのだが…もう遅い…全ては遅いのだ…(締め哀)















あと少し続く…。
(自分の気持ちの整理だけの為に書いてます…『しょーもな!』と思う方はスルーしてやって下さい…)

by shousei0000 | 2019-05-24 22:40 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

大後悔…(『5月19日のペリーニ アダージオのバーベキューに参加した話』なのだが…)

もうこれ以上ブログをほかっておけないから更新を再開するけど…ま〜たやってしまった…5月19日のペリーニ アダージオのバーベキューで大泥酔した…_| ̄|〇

飲み始めたのが14時位…記憶が飛んだのが多分17時手前位…飲み続けた時間は3時間近くになる…。

ペリーニのバーベキューだからしっかり食べているとはいえ3時間近く飲んだのだから自制すべきだった…16時位からは水やソフトドリンクに切り替えるべきだった…_| ̄|〇

今回は職場の仲間5名を連れての参加だったからある意味気楽だった…他のお客さんと絡まなくても東條シェフの美味しい料理をしこたま頂けるんだから気楽…職場仲間とテーブルを囲んでいるんだから『いつものようなバカ話』をしていればそれでいい…。

でも…結構絡めちゃったんだ他のお客さんと…しかもこちらからってよりあちらから結構話し掛けてくれたもんで有頂天になってしまった…これがまずマズかった…。

職場の仲間には『こんな美味しいバーベキューに参加できて良かったでしょ♪』と鼻高々で(恥)話し掛けてくれる他のお客さんには毎度お馴染みの『自分は東條シェフの大ファンなんです!』『シェフは僕にとってアイドルです♪』みたいな話を繰り返し(恥)そのネタを話した人の中に『それ前も聞いたなぁ〜』なんて言ってくれる人もいて(以前のバーベキューでご一緒した方のようです)まあ何つーか段々テンションが上がっていってしまったんだよ…因みにそこまでの記憶はしっかりある…。

問題は『その後』だ…そこで自制していれば『職場の仲間には喜んでもらえ、他のお客さんともかなり話せた楽しいバーベキューでした♪』で終われたんだけど…そこで俺は動いてしまったようなんだ…具体的に言うと『焼き場の方に進出してしまった』のだ…。

焼き場には東條シェフがいる…シェフのお友達(バーベキューを手伝うスタッフさん達)もいる…シェフとの距離感が近い常連さん達もいる…。

俺はそこに進出してしまった…写真の時間を見るとそれは16時頃だったみたい…既に2時間飲んでいるから『危険領域』だったんだよ今にして思えば…_| ̄|〇

そしてそこではしゃいでしまったみたい…『バーベキューの中で最もリア充っぽいグループ』に混ぜてもらえて有頂天になってしまったようだ…。

『みたい』とか『ようだ』とか書いている事から分かると思うけど、その時点(16時頃)で既に記憶は薄い…『シェフとのツーショット写真を撮ってもらった事』が最後に残るギリギリの記憶…。

あとはブラックアウト…記憶がない…記憶がなくても『酔って寝てしまった』とかならまだいいんだけど…今回は絶対にそうではない記憶がある…折角の楽しいバーベキューだったのに何してんだよ俺…_| ̄|〇
















続く…。

by shousei0000 | 2019-05-24 09:14 | ペリーニ アダージオ | Trackback(1) | Comments(0)

色々想った昨日…(4月27日の行動)

b0136045_12062590.jpg
昨日さ…『AKBグループの春フェス』ゆうイベントがあったのさ…それに渦中のNGT48のメンバーも参加していた…。

昨日は天候が悪かった上渦中のグループって事でNGTが登場した時間帯は盛り上がらなかったみたい…まあ予想された事ではあるが…。

その冷ややかな空気にショックを受けた?メンバーを笑顔でサポートしたのがもふ(村雲颯香さん)だったそうだ…上の画像右手にいる左手でメンバーの肩を抱き笑顔を見せているのがもふ…。

もふはルックスの美醜で言えば『美』…『ただいるだけで目を惹く存在』であるもふは…。

それなのにこういう行動をとるんだよもふは…『ルックスがどうの』ではなく『魂の形が美しい』んだよもふは…。

『敢えて残留する天使軍の一翼』『犬伏の別れ』…もふの決断は色々言われている…『苗字に相応しい武士っぽい奴だなもふ!』という評価もむべからぬところ…。

俺…やっぱもふのモバメ取ろうかな…クソ運営に金落とすのはスーパー嫌だけど、もふ発信の情報だけはどうしても知っておきたいから、やっぱもふのモバメ取ろうかな…ちょっと考えるわ…。

それはともかく…








































b0136045_12194778.jpg
昨日の仕事後久々に『ペリーニ アダージオ』にいてきました!

『5月中旬に迫ったバーベキュー』について話すつもりでいてきた!

この間『肋骨骨折』『鉄道マニア化』等々色々とあったので、ペリーニに行ったのはほぼほぼ4ヶ月振りでした…。








































b0136045_12194830.jpg
10連休に入る前の最後の営業日だったペリーニ…。

常連のおいら?は無論当然『チーズんとこ』に案内された!(豪語←笑)











































b0136045_12194966.jpg
















b0136045_12195048.jpg















b0136045_12195176.jpg

















b0136045_12245624.jpg
















b0136045_12245773.jpg



















b0136045_12245811.jpg
久々のペリーニの料理は皆旨かった…『命の選択』と思った…。

バーベキューについて『特報』が!◯◯作るんだって!やったね☆

『もふが偉すぎる!』『バーベキューで出る◯◯が楽しみすぎる!』等々色々想った昨日でした❤︎
どうでもいい想いばっかだな!!!(締め呆れ)



















おしまい(笑)

by shousei0000 | 2019-04-28 12:27 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

『あの日の選択』を悔いる…その32。

b0136045_18400858.jpg
あの日俺はこの『堀切橋の先にあった石田堤』を見て『新幹線高架そばの石田堤>堀切橋の先にあった石田堤』と捉えたのだった…とここまでは朝の投稿に書いた…(笑)

『その先の話』をいく…今訳あって物凄くジリジリしているのでなるべく簡単にいく…『持って回った話を展開する自信』が今の俺にはない…。

ああっ!く、苦し…いや…何でもない…何でもないが辛い…今日の帰りの電車ではやっぱ『その話』を書こう…。

で…『続き』なんですが…
















































b0136045_18482368.jpg
前掲の石田堤の写真の位置からもう少し先に行ったこの位置に至った時、俺はこの光景を目の当たりにして

「やあ!これは良い!!」

と呟き顔を綻ばせたのでした…『良い景色だ♪』と素直に思った…。

前掲写真の位置より緑濃く松林の風情も強い…『街道筋の松並木』なんて言葉も脳裏に浮かぶ…。

この場所の石田堤は確かにショボい…そもそも最早『堤』とは呼べまい…あの案内板がなければ誰もここを『石田堤の跡地』とは思うまい…。

でも…『堤としての立派さ』はともかく『この風情』はどうだ…『周りの景観への溶け込み具合』は…『石田堤が色々あって時間を経て素敵な松並木になった』という事の素晴らしさは…あ、ごめん…もうダメだ…(何がだよ!?)







































b0136045_19045509.jpg
ダメなんだよ…俺『これ』じゃあダメなんだよ…。








































b0136045_19064433.jpg
『煙』(正確には水蒸気)だってこんなに出る…でも…やっぱダメなんだよ『これ』じゃあ…。










































b0136045_19075838.jpg
ここには『◯◯◯の思い出』しかない…『ブログ書きながら◯◯◯』の記憶が生々しすぎる…。

ここにいてはダメだ…辛すぎる…今日はもう帰る…帰りの電車内で1ネタ書く…。

尻切れとんぼで申し訳ないけど、今日はもう石田堤について書くのは無理…明日以降にさせてもらいます…。

















続く…。

by shousei0000 | 2018-11-29 19:11 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

『あの日の選択』を悔いる…その31。

b0136045_07362425.jpg
前回の投稿では『あっちの石田堤』だの『こっちの石田堤』だの書いて悪かったなぽまいら…あれでは分かりにくいよなぽまいら正直すまんかったやで…(詫び)

だから呼称を変える…この写真の石田堤を『新幹線高架そばの石田堤』と呼ぶ…因みにこれは『修復ゾーン』にある…つまりは『レプリカ』だ…。

そうとも知らず(案内板に『堤修復ゾーン』と書いてあったんだけどその時は見逃したんですよね…←恥)俺はこの堤を見て

「四百年以上前の堤がよくこの状態で残っていたもんだ!」

「スゲ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

などと呟き喜んでいたのでした…(恥)

そして…






































b0136045_07452307.jpg
こちらの石田堤…これは以下『堀切橋の先にあった石田堤』と呼ぶ…を見た俺は

「ん〜まあ何ゆうか『松並木』とかあって風情としては中々だけど『堤としてはショボい』よな(笑)」

などと思っていたのでした…(恥)

言うまでもなく『こっちが本物』…『新幹線高架そばの石田堤』は『レプリカ』なのだから…。

あのレプリカだって『何もないところに土を盛り上げて石田堤レプリカとした』というのではなく『石田堤の名残りがあったところに土を盛ってレプリカとした』のではあるだろうけど、『レプリカ』はレプリカに過ぎない…『往年の姿を留めてはいないが名残りは感じられるもの』の方が価値はある…。

お城巡りをする人達の最近のブームは『城跡巡り』だそうな…暫く前にネットの記事か何かで見た…。

『昭和期に再建された実物とは違う姿のお城』ではなく『城本体は残っていないが石垣や土塁や堀などで当時の様子が伺えるもの』の方に人気が集まっているそうな…そらそうだわな…。

この法則?を俺の場合に敷衍すると『堀切橋の先にあった石田堤>新幹線高架そばの石田堤』となる…でもその日の俺は『新幹線高架そばの石田堤>堀切橋の先にあった石田堤』と思っていた…。

センスないなぁ俺…_| ̄|〇














続く…。

by shousei0000 | 2018-11-29 08:01 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

『あの日の選択』を悔いる…その30。

b0136045_14342257.jpg
『石田堤史跡公園』の『公園な部分』を出て『堀切橋』を渡ってちょっと登った先に『この案内板』があった…即ち『ここは石田堤です』という説明書き…。

ちょっと意表をつかれた…『石田堤史跡公園』の『アミューズメントな部分』の手前で既に『現存する石田堤』を見てきたから、その先の何て事ない田舎道に『ちょっと盛り上がったところ』『立派な松並木』が現れ、更にその先に『この案内板』があった事に意表をつかれた…。

「へえ〜ここも『石田堤』なのか!?」

と…。

『アミューズメントな部分』の手前にあったのが『あっちの石田堤』とすれば今話題にしているのは『こっちの石田堤』って感じ…『こっちの石田堤』を目の当たりにした俺は

「こっちのは…ちょっとしょぼいなぁ…まあ風情はあるけど…」

と感じた…。

画像を引いてちょっと対比してみましょうかね…。



















































b0136045_14475972.jpg
こちらが『あっちの石田堤』…うん…中々に『堤』している!

アクアを対比物として置いたので分かると思うんですが、『それなりの高さがある堤』です!『人の背丈』などは遥かに凌駕しています!

『この堤を境に忍城水攻めが行われた!』という事が一目で分かるビジュアル…この堤を見た俺が

「おお!中々良い状態で残っているじゃん『石田堤』!!」

と唸ったのも理解して頂けよう…。

それに対して…












































b0136045_14542680.jpg
『こっちの石田堤』はこんな感じ…。

うん…まあ『盛り上がってはいる』よね…でも『ちょっと』だよね…。

『堤』ゆうにはちょっと弱いよね…『あっちの石田堤』が

「私は『堤』と言うにはそれ程高いものではない…でも『それなりに堤』なのだ!」

と目力強く主張しているとすれば、『こっちの石田堤』は

「いや…へへ…あっしは『堤』なんてもんじゃありません…『何となく土が盛り上がっているだけ』で…だからおまけに松の木植えときました…」

と目を伏せ弱々しく呟いているという感じ…この擬人化比喩意味分かります?(笑)

『擬人化比喩の事』はともかく(だったら書くな!←呆れ)『あっちの石田堤』が迫力満点なのに対し、『こっちの石田堤』が堤としてはしょぼいのが分かってもらえたでしょうか?『風情』の面では『こっちの石田堤』の方が優っていますが、『堤としてのインパクト』は『あっちの石田堤』の方が遥かにあるのです…総合的に評価すると『あっちの石田堤>こっちの石田堤』ゆう感じ…。

だが…ぽまいらはもうとっくに忘れていると思うから画像を以って説明しておくけど…










































b0136045_15100598.jpg
『あっちの石田堤』は『修復ゾーン』…つまりは『レプリカ』なのだ…。

だが…あの日『こっちの石田堤』を目の当たりにした頃合いの俺は『その事実』をまだ知らない…この画像にある『修復ゾーン』ゆう表示を見落としていた…(締め恥)


















続く…(夜勤いてきま〜す…)

by shousei0000 | 2018-11-25 15:11 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)