カテゴリ:ペリーニ アダージオ( 167 )

僕は豚だ! その15。

b0136045_19435812.jpg
『ツヤホル煮込み』は旨かった!

一般に『豚モツの煮込み』というのはシロ…つまり『小腸』を中心にしたものだと思うが、上の写真のペリーニのバーベキューでのツヤホル煮込みは『色々な臓物が一杯入っているもの』なので更に旨い気がした!『何とも言えない旨さ』だった!

僕は2杯目で(おかわりしたから←笑)ペロ君は一杯目のそれを互いに食いながら僕はペロ君に話し掛けた。

「旨いだろうペロ君!そらそうさ!何せ『ツヤホル』(新鮮な豚ホルモン)だからな♪」

「でも…旨いからって食い過ぎにはご用心だぜペロ君…この後いろんな肉がわんさと出てくるから、アンティパストのこの時点で食い過ぎると肉までもたないぞ(笑)」

と…。

『アンティパストを食い過ぎると肉までもたない』…これは去年の6月ペリーニのバーベキューに初めて参加した時に他のお客さんが言っていた言葉の受け売り…。

その言葉を聞いた時

「オラはでえじょうぶだ!」

なんて悟空みたいに思ったんだけど(笑)アンティパストのセルフ盛り合わせをガッツリ2皿食ったら本当にキツくなった…『肉を諦める』という事にはならなかったが、東條シェフの隠し球パートIIであった『パスタパエリア』は満腹のあまり諦める事になった…アンティパスト恐るべし…。

だからこの警句?をペロ君に言った…『アンティパストの食い過ぎ注意!』といっても僕はツヤホル煮込みをおかわりしているのだが(笑)とにかくペロ君にはそう言った…。

そしたら…僕らのテーブルの左斜めに『お子さん連れのご家族』が2組いたんだけど、そのご家族のお子さんがアンティパストをワシワシ食べているのをご家族のお父さんが軽く制止し

「おいおいおまえ達…それ食い過ぎると肉までもたなくなるぞ…」

とおっしゃり、そして我々の方を向いて

「ですよね?」

とおっしゃり微笑まれたのだ!

分かるよな?『そちらの警句を引用させてもらいました』という意味での『ですよね?』…『教えてくれてありがとうございます』という意味での微笑み…。

前述した通り僕の警句?は『最初に参加した時の他のお客さんの受け売り』だった訳で『オリジナル』ではない…なのに『先達!ありがとう!!』みたいな目線を頂くとはおこがましい上に気恥ずかしい…。

だからちょっと慌てて

「あ、いや…何か知ったような事を言ってすみません…」

「最初に参加した時に他のお客さんがそう言っていて、実際にアンティパストを食い過ぎたら肉の時点でキツくなったので言っただけで…」

というような事をそのお父さんに言ったら、そのお父さんは僕に向かって

「バーベキューは今回で何回目なんですか?」

と尋ねられ、3回目である旨伝えると

「3回も!私は今回が初めてなんですよ!」

とおっしゃられる。

「自分は『お子さん連れのバーベキュー参加者』を初めて見ました。お子さん料金ってお幾らなんですか?」

と今度はこちらから質問すると、そのお父さんは苦笑して

「分からないんです子供の参加費…東條さん何も言わないんだから…」

とおっしゃる…その言葉の中の『東條さん』の言い方から、そのお父さんが『ペリーニのそれなりの常連さん』である事が分かる…俺クラスにもなると『東條さん』の言い方ひとつで『シェフとの距離感』が分かる…『人間スカウター』と呼びたければ呼ぶがいい…(笑)

ちょっと『Lien』(東十条の魚の旨い居酒屋さん…ぽまいら覚えてる?)にいてくるので今はここで筆を置く…『筆』ゆうてもiPhoneだけどな(締め笑い)



















続く…。

by shousei0000 | 2018-08-25 20:30 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

僕は豚だ! その14。

b0136045_10292508.jpg
TJ(東條シェフの友人間での愛称)はツヤホルを反故になどしていなかった!『豚モツのトマトソース煮込み』としてしっかり出してくれた!!

僕は心の中でTJにジャンピング土下座をし(笑)返す刀でこの『豚モツのトマトソース煮込み』をガツ食いした!

ガツ食いゆうても『鍋ごと食った』とかじゃないよ(笑)当たり前だけどちゃんと取り分けてもらって食いました!

今回のペリーニ アダージオのバーベキューは前2回と違って『配給方式』だった…『配給』という言い方が正しいかは分からないが、『焼き場に並んでお皿に取り分けてもらう方式』だった。

前2回のバーベキューでは『供給方式』だった…これも『供給』という言い方が合っているかは分からないが、『焼き場から中皿に取り分けられた料理が各テーブルに供給されて、それをテーブルの面々で取る方式』だった。

この違いになったのは多分『焼き場がセンターにあったから』…焼き場が会場の中央に設営されたので、そこにお客さん達が集まり自然に『配給方式』になったと思われる。

前2回は焼き場が会場の奥にあったので、各テーブルにお届けする必要があって『供給方式』になったと思われ…って…この説明する必要ある?需要ある?(笑)

わざわざこんな説明(需要ある?←笑)を書いたのは『列ができた』という事を言いたかったから!『ツヤホルの煮込み』の時がそうって訳じゃないけど、配給?を待つお客さん達の列が焼き場にできた。

『列ができた』と書くと何かマイナスな感じに思えるかもしれないけど…そんな事もないよ!

列に並んで配給?を待つのはある種のワクワク感があって中々楽しかった!列絡みで他のお客さんと会話できた瞬間もあった!

その辺の話はまた後で書くとして…とりあえず『ツヤホルのトマトソース煮込み』について書く!

『味』については割愛する!

「そこ割愛してどうするよ!」

「一番書かなきゃいけないのはそれだろうが!」

と憤る人もいると思うけど、それ(味)書くと長くなりそうだし『味』についてうまく説明できないような気がするので(恥)それは割愛する…『今回も旨かった♪』とだけ書いておく…。

『ツヤホルのトマトソース煮込み』が提供された時、僕はそれを早速取り分けてもらって自分達のテーブルに戻り、それをガツガツと喰らって

「嗚呼旨い…やっぱ旨い…『新鮮な臓物なればこそのこの旨さ』だよなぁ…」

としみじみと呟き、傍らにいたペロ君(今回のバーベキューの同行者。職場の飲み仲間ね)に向かって

「おい!ツヤホル来たぞ!ヨーグル豚おぢさんも来た!やっぱ『ツヤホルあってこそのペリーニのバーベキュー』だよなぁー!」

とまくし立てた(笑)

『ツヤホル』や『ヨーグル豚おぢさん』の説明は事前にペロ君にしてはいたけど、ペロ君にしてみれば急すぎる展開に何が何だかよく分からなかっただろうな(笑)

とにかく(笑)ペロ君を引き連れてツヤホルの配給?を受けた!『早くもお代わり』だ(笑)

テーブルに戻ってツヤホル煮込み(略すね)をペロ君と共に喰らう…やっぱしみじみ旨い…。

あまりの旨さに興奮した僕は、同じテーブルに着いている他のお客さんにも吹聴した!

「ツヤホル煮込み来ましたよ!」

「これメッチャ旨いので皆さんも是非召し上がって下さい!!」

と…。

ツヤホル煮込みが作られる事に何ひとつ貢献した訳でもない僕が『是非召し上がって下さい!』と言うのもおかしな話だが(笑)その位興奮していたので『是非召し上がって下さい!』と言った!変な奴だな俺(笑)

電車が職場駅に着いたので今はこれで失礼する…。

















続く…。

by shousei0000 | 2018-08-25 09:30 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

僕は豚だ! その13。

b0136045_20525914.jpg
ヨーグル豚おぢさん(ヨーグル豚協会?の偉い人)が現れた!

上の写真のやつ背負ってやって来た!

ヨーグル豚おぢさんが持参したのは『筍の細いの』…あの頃(5月27日)はおそらくは『旬』であったのだろう…確か『淡竹』(はちく)とか言っていたような…違ったらゴメン…何しろもう三ヶ月近く前の話だから記憶が曖昧でさ…(恥)

『淡竹』で合っているとすれば、今インターネッツ(笑)で検索したんだけど『一般市場にはあまり出回りません』との事…おそらくは『珍しいもの』なのだ…『ヨーグル豚を育てている朝霧高原のある富士宮市に自生していたもの』なのではないか?ヨーグル豚おぢさんが滅多な物を持参する筈がない…。

そういう珍しいもの?を持参されたのだが、僕の興味は当然そこにはなかった…淡竹?を見て

「およよ?何やこの細っこい筍は?」

などと思いはしたが、僕が淡竹?に興味を持つ事はそれ以上はなかった…。

分かるだろう…『ツヤホル』だ…僕が興味を抱くのはただひたすらに『ツヤホル』だ…。

ペリーニ アダージオのバーベキューにヨーグル豚おぢさんが常に持参される抜きたてツヤツヤの豚の内臓…略して『ツヤホル』…僕の中でヨーグル豚おぢさんとツヤホルは『不可分な存在』…『ヨーグル豚おぢさんが来る=ツヤホルがある』『ツヤホルがある=ヨーグル豚おぢさんがいる』といった関係性?なのだ…。

然るに、漸く現れたヨーグル豚おぢさんが手にしていたのは『淡竹』…淡竹でいいのかな?あと確か『そら豆』も持参していたような…。

嬉しい事は嬉しい…それらは多分『富士宮の産物』なのだから…旨いに決まっている…『出張レストラン』とも言うべきペリーニのバーベキューに更に華が添えられるというもの…。

「だが…『ツヤホル』はどうした?」

と僕は思った…ヨーグル豚おぢさんと久闊を叙しながら(ただ挨拶しただけ←笑)僕は思った…。

ヨーグル豚おぢさんが来てくれたのは確かに嬉しい…『顔見知りが少なかった今回のバーベキュー』に顔見知り(ヨーグル豚おぢさん)が遅れて到着された事はマヂで嬉しかった…正直『助かった…』と思った…(僕は人見知りなもんで『顔見知り』が少しでもいてくれた方が助かるのだ…←恥)

だが…極端な言い方をしてしまうと『ヨーグル豚おぢさん=ツヤホル』なのだ…いっくらヨーグル豚おぢさんが来てくれたところで『ツヤホル』が無ければどうしようもないのだ…って何様?(笑)

だから僕はヨーグル豚おぢさん半年振りの再会の挨拶をすると、冷静さを装いながら

「ところで…いつものあの内蔵(ツヤホル)は今回は…」

と切り出した…。

もしもこの時ヨーグル豚おぢさんが

「あ、アレですか?」

「今回は持ってきてないんですよね〜内蔵…だから代わりに淡竹?とそら豆を持参した次第でして…」

と言ったら俺は盛大にブチ切れるつもりだったのだが(冗談wでもちょっとだけホント…←あぶねえな!←呆れ)ホッとした事にヨーグル豚おぢさんは

「あ、内蔵ですか?」

「あれ〜?内蔵は東條シェフに先に渡してある筈なんだけど…料理に出てません?」

とおっしゃった…ブチ切れずに済んだぜ俺ェ〜(笑)

が…しかし…まだ『ブチ切れ要素』が残っていた…その対象は他でもない『東條シェフ』…。

ヨーグル豚おぢさんはツヤホルを事前に東條シェフに渡していた…それなのに『十数種類のアンティパスト』が出揃ったこの時点(そういう時点なんですこの場面…既に乾杯もしていた…そこにヨーグル豚おぢさんが遅れて到着された…)で『ツヤホル料理』はその姿をどこにも見ない…まさか…。

まさかとは思うが、東條シェフは今回のバーベキューにツヤホルを出さないつもりなのか…ヨーグル豚おぢさんが折角用意してくれたツヤホルを『なかったもの』にしてしまうのか…。

僕が最初に参加したバーベキューの際、バーベキューが半ば済んでそれなりに酔っ払っていた東條シェフ(ここからは『シェフ』と略すね)は『生の状態のツヤホル』を前に

「あ〜それはもう好きにやっちゃって〜」

と言った…『私はもう焼きませんよ!』と言った訳…。

その時の記憶が蘇る…まさか…まさかシェフの奴(最早『奴』呼ばわり←笑)またもや『ツヤホル放棄』をする気なのではあるまいか…。

僕は怒った…心の中でTJに憤った…。

『TJ』ゆうのは『東條シェフの愛称』…僕はシェフを『TJ』と呼んだ事はないんだけど(そこまで親しい訳でもないので…ハハ…←含羞)ここでは『呼び捨て』の代わりに『TJ』を使わせてもらう…いかにブログ上とはいえシェフを『東條』と呼び捨てにする事はできない…。

とにかく(笑)僕はTJに怒った…心の中で怒った…。

「TJ…ツヤホル…どうしたんや?ま〜た放棄するのかツヤホルを…」

そんな風に僕は怒っていた…。

ツヤホル(新鮮な内蔵)はシェフであるTJにとっては珍しいものではないのかもしれない…それこそ『放るもん』(ホルモン)なのかもしれない…。

だが…我々にとっては『珍しいもの』なのだ…ボイルしていない生の内蔵は少なくとも僕にとっては『極めて珍しいもの』…。

思い出して欲しい諸君…







































b0136045_08083154.jpg
武蔵村山市にある豚肉の直販店『ぶたの駅』で『生もつで作ったもつ煮込み』がウリになっていた事を…それを知った僕が入間のガソリンスタンド内ドトールで狂喜した事を…(笑)

未読の方は拙ブログ2018年8月5日付記事『大発見!?』に飛んで欲しい…フェルーカRでの朝カフェポタの中、前述の『ぶたの駅』を見出した僕が

「ここ…『ツヤホル』を扱っている店じゃね?」

とワクワクして『ぶたの駅』でググったら果たして上の画面キャプチャーのやつが出て

「やっぱし!」
(ツヤホル扱っていた〜♪)

と狂喜した一部始終を『大発見!?』の中で堪能して欲しい…まあ今書いたからもう当該記事に飛ぶ必要はないのだが…(笑)

豚肉の直販店(ぶたの駅)がわざわざ『生もつで作った煮込みあります!』と謳っている…それはつまり『ツヤホルが貴重で珍しいもの』である事の何よりの証明… 。

というか…わざわざ『ぶたの駅』のエピソードなんか引用しなくても『ヨーグル豚おぢさんが毎回持参される』という事からも『ツヤホルが貴重なもの』である事が分かるではないか…豚肉のプロであるヨーグル豚おぢさんがわざわざツヤホルを持ってくるんだから、それはもう『貴重なもの』に決まっている…でなければ豚肉のプロが毎回それを持ってくる道理がない…。

なのに…それなのに…TJはそれを反故にしたというのか…アンティパストはもうずらっと並んでいるのに『ツヤホル料理』が見当たらない以上そうとしか考えられない…。

「これは…TJに一言言ってやらずばなるまい…」

と思った僕は、後方の焼き場で各種肉を焼いているTJの方に向き直り

「あのう…ツヤホルどうしたんですか?」

「ヨーグル豚おぢさんは『事前にシェフに渡っている筈だよ』と言っているんですけど…そのツヤホル一体どうなっているんですか?」

と口にした…いやしようとした…。

この時点ではまだ『心の中の声』…実際に口に出した訳ではない…。

『心の中の声』は裏返っていた…TJに対する憤りの余り裏返っていた…。

『TJ…ツヤホルどうしたんだよォー!?』という感じ…その位裏返っていた…その位憤っていた…。

そして僕が遂にその『心の中の声』をリアルに口にしようとしたその時…











































b0136045_08343962.jpg
「『豚モツのトマトソース煮込み』お待たせしました〜♪」

というTJの友人と思われる方の触れの声と共に『鍋にたっぷりと入った豚モツのトマトソース煮込み』が運ばれてきた!

事前に作っていて温め直したと思われるそれはグツグツと煮立ちいかにも旨そうである!

「つまり…TJは『ツヤホルを反故にした訳ではなかった』と…そういう事か…」

と悟った僕は、心の中でTJに全力でジャンピング土下座をし(笑)歓声を挙げながら『豚モツのトマトソース煮込み』に飛びついたのだった(締め笑い)


















続く…。
(本シリーズはもう時間が空きすぎたから『端的に』『手短に』いくつもりだったんだけど…中々そうもいかんなぁ…まあこの先はなるべく『端的に』『手短に』いくようにしよう…)

by shousei0000 | 2018-08-24 08:41 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

僕は豚だ! その12(再開!)

b0136045_14411397.jpg
いつ以来の再開か…『7月10日以来の再開』だ…(恥)

てな訳で(軽ゥ〜!←笑)5月27日のペリーニ アダージオのバーベキューの記録である『僕は豚だ!』シリーズを再開致します!

あまりに間が空いてしまったので(恥)前回の記事である『その11』や本シリーズ自体を未読の方については、拙ブログのカテゴリーにある『ペリーニ アダージオ』をクリックなりタップなりすると上の画面キャプチャーのやつが現れるので、そちらから過去記事を追って確認してもらえると助かります…まあ確認する程の内容でもないんですが…(恥)

『ここまでのあらすじ』をざっくりとまとめますと…
















































b0136045_14510318.jpg
>5月27日のペリーニ アダージオのバーベキューが進行し、十数種類のアンティパストが並び開会が迫っても『ヨーグル豚おぢさん』は現れなかった。

>あのおぢさんが現れないと『抜きたてツヤツヤの豚ホルモン』である『ツヤホル』が頂けないので僕は焦った。

という事になる…11話も書いたのにまとめてみると『たったこれだけの話』なのね…(恥)

本シリーズを書き出した時期は『サッカーW杯ロシア大会に於ける日本代表の活躍』と被ったので、それに絡めて『◯大会連続◯度目の参加』といった事にこだわって書いてしまった…むやみに引っ張って頑張って?しまった…って…『それはいつも』か!?(笑)

とにかく(笑)『ヨーグル豚おぢさんがバーベキュー会場に現れない事』から再開させて頂く…。











































b0136045_15034634.jpg
『ヨーグル豚おぢさん』とは前にも書いた通り、静岡県富士宮市の朝霧高原で『ヨーグル豚』と呼ばれている豚を飼育し出荷している団体の『偉い人』である…ペリーニのバーベキューにいつも参加され前述の『ツヤホル』を持ってきてくれる…『上の写真の冊子』もくれる…。

僕は(このシリーズ物では前にも書いたけど一人称は『僕』でいきます)そのツヤホルをいつも楽しみにしているんだけど…この日のバーベキューではその『ヨーグル豚おぢさん』の姿が見えなかった…提供され始めたアンティパストの中に『ツヤホル』の姿?も見えず…。

「今回のバーベキューにはヨーグル豚おぢさん参加されないのか…」

「ヨーグル豚おぢさんが参加されないから『ツヤホルも無し』と…そういう事なのか…」

と僕は激しく焦ったのだが…(それ程までにツヤホルに執着しているんです僕…←意地汚ねえな!←呆れ)
















































b0136045_15152993.jpg
結果から先に言おう…『ヨーグル豚おぢさん』は現れました!

こういうの(上の写真のやつ)を持って現れた!!!


















続く…。
(大して話が進まなかったな…夜勤いてきま〜す…)

by shousei0000 | 2018-08-22 15:16 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

僕は豚だ! その11。

『今次フェルーカ リフレッシュ計画の仕様』が確定した!昨日Bpsさんとこに行って決めてきた!

『魔改造』になった!まあ『魔改造』ゆうのはちょっと違う気がするが『色々と一新』になった!

その辺の話は今日の帰りに『いつものファミレス』で全力ドリンクバー(笑)でもしながら書くとする…『サッカー日本代表のW杯俺的総括』はもう書けないかも分からんね…。

『サッカー日本代表のW杯俺的総括』なんて需要ないからまあいっか?(笑)それを言ったら『フェルーカ リフレッシュ計画の確定した仕様の話』だって需要ないかも分からんが…。

とりあえず今日の仕事帰りにいつものファミレスに寄って何か書く!今日は財布忘れてないからだ〜いじょ〜うぶ〜(笑)

その前にまず『僕は豚だ!』シリーズを続けさせて頂く…。

ヨーグル豚協会の偉い方である『ヨーグル豚おぢさん』が持ってきてくれた『ツヤツヤした前日抜きの豚ホルモン』…即ち『ツヤホル』が昨年6月のバーベキューで焼かれたところから話を再開致します…。














































b0136045_08520637.jpg
という訳で…焼かれた訳です『ツヤホル』が!去年6月のペリーニ アダージオのバーベキューで!!(←倒置www)

新鮮なホルモンは臭みがなく弾力と味わいがあってすこぶる旨かった…と記憶している(笑)

「これは『凄いご馳走』だ!」

と感動した!

ペリーニのバーベキューだから色々ご馳走が出てくるとは思っていたけど(『初参加の時の話』をしているんですよ!覚えてます?)まさかそこで『やきとん』が食えるとは!しかもこんな新鮮なものが!!

僕は『ヨーグル豚おぢさん』に深く感謝をし

「次にバーベキューに参加する事があったら…またこの『ツヤホル』を食べたいなぁ〜♪」

としみじみ思ったのでした…。

そしてその次のバーベキューの時…それは去年10月だったのだが…僕はバーベキュー会場に『ヨーグル豚おぢさん』の姿を見出して狂喜した!

「やった!」

「またあの『ツヤホル』が食べられる!!」

と狂喜した(笑)

「今日は僕も勇気を出して焼いてみようかな〜『ツヤホル』を♪」

などと呟きウキウキしながら『ツヤホルの出番』を待ったのだが(笑)その日のツヤホルは『意外な姿』になってその姿を現した!










































b0136045_09075806.jpg
『こんな姿』で現れた!『トマトソース煮込み』だ!!

『焼き』で食うとばかり思い込んでいたからビックリした!

「やるな〜ツヤホルぅ〜♪」

と一杯褒めてやった(笑)

『鍋で出てきた』という記憶があったが違ったみたい…現地で鉄板で作ったんだったね?この写真見るまで忘れてたわ(笑)

でまあお皿に盛られた姿が…











































b0136045_09132875.jpg
『これ』!

『イタリアン好き』で且つ『ホルモン好き』で且つ『ツヤホルファン』な僕がこれを見て狂喜…というか狂乱したのは言うまでもない(締め笑い)
















続く…。

by shousei0000 | 2018-07-10 09:15 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

僕は豚だ! その10。

今日これから夜勤入り…やっぱ雨でフェルーカの洗車できなかった…_| ̄|〇

朝っぱらから『衝撃のニュース』が飛び込んできて参った…今日は早めに出勤するつもりでいたのにテレビに観入ってしまった…只今普通の時間に出勤ちゆう…(哀)

今日の夜勤のパートナーのうちの一人は昨日僕に金を貸してくれたG上司…『偉大なる上司』→『Great上司』と経て『G上司』と改称した…(笑)

G上司は『べらんめいな口調でまくし立てる女性』だから今夜の夜勤うるさいだろうな…。

昨日金を借りたから

「おうおうおう小生!昨日貸した金の分だけ働けよ!」

「22時も4時も排泄援助ここからここまでやれよー!」

とこき使われるんだろうな…。

まあ言い返すけどね(笑)

「『金を借りた』ゆうても…24時間も借りてないじゃないですかぁー!」

「そんなに排泄援助やったら僕氏んじゃう…」

と…まあ実は仲良しなのよG上司とはね♪(じゃなきゃ金なんか借りない←笑)

今日の投稿では『ツヤホル』について少し振り返らせて頂く。

昨日の投稿に書いた『ツヤホル』…即ち『抜きたてでツヤツヤしたヨーグルト豚の生ホルモン』…いきなり出てきたからよう分からん奴も数多いたであろう…。

『ツヤホル』については初参加バーベキュー時の記録(『BF!』というシリーズ物)に結構書いたけど…あれ読んでない人もいるだろうからな…今一度振り返る…。

二度目のバーベキューの時の記録は『テキーラにやられた事』にウェイトを置いて書いたように覚えているので(恥)『ツヤホル』については多分書いていないと思う…だからこれもまた改めて振り返る…。

あくまでも『ツヤホルの紹介』に過ぎないからサクサクいく…サクサクいくけど…この投稿の中では終わらないだろうなぁ…(夜勤に向かう電車内なので…)

とりあえず…『この写真』からいく…


















































b0136045_14294855.jpg
去年6月のペリーニ アダージオのバーベキュー初参加の際、僕は昨日の投稿で触れた『養豚協会の偉い方』から『この冊子』を頂いたのでした…。

『ヨーグルト状の餌を与えて富士山麓の朝霧高原で丹精込めて育てている』というこだわりの飼育スタイル…それを語ってくれた方の気さくなお人柄…そしてこの冊子のイラストの可愛らしさ…そうした諸々の要素にうたれた僕は、その瞬間その養豚協会の偉い方を拙ブログ上で『ヨーグル豚おぢさん』と表記する事を決意したのでした(笑)











































b0136045_14375790.jpg
ヨーグル豚おぢさんが持参された『ツヤホル』の一部…ツヤツヤしてんだろう〜(笑)

このツヤホルはこの時『調理せず持ち帰り』乃至は『破棄される運命』の直前でした…様々な調理に奮戦しお酒もきこしめした東條シェフがさすがにめんどうくさくなったのか(笑)

「それ(ツヤホル)はもう好きにやっちゃって〜」

とおっしゃり、ご自身では調理しない姿勢を示したのです…。

僕はこの時このツヤホルが『前日に抜いた新鮮なもの』であるとヨーグル豚おぢさんに聞いていたので

「食べたいなぁ…僕このホルモン食べたいなぁ…」

と呟きました…執拗に繰り返し呟きました…(笑)

そしたら『焼きましょう!』と力強く宣言して下さる二人組の男性の方が現れ(惚れますた❤︎)その結果…











































b0136045_14454428.jpg
こうなって…








































b0136045_14462176.jpg
こうなった♪


















続く…。
(時間切れ…夜勤いてきま〜す…)

by shousei0000 | 2018-07-06 14:45 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

僕は豚だ! その9。

『偉大なる上司』が今日僕に金を貸してくれた!

財布を忘れて子犬のようにクンクンと鳴いている僕(そんな可愛いもんかね俺←笑)に金を貸してくれた!!

そんな偉大なる上司(ごますり←笑)のおかげで今日はiPhoneをピッをせずに済んだのだが(ホッ♪)それでルンルン気分(笑)で『いつものファミレス』に寄ったら『満席』で(ガーン!)仕方なく今『いつもの喫茶店』の方に来ている…ここは21時に閉店してしまうから『サッカー日本代表の総括』は書いていられない…あと小一時間では時間的に無理…。

てな訳で『僕は豚だ!』シリーズの続きを書くのだが(説明長いッスか?←長えぇ!←呆れ)朝の投稿末尾に書いた通り、『野菜収穫体験』で『春菊』のくだりに来た時、東條シェフに

「小生さん!ほら、この前お店で召し上がったあの春菊ですよ!!」

と声を掛けて頂いた!

他に数多お客さんがいる中で(今回の参加者は30人位だったかな?)わざわざ僕に向かって

「あの春菊ですよ!」

と声を掛けて下さった!!

これはかなり名誉な事である…正直昂まった…。

えっ?何ですか?

「『行きつけのお店のバーベキュー』で『一応は常連のあんた』が『そのお店のシェフに声を掛けられた』って…別に普通の事では?」

ですって?

それはまあそうなんだけど…少し置き換えて考えてみてくれない?

例えば…『バーベキュー』は沢山の人が群れ集っているから『宮廷』って感じがする…『宮廷』ゆうたらとりあえずやっぱ『ベルサイユ宮殿』が頭に浮かぶ…。

何回バーベキューに参加しても場慣れしなくてオドオドしている僕(恥)は『ベルサイユ宮に伺候慣れのしない下級貴族』という事になる…東條シェフはバーベキューの主催者だから『ベルサイユ宮の権力者』ゆう事になる…分かりやすいところで『マリーアントワネット』に擬す…。

ベルサイユ宮には『鉄の掟』がある…『身分が下の者は上の者に声を掛けてはならない』という掟…下級貴族は上級貴族や王族から声が掛かるまでひたすら待たねばならない…。

これマジね…ぜってー間違いない…漫画『ベルサイユのばら』に描いてあったからぜってー間違いない(笑)

下級貴族は上級貴族や王族から声が掛かるのをひたすらに待つ…でも声が掛かるとは限らない…。

上級貴族や王族はそれぞれの思惑に従って社交をするから『自分に縁もゆかりもない、声を掛けても何の得もない下級貴族』になんか声を掛けない…それどころか『それなりに権力や権威がある存在』でも自分に敵対していたりライバル関係にある者には声を掛けない…乃至は敢えて無視をする…これも漫画『ベルサイユのばら』に描いてあったから間違いない(笑)

そんな陰謀渦巻く宮廷で(ペリーニのバーベキューで)しがない下級貴族が(何度参加しても場慣れしない僕が)マリーアントワネット様に(東條シェフに)声を掛けて頂いた…それがどれだけ凄い事か皆さんにも分かるでしょう?(ベルばら的に←笑)

ここから話は『マリーアントワネットと敵対する事になったデュ・バリー夫人』『デュ・バリー夫人はルイ15世の愛妾ではあるが身分的には決して高くないので、王太子妃であるマリーアントワネットに自分から声を掛ける事ができない。それをいい事にマリーアントワネットは無視を決め込む』『それを口惜しく思ったデュ・バリー夫人は様々な手を使ってマリーアントワネットから声を掛けるように仕向けたのだが…』という流れに移っていく…移っていくつもりだったのだが…何かめんどいし、よく考えてみればそこまで話を膨らませる必要もないから、もうこれでやめておくね(笑)

要するに『ペリーニのバーベキューで東條シェフに声を掛けてもらえた事』は『ベルサイユ宮でマリーアントワネットに声を掛けてもらえた事』と同じ位凄い事なんだよ!分かったかいぽまいら?
いや!分かんねえ!!(呆れ)















































b0136045_20422682.jpg
まだ分かんねえぽまいらには『漫画ベルばら』でその凄さを教えてやる!

マリーアントワネットがデュ・バリー夫人に屈服したあの名シーン!

「今日は…ベルサイユは…大変な人ですこと…」

というこのマリーアントワネットの一言が発されるまでにどれ程の権謀術数が渦巻いた事か…。

史実はこれとはちょっと(凄く?)違ったらしいし、東條シェフと僕との間に敵対関係はなかったんだけど(あったら怖い…)かようにして漫画に置き換える事で『群れ集うバーベキュー参加者の中で敢えて僕に一言声を掛けてくれた事の凄さ』が分かるだろう?

今度こそ分かったなぽまいら♪
結局『デュ・バリー夫人がどうの』って話してんじゃん!
まあな(笑)




































b0136045_20515004.jpg
5月19日にママン(笑)と『一週遅れの母の日』をペリーニでやった時のアンティパスIIIである『丹波黒鶏とホワイトアスパラガスのインボルティーニ』というお料理…これに散らしてある『パリパリした春菊』に僕が唸った事(笑)から全てが始まった…って大袈裟(笑)

でも…これがあったからこそバーベキュー当日の東條シェフからの『マリーアントワネット張りの声掛け』があった訳で(笑)

「何か…物事って色々と繋がっているんだな…」

てな事を想った…それでこの妄想話(笑)を書いた…。

因みに…これを書いちゃうと『今まで書いてきた事何なん!?』と思われちゃうと思うけど…『東條シェフの声掛けはマリーアントワネット張りで云々』とか書いてきたけど…実はそれ程大層なもんではないよ(笑)

東條シェフは僕だけでなく他のお客さんにも『来店時のエピソード絡みの声掛け』をしていたから『マリーアントワネットがどうの』ゆう話でもないんだよ実は(笑)
だったら何で書く!?
いや…『思い付いついちゃったから』さ…(含羞)






































b0136045_21295520.jpg
停まっていた時間を動かそう!
(停滞していた話を進めよう←笑)

『野菜収穫体験』から戻って、設営する人々の間を右往左往して(つまり何もやらなくて…つかできなくて…←恥)そして団長さん(覚えてます?)から

「とりあえず…席確保しちゃいましょうか?」

と言われて喜悦してと(笑)まあ色々あったんですが、そんなこんなしているうちにズラーッと並びましたよ『十数種類のアンティパスト』が!(上の写真ね)

上の写真に写っているだけで『12皿』…これに『畑の野菜のサラダ』と他にも幾つかあったから『十数種類のアンティパスト』とは伊達じゃない…全く以って伊達じゃない…。

『いよいよバーベキューが始まる!』という雰囲気に皆がワクワクしていたんですが…その中に一人だけ『哀しみの色を湛えていた人物』がいた…『僕』である…。

その『哀しみの色』とは何かというと…『ヨーグル豚おぢさんがいない…』というもの…。

『ヨーグル豚おぢさん』とは『ヨーグルト状の餌を与えて育てた豚であるヨーグル豚』というブランドの偉い方で、過去2回のバーベキューではいずれも顔を合わせていた方である…因みに『ヨーグル豚』は『よーぐるとん』と読む…。

ある意味『営業で来ている』のだが(ヨーグル豚の冊子をくれる)気さくで僕のようなおやぢ(恥)にも色々お話しして下さる有難い方である…その感謝の想いを込めて最初のバーベキューの時から『ヨーグル豚おぢさん』と呼ばせてもらっている…(拙ブログ上限定でね←笑)

『野菜収穫体験』の時『ヨーグル豚おぢさん』はいなかった…。

『設営』を経て『アンティパスト群開示』の流れになっても『ヨーグル豚おぢさん』は姿を現さなかった…。

「そんな…『ヨーグル豚おぢさん』来ないのか『ヨーグル豚おぢさん』…」

僕は哀しみを瞳に湛えて呟いた…『バーベキューの知己』とも言うべきあのお方が来ないとバーベキューが寂しくなる…。

えっ?何ですか?

「ふう〜ん…あんた…案外意外といいとこあんのね…」

「過去のバーベキューでそれなりに友達作って、その友達である『ヨーグル豚おぢさん』とやらがいなくて寂しいと…そういう事なのね…」

ですって?

まあ『それ』もある…『ヨーグル豚おぢさん』を『友達』と言うのはちょっと違うのだが(そこまで踏み込めないし、第一あちらの方が多分多少は年上な筈…)二度の参加時共色々話してくれたし(これはマジ!)養豚協会の人だからその方面の話も色々伺えて有意義だったけど(これもマジ!)ここで僕が言う『寂しさ』というのはそうした事とはちょっと違う…。

ズバリ言う…『ツヤホルの無い寂しさ』だ…あのツヤホルがなくて何のバーベキューか…。

『ツヤホル』ゆうのは『ツヤツヤした抜きたての豚ホルモン』の事…略して『ツヤホル』…ワイの造語や(笑)

『ヨーグル豚おぢさん』は養豚協会の偉い方だから(本当に偉い方!)このバーベキューに『豚肉』を持参する…『ヨーグル豚の豚肉』を持参する…。

そして…『ツヤホル』も持参する…これは多分『おまけ』なんだけど、無類のホルモン好きである僕(笑)から見ればこれは『おまけ』ではなくて『本線』…ぶっちゃけ『ツヤホル目当てでバーベキューに参加しているフシ』もある…(笑)

最初のバーベキュー…『ツヤホル』はあやうく『調理せずお持ち帰り』『乃至は破棄』となるところだったんだけど、あまりに旨そうで僕がしつこく

「食べたいなぁ…このホルモン食べたいなぁ…」

と言ったのと(笑)それを聞いて

「焼きましょう!」

と言ってくれた二人組の男性の方がいたのと(感謝である!)そして何より『ヨーグル豚おぢさん』がいた事から、その『ツヤホル』は無事焼かれて僕他のお腹の中に収まったのだった…(笑)

二度目のバーベキュー…その時『ツヤホル』は『トマトソース煮込み』になってその雄姿を現した…。

『トリッパ』(牛ハチノスのトマトソース煮込み)に見られるように『内臓のトマトソース煮込み』はイタリアンには決して珍しくない料理…でもこの時の僕は『ツヤホル』が『焼き』になると思い込んでいたので(前回がそうだったもんで)鍋にたっぷりと満たされた『ツヤホルのトマトソース煮込み』を見て『ウヲ!』と思った(笑)

「今回はそういう風にくるかツヤホル〜♪」

と欣喜雀躍とした(笑)

そして今回…物語の今の時点まで『ヨーグル豚おぢさん』がいない…当然の事ながら『ツヤホル』も無い…。

「『ツヤホルの無いペリーニのバーベキュー』なんて…_| ̄|〇」

と全俺が哀しみの色に包まれた…。
そっちかよ!
『ヨーグル豚おぢさんがいなくて寂しい』じゃなくて『ツヤホルが無くて寂しい』かよ!?(締め呆れ)
















続く…。
(いつもの喫茶店閉店…からの〜狭山市駅着!アパートに帰ります…明日フェルーカの洗車ちょっと無理そう…←締め哀)

by shousei0000 | 2018-07-05 22:17 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

僕は豚だ! その8。

サッカーW杯日本代表、決勝トーナメント緒戦ベルギー戦に負けて『史上初のベスト8入りは成らず』だったな…これについてはまた夜にでも書く…。

と思っていたら…財布忘れた…昨日休みで通勤リュックから出した財布を通勤リュックに入れ直すの忘れた…今日の通勤終わりで『いつものファミレス』に寄れん…_| ̄|〇

一応iPhoneにクレカ仕込んであるからそれが使えれば寄れるのだが…いつのもファミレス(笑)はあのiPhoneをピッとかざすやつ(何て呼び方か忘れた…)対応してたかな…仮にそこで対応していたとしてもBB(狭山市駅駅ナカスーパー)はどうだったかな…確か前にダメだったような記憶が…。

いつものファミレス(笑)でiPhoneピッ(笑)ができたら夜の投稿で『日本代表の総括』をやろう…かなぁ?(笑)

『俺の代表総括』なんて需要無いと思うけど(恥)『インターネッツ(笑)でボロクソ叩かれていた頃に抱いた想い』を含めて自分の中で総括しておきたいのよ…まあ今夜書くかは分からないが…(まずファミレスに寄れるか…ですね←笑)

『フェルーカ リフレッシュ計画の実施日』が決まった…今週末か来週頭辺り…『実施日が決まった』と書いた割にはざっくりとした表記だな(笑)

一昨日BPSさんからTwitterで連絡がきて(でいいのかな?)『いつでもどうぞ』という事だったんだけど、一昨々日の夜勤入り時風邪残りでフェルーカの洗車を回避したので(痰絡みの咳が結構出ていたのだよ)『こちらの準備』がまだできていない…因みに昨日の休みも『痰絡みの咳』でフェルーカの洗車もサイクリングも回避した…。

風邪は『あとは咳だけ』という感じで明日の夜勤入りならフェルーカの洗車ができそうなんだけど…明日雨かもしんない…その場合はできない…その場合フェルーカをBpsさんとこに持ち込むのが更に遅れる…。

このオーバーホール&プチ改装(フェルーカ リフレッシュ計画)は別に急がないんだけど、折角企図した計画だから早くその姿になったフェルーカを見たいし乗りたいし(急いでまんがな!←呆れ)そこで幾らかかるかによって今後の身の振りも決まってくるから(『Bpsさんからの提案』を受諾できるか否か…まあ多分受諾するけど…←笑)早く済ませておきたいところではある…って…『やっぱ急いでる』な?(笑)

といった前置き(笑)はここまでにして…








































b0136045_08521858.jpg
『本篇』をいく…『野菜収穫体験の話』はもういい加減終わらせるよ!(笑)

『ボランチの長谷部さん』だか『アームストロング船長』だか張りの人物(僕←笑)のおかげで『野菜収穫体験』は順調に進み(『僕のおかげ』と言ってもただ最初の一歩を踏み出しただけ←笑)かような収穫が得られました!(上の写真観て!)

これを基に東條シェフはサラダを作られる…一部は他の料理にも使われる…。

この野菜収穫体験の中で『春菊のくだり』というのがあった。

『畑のおいちゃん』が春菊の説明をしたところでシェフが僕に声を掛けてくれたのだ!

「小生さん!」

「ほら、その春菊、先日お店で召し上がったやつですよ!」

と…。

それはママン(笑)とペリーニに行った時アンティパストのうちの一品のそのまた一品として頂いたものを指すのだが…そのエピソードを『沢山の人で賑わうバーベキューの中でわざわざ言ってくれた事』が嬉しかった…何か感動した…。

その感動についてもう少し書きたいので夜の投稿はそっちを書こうかな?(笑)『日本代表の総括』はまた今度でいっか?(笑)

まあ何よりまず『いつものファミレスに寄れるか』だけどな…(締めプチ鬱)


















続く…。

by shousei0000 | 2018-07-05 09:05 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

僕は豚だ! その7。

b0136045_14130392.jpg
かくしてゲーム(野菜収穫体験←笑)は動き出した…。

ベテラン(三大会連続三度目の出場の僕←笑)が範を示す事でビギナー(初参加が多かった今回の面々←笑)も動き出し、ゲーム(くどいようだが野菜収穫体験←笑)が順調に流れ出した…。

その光景を見たベテランはフウと溜息をつき、再度全体を俯瞰して

「足が地に着いてきたみたいだなボーイズ…」

「慌てず焦らずいつもの練習の時のようにやればいいんだからな…」

と心の中で声を掛けたのでした…。
W杯みたいに書くのはもういい加減やめろ!(呆れ)
















































b0136045_14225956.jpg
てな訳で…前回からの続きです(笑)

『初参加の方が多かった関係で野菜収穫体験の最初は皆が遠慮して誰も獲り出さなかったので、小生が最初の一歩を踏み出して収穫を始めた』というところからの続きです(笑)

改めて書くとそれだけの話…別に僕が『攻守の要であるボランチ的位置にいて』『全体を見渡しつつゲームをコントロールして』『その様が日本代表のボランチでありキャプテンでもある長谷部選手のようであった』という訳ではありません…(何じゃそりゃーッ!←呆れ)

ただ…このキャプテンが(おい!←また呆れ)最初の一歩…それは具体的に言うと『新玉葱を収穫する事』だった…を踏み出した事で、周りで多少遠慮されていた初参加のお客さん達も

「あ、そか、やっていいんだ!」

という感じになり、その後は『畑のおいちゃん』の指示と指導の元『野菜収穫体験』は順調に進んでいったのでした。

上の写真はその野菜収穫体験の時の物…『件の新玉葱』が写っている…。

『この新玉葱は普通の新玉葱に過ぎないが、ペリーニのバーベキュー進行にとっては偉大な一歩であった』

と…アームストロング船長辺りだったらそんな風に言うのかもしれません…(今度は『アームストロング船長』かよ!←笑)

でも…実はこの新玉葱『新玉葱としてだけ』でも大変な品だったのよ!『超〜巨大新玉葱』で全俺がビックリしたぁ〜(締め笑い)














続く…。
(夜勤いてきま〜す…今日はW杯日本代表戦観れん…時間的にぜってー無理…←締め哀)

by shousei0000 | 2018-07-02 14:45 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

僕は豚だ! その6。

b0136045_07224985.jpg
よく晴れた空…所々に白い雲…。

この地域の名物であるという『◯◯凧』なるものが宙を舞い(凧の名前具体的に聞いたけど忘れた…この写真にもひとつ写っている…)遠くに丹沢山系?が見える…(『丹沢』で合っているのかな?)

そんな麗らかなロケーションの元『畑の野菜収穫体験』が行われ、参加していたお子さん達のはしゃぐ様子が微笑ましく、大人達はそれに目を細め互いに笑みを交わしあったのだった…。

そんな光景をよそに…












































b0136045_07330718.jpg
僕はガツガツと野菜を獲っていた(笑)

いや…僕だって『お子さん達可愛らしいな♪』と思いましたよ…ペロ君とアイコンタクトして笑みを交わしましたよ…和やかな大人達の様子を見て

「野菜収穫体験でのこの雰囲気は初めてだな♪」

と思ったりしましたよ…それは本当…。

でも…それはそれとして野菜は獲りましたよ!ガツ獲りしましたよ!!

だって、畑のおいちゃん(東條シェフと共同でこの畑をやっている男性)が色々説明して

「さぁ…この野菜はどなたが獲られます?」

と言っても参加者の皆は一瞬躊躇されるんだもん…『譲り合う』というか…。

前にちょっと書きましたが、今回のバーベキューは『初めて参加される方』が多かった…それ故この野菜収穫体験も勿論多くの方が初めての場だった…。

それ故皆さん前に出る事を一瞬躊躇されたのだと思いますが、僕は三大会連続三度目の出場(W杯を意識してのこの書き方よ←笑)だったので野菜収穫体験の雰囲気をある程度把握していて、それ故割と気軽に

「あ…それ僕やります!」

と前に出る事ができたんです…畑のおいちゃんとも互いに互いを認識しあう関係であったし…(3回も参加していれば顔位覚えられますわな←笑)

『野菜を獲らないとバーベキューが始まらない…』と思うハラもありました…誰かが動き出さないと他の皆も一歩を踏み出せない…。

そんな想いで、ちょっと出しゃばりかな〜とは思ったんですが『最初の一歩』は僕が踏み出しました。

『ベテランの経験』が活きるのはW杯もペリーニのバーベキューも一緒なんですね♪
それ程の事か!?(締め呆れ)














続く…。

by shousei0000 | 2018-07-01 07:56 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)