カテゴリ:ペリーニ アダージオ( 191 )

『あの日の選択』を悔いる…その21。

b0136045_15264150.jpg
今朝の投稿で俺

別の武将が正攻法で忍城軍の兵士30余を討ち取りその報告を秀吉に書簡で送ったところ『それより水攻めしろよ!』と叱った?返信が届いたそうな…。

と書いたじゃん?『その出典』がこれ…この説明書きは『石田堤史跡公園』の『アミューズメントな部分』にあった…。

『浅野長吉』なる武将に秀吉が宛てた書簡だそうな…これの他に『光成(わざと誤記しております←笑)に宛てた書簡』の説明書きもあった…。

この写真では例によって文章が読めないと思うので(笑)『原文の部分』と『訳文他解説の部分』をそれぞれ拡大して掲載する。

因みに…今朝の投稿で俺

>この前挙げた『説明書きの写真』文章読めないじゃん…_| ̄|〇

というような事を書いたけど、改めて見返したら『読めない事もない』じゃん…読めないと思った時は『周りが暗い』『メガネをしている』という状態だったから『読めね…』と感じたようだ…俺ももう五十やさかい『バリバリの老眼』なんでね…(哀)

それはともかく…









































b0136045_15393132.jpg
こちらがその『訳文他解説』ね…これは読めるだろう?(笑)

そして次に挙げるのが…













































b0136045_15404674.jpg
これ…これは『原文』になる。

しっかしさぁ…この『秀吉と長吉のやり取り』ってホント怖いよな…この書簡だけならそうでもないのかもしれないが(俺は『候文』が読めないからよく分からない…←恥)『想像』で補完するとすんげえ怖いよな…まあ『想像』ゆうより『妄想』なのだが…(笑)

以下『俺の想像』(妄想←笑)を書く…『秀吉と長吉がLINEでやり取りしている』という感じで読んで欲しい…(笑)

<長吉>

秀吉様!俺忍城の戦いで敵を30余人殺りましたゼ!ドヤ?なんちゃって(笑)

<秀吉>

は?おめ何してくれてんの!?

<長吉>

え?何かまずかったッスかね…。

<秀吉>

まずいも何も『水攻め』だろうが!『忍城の戦いは水攻め』って俺言ったよね?

<長吉>

あ“…。

<秀吉>

いや!『あ”…』じゃねえよ!おめ俺の言う事聞けねえの!?

<長吉>

いえ…そういう訳じゃあ…(滝汗)

<秀吉>

『滝汗』とか書けば許されると思ってんの?あんまりふざけてるとおめえも『水責め』にすんぞ!顔に布当てて水を少しずつ垂らすとメッチャ苦しいんだぞ!呼吸しようとしても鼻からも口からも水が入ってきて『陸にいるのに溺れ死に』みたいになるんだぞ!それやられたいんかいゴラーッ!!

<長吉>

すっ、すみません…その『水責め』とやらだけは何卒勘弁でオナシャス…_| ̄|〇

<秀吉>

だったら『水攻め』ちゃんとしる!!!

…とまあこんな具合じゃないかなぁ『秀吉と長吉のやり取り』…。

秀吉が怖すぎて氏ねる…_| ̄|〇
くだらん妄想乙!!!(締め呆れ)


















続く…。
(本当は『アミューズメントな部分にあった絵』を使って『忍城水攻めの話』を書きたかったんだけど…窓から見える雲行きが怪しいからもう帰る…帰って鍋でも食いながら『のぼうの城』観ます☆)

by shousei0000 | 2018-11-19 16:04 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

『あの日の選択』を悔いる…その20。

b0136045_11115161.jpg
一昨日の投稿の末尾にこの『石田堤についての説明書きの写真』を載せ

>自習しておくように!

というような事を書いた訳だが…後でiPhoneで見返してみたら『この写真の文章読めない』じゃん…拡大しても字がボヤーッとするだけで読めないじゃん…_| ̄|〇

パソコンでも見てみたけどやはり読めない…字がボヤーッとしていて細かい内容の把握までは無理…_| ̄|〇

読めもしないテキスト?を示して『自習しておくように!』とは何たるミス…みんなに悪い事をしたと先生とっても反省している…。
誰が『先生』やねん!?(呆れ)












































b0136045_11212291.jpg
読めないテキスト(恥)ではしょうがないので、先生(しつこい?←笑)ちょっと補足する事にする!

上の写真の文章に書かれている事をまとめ多少加筆すると以下の通りになる。

①1590年4月から7月にかけて『豊臣秀吉の小田原攻め』が行われた。その戦いの一戦場に『忍城水攻め』があった。

②攻撃側の主将はあの石田光成!(わざと誤記しております←笑)守備側の主将は急遽その任に就く事になったという成田長親なる者!因みに、映画乃至は小説の『のぼうの城』では成田長親の事を『でくのぼうだけど憎めない殿様』という事から『のぼう様』と呼んでいるけど、歴史的史料にはその『のぼう様』なる記述はないそうな(『フィクション』って事ね)

③光成(わざと誤記しております←笑)が率いる攻撃軍の兵力は2万!対する忍城の防衛軍は城に逃げ込んだ百姓、町人、女子供らに雑兵も加えて二千七百!因みに、前述の『のぼうの城』(映画のほうね)では忍城側の兵力を『五百』とし『二万対五百!?』という宣伝を打っていたようだが、何かのサイトで読んだ記憶によると、この『五百』というのは『主力になる武士団の数』であり、それに指揮される雑兵他をカウントするとその兵力は大体『二千程度』にはなったらしい。それでもまあ『10:1の兵力比』になる…『攻撃3倍の法則』どころじゃねえなこりゃ…((((;゚Д゚)))))))

④それだけの兵力差があったにも関わらず正攻法を採らず水攻めを行ったのは『秀吉の意向』だったらしい。その証拠に秀吉から光成(わざと誤記しております←笑)に宛てた『水攻めしっかりやれよ!』と記した書簡が存在するそうな。あと…別の武将が正攻法で忍城軍の兵士30余を討ち取りその報告を秀吉に書簡で送ったところ『それより水攻めしろよ!』と叱った?返信が届いたそうな…。そんなレス超上司(秀吉)から貰ったら俺ならガクブルだな…秀吉はんやっぱコエ━━━━((((;゚Д゚)))))))━━━━!!

⑤1590年6月初旬に忍城外縁に到達した光成(わざと誤記しております←笑)は高地である『丸墓山古墳』を本陣として忍城を俯瞰し、水攻めの為の堤作りの指揮をする。因みに…俺は以前拙ブログに『丸墓山古墳って…要は『お墓』だよ!』『その墓に陣を敷くとか光成はん(本当は『三成』なのは知っています!←強調)メチャメチャやるなぁ…』と書いたのだが、この『古墳跡に陣を敷く』というのは日本の合戦史に於いては特に珍しい事ではなかったらしい…まあそうだよな『高地』なんだから…。光成はん(『三成だろ!?』とのツッコミは無用…←恥)は別にメチャメチャやってなかった…謹んでお詫びし訂正致します…(恥)

⑥かようにして『石田堤』が作られ『忍城水攻め』が行われたのだが、様々な問題から(後述します)この水攻めはうまくいかず、逆に『溜めた水が攻撃軍側に逆流する』というアクシデントもあり(後述します)忍城が開城したのは小田原城の北条氏が降伏した7月5日よりも後の7月16日になった。

⑦本城(小田原城)陥落までに支城(忍城)を陥とせなかった事から、光成(わざと誤記しております←笑)は『戦下手』と言われその評価を落としたそうな…カワイソス…。逆に忍城は『本城陥落後も持ちこたえた城』『水攻めされても沈まなかった城』という事から『浮城』と呼ばれ評価を上げたそうな。その伝説が回り回って、約四百年後に小説『のぼうの城』が書かれ映画『のぼうの城』も作られ、そして俺が今このブログを書いていると…まあそういう事になるのかな?(笑)

…以上『石田堤と忍城水攻め』について書かれた案内板の内容をちょい加筆しながらまとめてみました!

って…『ちょい加筆』ではないな…『メチャ加筆』だな…案内板の文字が読めなかった為にえらい事になってしまった…何で読めるように写真撮らなかったんだよ10月7日の俺ェ…_| ̄|〇

今日は休みで天気も良いんだけど…昨日の夜勤明けから腰が痛いので『サイクリングはお休み』にする…これから行きつけの接骨院(笑)に行き各種施術を受けてくる…。

前回行きつけの接骨院(笑)に行ってから1ヶ月以上過ぎてしまった…だから『初診料』がかかる…これが高いんだ…『三千円』とかする…。

それ(初診料の再支払い)を避ける為に俺は月に一度は行きつけの接骨院(笑)に行くようにしていたんだけど、先日『1ヶ月経過の最後の日の夜』に行きつけの接骨院(笑)に行ってみたら『本日の診察は終了しました』の札が…『何でや!まだ診察時間やろうが!!』と絶叫した…。

でもすぐに理由が分かった…『土曜日だったから』…土曜は15時までの診察だから夜に行ってもやってる筈がない…。

シフト勤務で仕事していると曜日の感覚がなくなるのよ…その日は夜勤明けだったから尚更…。

夜勤明けで狭山市駅に戻ってきた時行きつけの接骨院(笑)に寄ろうと思ったんだけど、明けでかったるかったから

「夜でいいんじゃね?」

と思ってアパートに帰って一杯やって寝ちまった…そして夜になって出直したら『前述の大悲劇』…何で昼間に寄らなかったんだよあの日の俺ェ…_| ̄|〇

とにかくこれから行きつけの接骨院(笑)にいてくる…『三千円』は超〜痛いけど(哀)それより腰が痛いから(笑)とりあえずいてくる…そしてその後『入間の湯』(スーパー銭湯)にでも行って腰温めてくる…そうすれば多少は走行距離稼げるからね(笑)

明日も休みだからとりあえず今日は『安静日』とする…『入間の湯』に行った後ブログちょっと書けたらいいな(笑)

明日の休みにサイクリングするかは『今日の腰の調子次第』となる…明日は少しでも走れたらいいな…今の感じなら明日はいけそうな気がするんだけど…どうなのかな?

ほんじゃ〜これから行きつけの接骨院(笑)にいてきます…(締め哀)















続く…。

by shousei0000 | 2018-11-19 09:56 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

『あの日の選択』を悔いる…その19。

b0136045_14463770.jpg
『石田堤史跡公園』の『修復ゾーン』について続ける…上の写真は『修復された石田堤』を遠めから撮ったもの…。

堤が切れているところに『窓のようなもの』が見える…そこに何が展示されているのか俺は気になった…。

それでそこに近付いてみたんですが…



















































b0136045_14513219.jpg
『分からん』…この窓みたいなところに何が展示されているのか分からん…。

『石田堤が築かれた時代の武具や工具』『その時代の生活関連品』といったものが展示されているのかと思っていたんですが、近付いてみると窓の中は『真っ暗』…何も見えん…俺の姿や背後の景色がただ虚しく映っているだけ…。

しゃ〜ないので…














































b0136045_14572981.jpg
何となくピースサインしてみたぞい(笑)

げちゃん(AKB48の柏木由紀さん)直伝の『目の横でピースサインするとアイドルっぽく見えるの術』で決めてみたぞい(笑)

かようにまるで鏡のような『謎の展示』でしたが、傍らにあった説明書きを見て俺は初めて『あ…なる…』…という気持ちになった。

『あ…なる…』ゆうのは『あ…なるほど…』という言葉の略…『アナル』ではない…(笑)

それでは何がどうアナル…ではなくて『あ…なる…』であったかというと…(笑)




















































b0136045_15045014.jpg
こうアナル…ではなくて!『あ…なる…』だった…あの謎窓は『地層展示の為の窓』だったのだ…。

昨日から紹介している石田堤は『修復ゾーン』の石田堤…まあ『レプリカ』だ…『本物』ではない…。

でも位置としては確かに『かつて石田堤があった場所』で、故に『その地層断面』には歴史的価値がある…『かつて石田堤が作られた時の痕跡』がそこにはある…。

それでまあ『ああいう窓』が作られた訳ですね…上にその説明書きを載せておいたから軽く読んでくれよなぽまいら…。

てな訳で…


















































b0136045_15124680.jpg
『この窓が存在する理由の説明』はおしまい(笑)

『貴重な地層断面資料』なんだろうけど、ぱっと見『窓の中には何もない』『ただ暗くて俺の姿や背後の景色が映るのみ』だったので、俺にとっては『げちゃん直伝の目の横でピースサインするとアイドルっぽく見えるポーズを映す鏡』としか思えませんでしたね(笑)

それでまあこの後『公園的なところ』に移動したんですが…




















































b0136045_15220064.jpg
そちらに話を移す前に『この説明書き』に目を通して欲しい…『石田堤についての説明書き』の中でこれが一番よく書けていたから…『忍城水攻めと石田堤の関係』について最もよく書けている…しっかりと目を通して欲しい…。

お前達がちゃんと理解するまで暫し『自習の時間』とする…(夜勤いてきま〜す…)




















続く…。

by shousei0000 | 2018-11-17 15:23 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

『あの日の選択』を悔いる…その18。

b0136045_21590780.jpg
いきなり再開する(笑)

そして…遂に今回話が動く(笑)

写真を見てくれ!もうあの『高架下の櫓や米俵みたいのが積んである写真』は載せないゼ(笑)

『石田堤史跡公園の案内図』だ!その案内図を拡大したつもりだったんだけど、ブログに貼ってみたらあんま拡大されとらんな…ぽまいらのデバイスではこの図それなりに見えとるのかな…。

見えとる前提で続けるけど(笑)図の真ん中の『シンボルモニュメント』ゆうのが『今まで何度も同じ写真を挙げてきたアレ』で(すみませんでした…←陳謝)右手の緑地が『公園的なもの』で、左手の緑地?は拙ブログでは初の登場になるけど『堤修復ゾーン』となる…文字通り『石田堤を修復したゾーン』…。

俺はあの日(10月7日…もう1ヶ月以上前だ…)このゾーンを見て

「おお!これがかの『石田堤』!」

「これだけちゃんと残っているところがあったんだな〜♪」

と感動したんだけど、後になって『修復ゾーン』と知りガクッとなった…案内図にちゃんと書いてあった訳だけど見逃していた…(恥)

その『修復ゾーン』を早速だけど紹介しよう!















































b0136045_22164148.jpg
これやで『修復ゾーン』!『それなりに堤しとる』だろう?

俺はこれを見て

「おお!」

と感動したんだけど、実は『修復ゾーン』だった…後でそれを知りガクッとなった…ってそれもうさっき書いたよね?(笑)

『堤の高さ』を分かりやすくする為に撮った写真が…













































b0136045_22233321.jpg
『これ』!アクアはタバコの箱か!?(笑)

対比物としてアクアを入れたから(タバコの箱的な存在←笑)『堤の高さ』が分かりやすくなったでしょう?帰りがけにわざわざ撮ったんだからありがたく見てくれよな(笑)

ご覧の通りそれ程高い堤ではない…でも『この堤で水を堰き止めて忍城を水攻めにする』という為のものだから『この位の高さ』でいいのかも…。

今度は『上からの写真』を載せようかな♪











































b0136045_22294496.jpg
『上からの写真』はこんなん…繰り返しになるけどそれ程高くはない…でも低くもない…。

「あの石田光成(わざと誤記しております←笑)もこんな風にこの堤に登って視察したのかもな…」

なんて思ってちょっと感動したんだけど、あの石田光成(わざと誤記しております←笑)は少なくとも『この堤』には登っていないだろうな…何せ『修復ゾーン』だからな…登っている筈がない…俺の感度を返せ…(哀)

で…











































b0136045_22342598.jpg
『こんな写真』もあるよ!これは『堤の上』な!

この時点では俺はこの堤を『本物』と思っていたから写真を撮る事撮る事ォ〜(締め笑い)




















続く…。
(狭山市駅に着きました…今夜これからか明日自炊をして『それっぽい飯』を食う…まあ結局は『鍋』なのだが…アパートに帰って『ぼっちの動画』観まぁす☆←再締め笑い)

by shousei0000 | 2018-11-16 22:37 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

『あの日の選択』を悔いる…その17。

b0136045_14401010.jpg
『アミューズメントな部分』を皮切りに『俺の石田堤史跡公園探索』が始まった!

同じ頃合いにおよそ100Km程度南西の地『アグリパーク伊勢原』では『ペリーニ アダージオの秋のバーベキュー』が開催されていた…2つのドラマが距離を隔てた地で同時に進行していた…って大袈裟(笑)

上の写真の場所を『アミューズメントな部分』としたのは『2つの音声ガイダンス』が故…『普通の音声ガイダンス』は普通に聴けるが(変な言い方←)『特別な音声ガイダンス』は『あるやり方』を踏まないと聴く事ができない…そんなところに『アミューズメントさ』を感じて俺はここを『アミューズメントな部分』と名付けた…。

その『アミューズメントな説明』が…







































b0136045_14493191.jpg
『これ』…説明文のふたつめに

>(音声ガイダンスの)もうひとつは秘密です。
>ヒントは公園内のあずまやにあるよ。

とある…更に続けて

>ところで、この声、どこかで聞いた事があるぞ。

ともある…おそらくは石田光成(わざと誤記しております←笑)を演じる声優さんか俳優さんが『誰もが知る有名人』という事…一体誰なのか…。

その答えは…



















































b0136045_14493212.jpg
『分からない』…_| ̄|〇

光成(誤記しているのはわざとだからね!←強調←笑)を演じている人の名前が『大和田』のとこれで捲れていて『大和田何さん』かが分からない…。

「大和田…獏さんかな?」

と俺は思ったが『大和田獏』ってこういう場所のこういう案内板に

>ところで、この声、どこかで聞いた事があるぞ。

と書かれるような存在なのか…子供とかが聴いて

「あっ!この声!大和田獏ぅー!?」

と歓声を挙げるような存在なのか…俺にはちょっとピンとこない…。

「『公園エリアのあずまや』か…」

「そこに行ってまずは『ヒント』を得るか…」

と俺は思ったんですが、その『公園エリアのあずまやの話』にいく前にもうちょっと『アミューズメントな部分の話』が続くんじゃぞい(←ドラゴボwww)



















続く…(夜勤いてきま〜す…)

by shousei0000 | 2018-11-13 15:08 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

『あの日の選択』を悔いる…その16。

b0136045_05225322.jpg
『石田堤史跡公園のターン』をいく…この案内板には『1590年に行われた豊臣秀吉による小田原攻め』について書かれている…。

右にある図はこれまで何度も挙げた『小田原包囲網』の図…圧倒的な包囲っ振りに俺が溜息をついた事ももう何度も書いた…(恥)

ここから読み始める人もいるかもなのでもう一度書いておく…このシリーズ物は『10月7日に行った石田堤史跡公園サイクリング』と『同日に神奈川で開催されたペリーニ アダージオの秋のバーベキュー』を対比する形で進行する…。

ペリーニの秋のバーベキューに独りで参加するのが不安でそれから逃げた俺…この行動を拙ブログでは『ぼっち回避』と称している…。

そのぼっち回避(恥)の結果10月7日は『普通の休日』になり、いつものように?サイクリングに出掛けた俺は様々な事情から『予定していなかった石田堤史跡公園サイクリング』をする事になったんだけど、その『石田堤史跡公園』が思っていたより千倍位良くて(笑)それでそれなりに満足して帰宅した…でも後日ぼっち回避(恥)したペリーニのバーベキューで『東條シェフ渾身の牛タンカレー』と『それに合わせて頂くジャンバラヤ』が出たと知り悔し泣きする事になった…。

「ぼっち回避なんかせずに行けばよかった…」

と…。

この結果、当初普通に綴ろうと思っていた『石田堤史跡公園サイクリング』を『石田堤史跡公園サイクリングとペリーニの秋のバーベキューを対比するで綴る』という形に変更した…。

『あの日石田堤史跡公園で俺はこんな行動をとっていた』
『一方その頃ペリーニのバーベキューではこんな事が行われていた』

てな形での対比…『二元同時中継的な流れ』とでもいうべきか…意味分かるよな『ここから読み始められた人』よ…(笑)

秋のバーベキューの写真はないので(参加していないので当然持っていない)『春のバーベキューの写真』を使っている…ついでに『未完に終わった春のバーベキューの話』を補完的に述べさせてもらっている…そんな事もしているから本シリーズも既に『その16』にまでなった…(哀)

今は『石田堤史跡公園のターン』…ここから暫くの間『石田堤史跡公園での俺の行動や感情』について記していく…。

『石田堤史跡公園』は『アミューズメントな部分』と『公園な部分』に分かれている…上に挙げた案内板は『公園な部分』にあった…。

時間を少し戻して『アミューズメントな部分』について書く…『アミューズメントな部分の全景』が…









































b0136045_05540945.jpg
『これ』…この画像載せたのもう何度目かね?(笑)

写真に写っている櫓みたいのの下に立つと『石田堤についての音声ガイダンス』が流れる…後でまた触れるけど『正規の音声ガイダンス以外のちょっとしたお楽しみ』もある…だから『アミューズメントな部分』と書いた(笑)

それではまた夜に『石田堤史跡公園のターン』について綴っていく事にする…(電車が職場駅に着きますた…←締め哀)



















続く…。

by shousei0000 | 2018-11-11 05:58 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

『あの日の選択』を悔いる…その15。

b0136045_08085324.jpg
只今超〜変態勤務(笑)からの帰宅ちゆう…。

今日の勤務で『ちょっと嬉しい事』があった…その仔細をここには書かないが

「分かってもらえた!」

ゆう気持ちで胸が熱くなった…。

このパン(上の写真のやつ)は『友情の証』…帰宅したら朝食としてありがたく頂く事にしよう…ブラックニッ◯と共に…。
朝っぱらから酒飲むんかい!?(呆れ)












































b0136045_08142366.jpg
それはともかく(笑)昨日からの続きです!

『俺がぶーちゃんのお顔を食ったペリーニの春のバーベキュー』の話は一旦終わって(後でまた書くかも←笑)『俺がぼっち回避した秋のバーベキュー』について書く!

そうは言ったものの、そのバーベキューに俺は参加していないのだから大して書ける話はない…『10月7日の15時前後に仔豚の丸焼きが出てさぞかし湧いたのだろう…』という事しか書けない…。

前にも引用したペリーニのFacebookに挙がった10月7日の模様…『仔豚の丸焼きにスマホを構える女性の姿』が写っている…。

おそらくは参加者の殆どがこうしたに違いない…『普段あまり見る事のない動物の姿のまま料理』を目の当たりにして、ある人は歓声を挙げ、ある人はちょっと怖がり、またある人は『食欲と憐憫の情の狭間』に気持ちを揺るがせた事だろう…『命を頂く事の意味』について考える時間になったのではあるまいか…。

中にはお調子者がいて

「俺『ぶーちゃんの顔』も食っちゃお〜(笑)」

なんて場面もあったのかもしれない…『お調子者』ってホントどうしようもありませんよね…。

えっ?何ですか?

「それ…『あんた』じゃん!」

ですって?

失敬な!俺は違う!

俺はふざけた気持ちやウケ狙いで『ぶーちゃんのお顔』を食った訳ではない!『まるごと余さず頂いてこそぶーちゃんの供養になる』と思って敢えてそうしたのだ!

『お調子者』と一緒にしないでくれ!!!
いや…『一緒』だよ…(呆れ)













































b0136045_08393361.jpg
ぶーちゃんのお顔と俺のツーショット?…こんな写真を撮ったり実際に食ったりするのは『ペロ君が一緒』であったからできた事…『ぼっち参加』であったら小心者の俺はこんな真似はようできん…。

それはともかく(笑)俺がいなかった秋のバーベキューでぶーちゃんを巡って皆が湧いていた頃…












































b0136045_08462735.jpg
俺は独り『石田堤史跡公園』でこの案内板を眺め

「秀吉さん半端ねー!」

「小田原包囲網スゲ━━━━((((;゚Д゚)))))))━━━━ッ!! 

と呟いていたのでした…。


















続く…。
(『ペリーニのターン』は一旦終わり…ここからは暫く『石田堤史跡公園のターン』が続きます…)

by shousei0000 | 2018-11-10 08:50 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

『あの日の選択』を悔いる…その14。

b0136045_20513251.jpg
前置き無しで再開する!

『ペリーニ アダージオの春のバーベキュー』で俺は『ぶーちゃんのお顔』(仔豚の丸焼きの顔の部分)を食った!

その鼻の部分の食感がキモかった事は前回の投稿でも書いた…『無味無臭のゴムの塊を咀嚼する』とでもいうかな食感…まあ旨くはなかった…。

『ぶーちゃんのお鼻は犬のおやつとして打っている』のも前回の投稿で書いた…上に画面キャプチャーを挙げておいたから参照して欲しい…。

『犬のおやつ』として扱われる位だから『まあそういうもの』なんだろうな…『人間の食用としては需要はない』ゆう事なんだろうな…。

と思っていたら…あるんだって『人間の食用のぶーちゃんの鼻』!『味付けされ袋に詰めたもの』が中国系の食料品店で売っているのだそうな!

俺が見たサイトには『温めればまあまあ食える』と書いてあった…豚足とか豚の角煮みたいな味付けをしてあるみたい…。

「さすがは中国人!」

と思った…『何でも食う』とされている中国人の面目躍如というところ…俺はあの見た目と食感のぶーちゃんのお鼻はたとえ豚足や角煮みたいな味付けになっていてもあんま食いたくない…。

ひとつ補足…前回の投稿で『ぶーちゃんのお鼻が犬のおやつとして売られている』と教えてくれた人を『ヲタ(笑)』(職場の女性同僚)と書きましたが、正しくは『大学クラブの後輩』でした…悪かったなケ◯チ(笑)

で…今度は『補足』だけど…









































b0136045_21102796.jpg
ぶーちゃんのお顔を食ったペリーニの春のバーベキューの模様を綴ったシリーズ物(未完…←恥)のタイトルを俺は『僕は豚だ!』にしたんだけど…このタイトルを見てぽまいらは多分

「あんたが『豚』なのは知ってるよ!」

「品性的に『豚』…食い意地が張っているところも『豚』…やれやれ…(溜息)」

などと嘲笑しながら思ったんじゃないかと思うんだけど(図星だろう?分かるんゼ俺…)このタイトルは『そういう意味』ではない…そもそも豚を『卑しいもの』『強欲なもの』に例えるのはおかしいと思うんだ…それは人間の勝手な思い込み…。

じゃあこの『僕は豚だ!』というタイトルにはどんな意味があるのかというと…















































b0136045_21205666.jpg
『僕は豚(の顔を食った男)だ!』ゆう事!分かってもらえたかなぽまいら?(笑)

これをタイトルにした位だから、俺にとってペリーニの春のバーベキューで『生まれ初めて仔豚の丸焼きを見た事』『それをお顔を含めて食った事』はかなりの衝撃だったんだ!前にも書いたけど『ある意味このバーベキューのハイライト』だったよマヂで!!

ほんじゃあ仕事いてきま〜す…(超〜変態勤務ナリ…)
















続く…。

by shousei0000 | 2018-11-09 21:24 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

『あの日の選択』を悔いる…その13。

b0136045_20594731.jpg
かくして俺はぶーちゃん(仔豚ちゃん)のお顔を喰らった!

『5月27日のペリーニ アダージオの春のバーベキュー』での話…『秋のバーベキューの話』に中々ならない事を許して欲しい…。

『ふざけた気持ちでとった行動』ではないんだけど…結果的にこの『ぶーちゃんのお顔を喰らう行為』はウケた…同じテーブルに座っていた他のお客さん達にウケた…『会話の接ぎ穂』になった…。

「ぶーちゃんは『命』だけでなく『他のお客さんとの接点』まで俺にくれたんだな…」

と改めてぶーちゃんに感謝した…そのおかげでこの後他のお客さんと色々話ができたんだけど、そのエピソードはここでは割愛しよう…『小生暦』が復活してしまうからね…。

『ぶーちゃんのお顔を喰らっての感想』を少し書いてこのくだりを終わりにさせて頂く…。










































b0136045_21120800.jpg
『ぶーちゃんのお顔』は…まあ食うところはそれ程はない…。

お顔は『皮と骨』ゆう感じで『肉』は殆どない…噛り付いてみたけど『身』は幾らもなかった…。

『皮』がまあまあ旨かったのだが…それより特筆すべきは『鼻』だった…。

『鼻』は齧り取れた…俺の口内で『ぶーちゃんのお鼻』が蠢いた…。

その食感は…正直キモかった…『モフモフしている』ゆうか『モニョモニョしている』ゆうかで結構キツかった…。

「の、飲み込めん…」

と思った…。

でも飲み込んだ…『命』を頂いたんだから何物も粗末にしてはいけないと思った…その一心だけで嚥下した…。

正直まずかった…見ている周りの人達に

「ほれは…ひょっとまふいれす…」

と言った…『これは…ちょっとまずいです…』という意味…。

後から知ったんだけど、このぶーちゃんの鼻は『犬のおやつ』になるそうな…『ネット通販で安く売っている』と後日ヲタ(職場の女性同僚)に聞いた…。

今日はこれで失礼する…。
(電車が狭山市駅に着いたのでね…)


















続く…。

by shousei0000 | 2018-11-05 21:27 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)

『あの日の選択』を悔いる…その12。

b0136045_19324230.jpg
ペリーニ アダージオのFacebookから『件の仔豚の丸焼きの写真』を引用する!

写真を直接抜いたら東條シェフにバレると思われるので『画面キャプチャー』にした…まあこの位は許されるだろう…許されるのかな?

写真の中で参加者の女性がスマホを構えている…『仔豚の丸焼き』は所謂『インスタ映えする料理』だからスマホを構えるもの無理はない…俺が参加した春のバーベキューの時もそうだった…。

『仔豚の丸焼き』をみんなバシバシ写真に撮っていた…勿論俺も撮った…バシバシ撮った(笑)

そのバシバシ写真(笑)のうちの一枚が…










































b0136045_19404273.jpg
『これ』…さっきの投稿にも載せたやつ(笑)

この写真が俺のiPhoneにあるという事は『俺も食った』ゆう事になる…春のバーベキューでこの『仔豚の丸焼き』を大変美味しく頂いた…。

つまりは『既に頂いたもの』である…故にペリーニのFacebookで秋のバーベキューの写真の中にこの『仔豚の丸焼きの写真』を見出した時特に羨ましいとは思わなかった…『既に頂いたもの』だからね…。

なのに何故この『春のバーベキューに於ける仔豚の丸焼きの写真』を載せるのかというと…この『仔豚の丸焼き』がある意味『春のバーベキューのハイライト』だったからなのだ!




















































b0136045_19483092.jpg
『仔豚の丸焼き』を背後からアップにして撮った写真…この料理が出現した時参加者の皆がどよめいた…無論俺もどよめいた…そして写真をバシバシと撮った(笑)

この暫く前(春のバーベキューの少し前)ペリーニのFacebookに『仔豚の写真』が挙がった事を俺は知っていた…まだ調理をされていない生白い仔豚はちょっとグロテスクに見えた…グロテスクに見えたが『旨そう♪』と思った(笑)

>この仔豚は内臓も含めて色々な料理に使います。

>『ラグーソースにしてパスタ』もお勧めです♪

というような事を東條シェフはFacebookに書かれていた…それを読んで俺は

「そのラグーは是非!」

と思った(笑)そして実際にお店に行って食べた♪

でもそうした一連のペリーニのFacebookの記事の中に『丸焼き』はなかった…だから春のバーベキューで『丸焼き』を見た時は昂まった…。

昂まったけど『ちょっとかわいそうっぽいかも…』とも思った…『可愛い仔豚ちゃん』が丸焼きになっている姿に些か『憐れみ』を感じた…。

『動物が姿のまま料理されているもの』をぽまいらは見る事があるだろうか…俺はあまりない…せいぜい『鳥の丸焼き』位だろうか…。

『魚の焼いたの』なんか『まんま姿のまま』だけど、勝手を言うようだけどそれに『憐れみ』は感じない…『鳥の丸焼き』もそう…『旨そう♪』としか思わない…。

でも『仔豚ちゃん』は…欧米ではペットとしても愛されていて、最近では日本でもその傾向があるという『仔豚ちゃん』がこんがりと丸焼きになっている姿を見ると何となく『かわいそう…』と思う…勝手な事を言っているのは百も承知だが『憐れみ』を覚える…。

でも同時に『旨そう♪』とも思う…本当に勝手な事を言う奴だ俺…そうと分かっていても『仔豚の丸焼き』を見ていると『かわいそう…』と『でも旨そう♪』が頭の中でグルグルと回る…この身勝手な想いぽまいら分かってくれるかな…。

人間って勝手だ…人間って本当に勝手だな…。





















































b0136045_20122133.jpg
『かわいそう…』『憐れ…』と思いながらそれでもこうして正面に回ってぶーちゃん(仔豚ちゃん)のお顔を激写してしまうこの身勝手さよ(笑)

この『身勝手さのくだり』はこれ以上書くとクドくなるのでもうやめる…要するに『動物の姿のまま料理』をあまり見た事がなかった俺は衝撃を受けたけど、それだからこそ『美味しく頂こう!』と思ったって事…分かってもらえるかなぁこの気持ち…。

『姿のまま料理』だからこそ『命を頂く』ゆう気持ちになる…『魚介類』ではそう思わないのに『動物』だから…ぶーちゃん(仔豚ちゃん)だからそう思うこの身勝手さよ…ってまた書いちゃった(笑)『(笑)』じゃねえよな実際…。

本当にクドくて申し訳ないけど(大陳謝!)何となく分かってもらえるだろうこの気持ち…『ぶーちゃんが丸焼きになってしまった以上せめて美味しく頂く…』『丸ごと食べてあげてこそ供養になる…』とまあそんな感じ…なぁ…分かるだろう…。

だから俺は…




















































b0136045_20322261.jpg
『ぶーちゃんのお顔』を…皆に身を食べ尽くされて最早お顔だけになった『それ』を…








































b0136045_20342409.jpg
かように手に取って…















































b0136045_20361319.jpg
喰らい…












































b0136045_20365886.jpg
しっかりと供養したのでした…。

『命』をありがとう!ぶーちゃん!!





















続く…。
(『ふざけた投稿』と思われるんだろうなぁ…ふざけてもないんだけどなぁ…分かって欲しいなぁ…)

by shousei0000 | 2018-11-05 20:38 | ペリーニ アダージオ | Trackback | Comments(0)