カテゴリ:雑記( 506 )

今日も終わりそうで終われない『1月28日の収穫』…。

b0136045_20284950.jpg
『前回の末尾の画面キャプチャー』を載せて再開する…『牧場の少女カトリ』について色々と書いている…。

35年位前の鉄道旅行の時『陽が落ちて薄暗く雪深い磐越西線』というロケーションの下、俺の脳内に『牧場の少女カトリのエンディング』がリフレインした…いつまでも絶える事なく脳内にかかり続けた…。

今でも思い出せる…あの日の情景をバックに我が脳内にかかり続けた

>スミレはいいな 大地に抱かれ
>野原を飾って 季節を告げる
>私もいつか 生まれた町で
>小さく静かに 暮らしてみたい

という歌詞を…。

嗚呼…何も間違えちゃいない『カトリ』…あの日俺は確かに『牧場の少女カトリ』と共にあった…それは本当に間違いない…。

もしも『間違っている点』があるとすれば、それは…











































b0136045_20442990.jpg
『これ』だな…。

『牧場の少女カトリ』は『ハウス名作劇場』ではなかった…『世界名作劇場』だった…。

詳しくは覚えてないんだけど、この時期にはもう『ハウス』はスポンサーを降りていて『ハウス名作劇場』という冠名ではなくなっていた…『世界名作劇場』になっていた…。

そう…この頃の名作劇場は『斜陽の時代』だった…『聞いた事もない外国の児童文学書』を原作にした一連の作品…『聞いた事もない名作』という形容矛盾?に日アニ(日本アニメーション社)は苦しんでいた…。

この放送時間帯はかつて『アルプスの少女ハイジ』『母を訪ねて三千里』『赤毛のアン』といった『名実共にある世界の有名児童文学書』を原作としていた…そして放映と共にそれら作品はますます有名になっていった…。

『原作とアニメの相乗効果』とでも言うべきか…この頃の冠名はそれこそ『ハウス名作劇場』であったであろうが、それが『世界名作劇場』であったとしても誰もそれに異を唱える事はなかっただろう…『興隆の時代』だったのだ…。

じゃあ『斜陽の時代』の作品には見るべきものがなかったのかというと必ずしもそうではない!

『傑作』とまでは言えないにしても『佳作』はあった!例えば『牧場の少女カトリ』の前年の作品である『アルプス物語 私のアンネット』がそうである!!

『アンネット』(と略します)のメインテーマは『罪と許し』である…『罪を犯した者』と『罪を受けた者』が共に苦しみながら『いつの日にか訪れる許しの刻』に向かって進んでいく…でも勿論そう簡単に『許し』に至る筈はない…『許されざる日々』が延々と続き『その重苦しさ』に辟易とすらする…。

そして途中で『罪』が入れ替わる…『罪を犯した者』が別件で『罪を受けた者』になり、『罪を受けた者』が今度は『罪を犯した者』になる…立場が変わる事で今までは分からずにいた『互いの苦しみ』を我が事として理解していく2人…。

そして遂に『許しの刻』が…正直俺はその『許しの回』の放映を観て泣いてしまった…。

だから…そうね…『アンネット』を観た事で『名前を聞いた事もない名作劇場』という酷評?は少なくとも俺の中ではひっくり返った…『アンネット』の原作は『雪のたから』という日本では無名の作品?だったんだけど、俺の中では『雪のたから』は『名作』になった…『トレジャー』ゆう英単語も覚えた…(『雪のたから』の英語名は『トレジャー オブ スノー』だったもんで…)

『アンネット』以降だったかな…『世界名作劇場』をちゃんと観るようになったのは…高校生なのにアニメをガチ観してちょっと恥ずかしいんだけど、そういう経緯があったのと、この頃の俺は『アニヲタ』だったので流してやって欲しい…それ(アニヲタ)もあって俺は『青春時代』ではなく『黒冬時代』を過ごしていたのだ…(恥)

そしてその『アンネット』の次の年の『世界名作劇場』が…












































b0136045_21410477.jpg
『カトリ』だった!時に『1984年』!!

この画像はつべで見つけたやつをテレビに飛ばして撮ったものなんだけど…色々と懐かしくて何か尿が出た…(何で尿が出るんだよ!?←呆れ)






































b0136045_21452015.jpg
『カトリ』の主要キャラクター!

この3人…子供のくせに『ちょっとした三角関係っぽいの』を醸し出すんです…(妬み)










































b0136045_21452132.jpg
ほれ!この通り『三角関係っぽいの』を醸し出しとる(笑)

カトリが飼っていたダックスフントは『アベル』とかいったかな?

犬の分際で変に賢くてムカついた記憶が…『犬が賢い』というのは別に納得なんだけど、『色々とご都合主義』があったような…確かそうだったような…。

因みに…この頃俺はダックスフントという犬種はあんま好きではなかったんだけど、この後十数年程経った2000年頃にミニチュアダックスフントを飼う機会を得てダックスフントが大好きになったのでした…ダックスフントって可愛い上に賢くて主人想いですよね…(しみじみ)








































b0136045_21452220.jpg
『フィンランド独立運動に身を投じている学生さん』…名前はさすがに覚えていない…。

『カトリ』はあの『おしん』を意識して作られ、この学生さんも『おしんの中の自由民権運動の人』を模して登場させられたそうな…原作にはこういう人物はいないそうな…。

色々とややこしかったですよね…『カトリ』…。




















続く…。

by shousei0000 | 2019-02-16 21:57 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

懐かしき人からの手紙…続き(要は『非公開コメントへのレス』です←笑)

b0136045_08432829.jpg
前置き無しでいく…。

SM君…この時は君の新車におならブーしちゃってごめん(笑)

君は分かってなかったかもだけど、実はこの時の俺本気でおならブーしているんだ…『新車がどうの』ゆうのはどうでもよかったんだけど、『バーディー坂以降のルートでことごとくけちょんけちょんにやられた』のがさすがに効いてねえ…それで冗談めかせてはいるけど、実はかなり本気でおならブーした次第…まあ実際におならを出した訳ではないのだが…(笑)

この走行の1年後位から君とのご縁がなくなったんだったっけ…さすがにもうよく覚えてない…。

今も元気によそで働いているみたいだね?拙ブログも一応読んでくれているようで(笑)何より♪

このブログは君が始めさせたみたいなものなんだぞ…アクアを買った直後のサイクリングの模様を君にリアルタイムでメールした事が楽しくて、その楽しさから『ブログやってみっか?』と思ったんだ…覚えている?(この辺の事情をご存知ない方は拙ブログ2008年5月10日付記事『四半世紀の刻を越えて…』シリーズを参照)

まあだから責任者(ブログを始めさせた事の←笑)として最後までしっかり拙ブログについてきて欲しい…多分定年まではもうこのままのノリと雰囲気とペースで更新し続けると思う…。

以下『頂いたコメントへのレス』をいく…非公開コメントだったから内容は晒さないしくどくどは書かない…『当たり障りのない部分』にだけレスをする…。

しっかし…まず大前提として、君って『鉄道好き』だったのね!?その昔色々話していた頃(主に居酒屋で←笑)『鉄道好き』と聞いた記憶はないんだけど…『鉄道好き』だったのね?まずはそれにビックリ!

3月に行う『順延の旅』も『週末パス』でいくよ!3月なら『青春18きっぷ』が使える訳だけど、前に行程を出した通り、今回の旅では『一部特急を使用する』からねえ…それに『雪等で列車が運休か遅延した場合、最悪新幹線を使う可能性もある』からねえ…それ考えると『週末パス』の方がいいのかなぁと…。

『青春18きっぷ』を使って『2泊3日の旅』に仕立て直すのも考えたんだけど、『鈍行列車の旅』なんて俺35年振り位だからさ…今回行ってみないと『楽しいのか楽しくないのか』が分からない…。

高校生の時行って楽しかったのは事実だけど…今の歳(もうすぐ51歳…)になって『ずーっと座り詰めの鈍行列車の旅』を面白く思うかどうかは分からない…『つまんね…』と思う可能性もある…。

『鉄道旅行は今回限り』になる可能性もあるのよ…だから『5日間使用で13000円位の青春18きっぷ』は今回の旅にはいらない…今回楽しかったらまた考える…。

電車が職場駅に着いた…これでレスを終わりにする…。

今回はコメントをありがとうSM君!嬉しかったよ♪

じゃあ…

















































b0136045_09151046.jpg
元気でなSM君!

いつの日にかまたどこかで会おう!!(腕時計を見せびらかしている←締め笑い)
















おしまい(笑)

by shousei0000 | 2019-02-16 09:15 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

【速報】俺氏、来るべき鉄道旅行に備えて『超〜イケてる腕時計』を購入する!!!

b0136045_16133221.jpg
クール過ぎるだろうこれ!

異論は認めねえ!!!(豪語)







































b0136045_16172166.jpg
これからちょっとイタリアン食って帰ります♪(ペリーニではないよ)

にしても…








































b0136045_16184470.jpg
チラッ…(と時計を見る…)









































b0136045_16191803.jpg
チラッ…(と編み紐バンドも見る)











































b0136045_16200480.jpg
やっべー!

さっきから腕時計を巡ってニヤニヤが止まらねえー!!!(T字カミソリで顎切りますた←締め笑い)





















おしまい♪
(『腕時計を買った理由』やら『何故このブランドにしたか』とかは…また今度書くね♪)

by shousei0000 | 2019-02-14 16:21 | 雑記 | Trackback(2) | Comments(0)

懐かしき人からの手紙…(2月12日の衝撃)

『手紙』ゆうても実は『コメント』なのだが…2月12日の夜勤の合間に拙ブログを開いてみたら『コメント』が入っているのに気が付いた。

拙ブログにコメントをくれる方は極めて限定されているので、その方とは違う文体の文章を読んで

「誰これ?」

と思ったら…『SM君』だった!







































b0136045_13521978.jpg
拙ブログ2008年5月23日付記事『リベンジ・ザ・小沢峠!』より抜粋…。

因みに…このタイトル『リベンジ・ザ・小沢峠』は『リベンジ・ジ・小沢峠』の間違いではない…『小沢峠』は『おざわとうげ』ではなく『こさわとうげ』と読むので、その前に付く『the』は『ジ』ではなく『ザ』でよいのだよ…驚いたかねぽまいら…。

俺は驚いたね…『小沢峠』を『おざわとうげ』と読むと思い込んでいて、上のタイトル付けた2年後位に

「やべえ…」

「あのタイトル『ザ』じゃなくて『ジ』だろう…」

と赤面していたら(恥)『こさわとうげ』と読むという!確かBPSさんとこのブログで知った!!

「『こさわ』なら『ザ』でオッケ〜♪」

と全俺がホッとしたもんだったなぁ…(照れ)

それはともかく(笑)『SM君』の話です!

細かい事はもう書かないけど、ぱっと見目を惹く『SM君』という奇抜な名前…これは上の画面キャプチャー文中にもある通り『悪ふざけしてこんな名前にした』のではなく『偶然』でした!『姓の一文字目と二文字目の頭文字を併せたら偶然SMになった』のでした!

『嘘』な…んな訳ねーじゃん(笑)

『姓の一文字目と二文字目の頭文字を併せたらSMになる』と悟ってウケる為に付けたのが『SM君』という名前でした(笑)

SM君本人もこの恐るべき秘密(ふざけてSM君にした事実)には気付いてなかったと思うから今お詫びしておく…実はあの時はそんな気持ちでこんな名前を考えたんだ…おかしな名前を付けて悪かったと思っているよSM君…(心からの陳謝)

あと…SM君についてはもうひとつ『お詫びしておかなくてはならない事』がある…それは何かというと…















































b0136045_14180720.jpg
『これ』…これは拙ブログ2009年9月6日付記事『9月3日の走行』から取った画像…。

因みに…この投稿書く為に自分のブログから当時の写真をコピーしたのだが、著作権だか何だかでガードがかかるのなエキサイトブログ…コピーした画像が表示されなくて仕方ないから画面キャプチャーを撮った…。

『2009年に俺が撮って俺が載せた画像』なんだけどなぁ…余計な事してくれるよなエキサイトブログの奴…。

それもともかく(笑)上の写真はSM君の新車『トレック マドン』を撮ったものなんだけど

>しんしゃ こうにゅう おめでとう!!!

>まきがいくんでーす

と書いてあるんだけど…今だから正直に言う…これ『うん◯』なんだ…。

SM君が俺のアクアよりいいロード買ったのが妬ましくてね…しかも一緒に走ったらけちょんけちょんにされちまった…(意味分からん人は当時の記事読んで)

だからさ…大人気ないとは思ったけど『う◯こ』書いちまった…『まきがいくん』に偽装して…。

でも…見れば分かるかなぁ…『湯気』が立ってるもん…。

『まきがいくん』なら『湯気』は立たんわなぁ…『◯んこ』だからこそ『湯気』も立つ…。

でも…あいつ(SM君)ちょっと鈍いところとかあったから気付いてないかも…『新車購入のお祝いにまきがいくん描いてくれた♪』とか素直に感謝してくれて、今でもまだそう思っているかも…。

ダメだ…やっぱ今更だけどお詫びしておこう…。





















































b0136045_14370088.jpg
SM君…あのなぁ…これ『うん◯』なんだ…『まきがいくん』じゃないんだ…。

君のマドンが羨ましくて…君の豪脚?に腹が立って…それでつい『う◯こ』描いちまったんだ…。

君は気付いてなかっただろうから今お詫びしておくよ…本当にごめん…(心からの陳謝)
気付いてました…つか…『気付かん人』いるのかよこれで!?(by SM)


















続く…。
(ちょっと買い物…吉祥寺なう…吉祥寺に降りるのは『その昔職場の仲間でテーブルRPGやりに吉祥寺のカラオケ屋に集まった時以来』だな多分…色々とナツカシス…←締めしみじみ)

by shousei0000 | 2019-02-14 14:42 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

またまた一時間で書かなくてはならない『1月28日の収穫』…。

またまた昨日と同じく『いつものカフェ』にいる…閉店まであと一時間…これもまた昨日と同じ…(哀)

つまり…昨日の今時分も俺は今いるこのカフェにいた…。

だから…






































b0136045_20090630.jpg
昨日こんな旅は…(日付に注目!)



















b0136045_20090762.jpg
していないのだよ…。




















b0136045_20091095.jpg
勿論一昨日もね…(これまた日付に注目!)

いや〜物凄く残念だったけど、昨日一昨日(2月9日と10日)に予定していた『35年振り位に自分でプランを練った鈍行列車の旅』は延期に致しました…。

理由は幾つかある…『俺自身が暫く前から風邪気味だった事』『我が施設でインフルが発生している事』そして『2月9日、10日は雪が振りそうだった事』といったもの…。

自身が風邪気味な上に職場でインフルが発生しているから体調が悪くなる可能性が高く、体調が悪くならなくても雪で列車が遅れたり運休したりする可能性がある…色々とリスク高すぎるだろう2月9日と10日…。

だから…やめちゃいました…どうしても今行かなきゃならない訳ではないからね…『雪のあるうち』に行ければ俺は別にそれで構わない…。

3月のとある土日に希望公休を入れました…改めてそこで行ってみようと思います…。













































b0136045_20224465.jpg
『この鉄道旅行の醍醐味』をちょっと紹介しようかね♪

初日のプランの骨子は郡山→会津若松→新津と乗り継ぐ『磐越西線』!

これメッチャ大事!『まず磐越西線ありき!』でプランを練った!!

35年位前に行った『高校生なのに厨二鉄道旅行』(でしたっけ?←笑)の初回がこの『磐越西線ありきの旅』だった!その時はプラン練る時点では磐越西線の事大して意識していなかったけど、実際に乗ってみたら『忘れられない路線』になった!『雪の壁の中を驀進して本州横断!』ゆう感じが凄く良かった!!

その時は確か会津若松以降は夜になった。

時間は覚えてないけど日が暮れた…新発田に泊まったような記憶があるけど、そこに着いた時はもう21時とかだったような気がする…。

陽が落ちて暗い雪の壁の中をゆく磐越西線…ずっと雪の壁の中という訳ではなく、時折山や川といった景色が見える…でも時間が下って更に暗くなりやがて殆ど何も見えなくなる…。

暗い暗い中をひたすらにゆく列車…まるであてどなく旅をしているよう…。

勿論あてはあるのだが(笑)暗い中をカタンカタンと静かに走る列車に乗っていると『どこにも着かないような気持ち』になる…。

「或いは…この列車は『どこにも着かない』のではないか…」

「新津なり新発田なりに向かっているというのは『俺の思い込み』で、実はこの列車は既に予定の軌道を外れ永遠の闇の中を走っているのではないか…」

などと俺は思った…『厨二』よの〜う(笑)

『厨二』乃至は『銀河鉄道999の読み過ぎ』(笑)

『予定の軌道を外れ』とかマヂで999の読み過ぎ(笑)

でも…そんな風に感じたのだ『35年位前の冬のある日』…その日磐越西線の普通列車は俺の中で『宇宙列車』となった…(笑)

なのに…『宇宙列車』と感じたのに…その車中で俺の頭の中に繰り返し流れたのは『牧場の少女カトリのエンディング』だった…『銀河鉄道999の曲』ではなくて『牧場の少女カトリのエンディング』だった…(恥)

『牧場の少女カトリ』…当時やっていた『ハウス名作劇場』というアニメのタイトルである…『日本アニメーション』というアニメ会社が制作したファミリー向けの日曜の夜のアニメ…『宮崎駿や高畑勲が携わった赤毛のアン』辺りが一番有名と思われる一連のシリーズ物…。

シリーズを重ねる毎に『著名な原作』を消費していき、この頃は『名作劇場を名乗るのに聞いた事もない作品』ゆう感じになっていた…『牧場の少女カトリ』も『フィンランドの児童文学』だとか…。

『フィンランド』だよフィンランド!

ネットの時代の今ならともかく、あの時代に『フィンランド』を取り上げても…対象が大人ならまだしも『子供』とあっては…さすがにきついだろうそれ…。

そんな訳で俺もその『牧場の少女カトリ』の内容はあんまり覚えていない…『カトリという少女が主人公』『その少女はダックスフントを飼っていた』『少女を巡って子供なりの三角関係みたいのがあった(笑)』『何かフィンランド独立運動みたいのがあった』と…その位しか覚えてない…。
結構覚えてるじゃねえか!!!(締め呆れ)



















続く…。

by shousei0000 | 2019-02-11 20:57 | 雑記 | Trackback(4) | Comments(1)

今日も仕事だ『1月28日の収穫』(笑)

昨日の投稿は些か分かりにくかっただろうなぽまいら…事情を知っている俺ですら分かりにくかったんだから、事情を知らないぽまいらにしてみれば『ポカーンΣ(゚д゚lll)』ゆう感じだったかもしれんな…すまんかったでほんま…(詫び)

だからちょっと補足すると

★今で言う厨二病全開だった高校生の俺(恥)は『青春18きっぷ』を使って『変な感傷旅行』をした。

★今から約10年後に『定年』を迎え、おそらくは『母との死別』も迎え『ガチ孤独』になっていくであろう俺(哀)は今のうちに『変な感傷旅行』をしようと思っている。

となる…これが『高校時代の鉄道旅行』と『今回の鉄道旅行』の対比…35年位経ったけどやる事あんま変わっていないな俺…(恥)

今回の鉄道旅行は当たり前の事だけど『孤独を噛み締めに行くだけの旅』ではない…そういう厨二的要素(笑)もあるにはあるけど、基本的には『楽しみに行く旅』である…可能な範囲で旨いもん食ったり、雪国の景色見たり、列車に揺られる喜び?を味わったりしたい…。

何よりそう…『列車の中でひたすらにブログを書き続けるような旅』にだけはしたくない…1月にやった『電車de秩父』の時は行きも帰りもレッドアローの中でブログ書き通しで(特に帰り…)『車窓からの景色を見る』も『頬杖ついて物想いに耽る』もなかったからなぁ…今度はそういうのは避けたい…何せ『久し振りに行く雪国』だからな…。

『高校生だったのに厨二鉄道旅行』(と呼ぶ事にした…←恥)の初回は『雪国』に行った…雪の季節に行ったから雪が凄かった…『壁のような雪の中を進むローカル列車』に目を回しながら旅をした…。

今回の旅は基本『その厨二鉄道旅行』をベースとしている…色々と付け足しているが基本は『あの厨二鉄道旅行のコース』をトレースしている…。

それだけに非常に楽しみ…『35年位前に俺が抱いた感慨』がまた俺を襲うのか…『牧場の少女カトリのエンディング』はまた俺の脳内に流れるのか…。

「『牧場の少女カトリのエンディング』って…何!?」

とぽまいらは突っ込むだろうが…まあそれについてはいずれまた述べる…今はこの投稿を締めさせて欲しい…(もうすぐ職場駅に着くので…)

とりあえず『今回の旅の旅程』が既に完成しているのでお見せする!










































b0136045_09125543.jpg
旅初日♪













b0136045_09125673.jpg
旅2日目 パートⅠ♪














b0136045_09125703.jpg
同パートⅡ♪

えっ?何ですか?

「『2月9、10日』って…」

「あんた昨日一昨日その旅行してたんかい!?」

ですって?

残念!ハズレ!!

この旅行は実は『延期』になったのだ!!!
















続く…。

by shousei0000 | 2019-02-11 09:17 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

狭山市に帰る西武線内で書く『1月28日の収穫』…。

b0136045_21084550.jpg
『グリーン車の写真』がいい加減しつこくなったので(笑)今回は別の写真から始める…。

『来るべき鈍行列車の旅』で使用すべく購入した『スキットル』…スキットルゆうのは『アウトドアなんかで使用するウイスキー入れ』の事を言う…。

前回の投稿で色々暴露してしまった黒冬時代の俺(大恥)は酒が飲めんかった…高校生だったから飲めなくて当然なのだが(法律的に)それとは違った意味でも(笑)酒が飲めなかった…。

だから『鈍行列車の旅』でいくら格好つけても所詮は『高校生のやる事』…『渡り鳥』も『行くところも帰る場所もない』も『哀しいまでに独り』も、今思えば…つかぶった切っちゃうと

「は?高校生が何言ってんのwww」

となる…寝言はウイスキーをラッパ飲みできるようになってからほざくんだ35年位前の俺ェー(笑)

まあ酒が飲めるから偉い訳ではないのだが(それはもう当然である!)『本当の孤独』ゆうのはさすがに高校生には語れまい…当時の俺は友達も少なく色々な意味で絶望的な黒冬時代(笑)を生きていた訳だが(恥)それでも高校生が『孤独』だの『独り』だの『哀しい』だの言うのは…少なくとも俺の場合は『ポーズ』だったな…まあ『黒冬時代であった事』は間違いないのだが…(恥)

あれから幾星辰…今の俺は『本当に孤独』である…遂に本当にそうなっちまったぞ35年位前の俺…_| ̄|〇

友達が全くいない訳ではないし、仕事も決して嫌いではないし、趣味もまああるし、家族もまだ現存はしているけど…いずれ何もかもなくなる…10年後には『全てを失って途方に暮れている可能性』もある…。

そうならない為に今色々と軌道修正しているのだが(大した事はしていない…←恥)それらがどうハマっても『俺に家族ができる事』はもうあるまい…ママン(笑)とイッモウト(笑)が亡くなれば俺は『天涯孤独』になるのだ…。

そんな絶望的な未来予想図を抱えながら俺は生きている…黒冬時代(笑)の『ポーズな孤独』に比べれば随分生々しい…そして逃れようのない『ガチ孤独』…。

それをしみじみと噛み締める為に俺は『激久々の鈍行列車の旅』に出る…そんな旅だから『スキットルが要る』と…そうなるのだよぽまいら…(『飲まなきゃやってられねえ…』ゆう事ですわ…←恥)













































b0136045_21363267.jpg
思っていたよりずっと長いシリーズ物になりました…参ったわ…(哀)

上の写真も上野で撮ったもので(駄洒落に非ず←笑)

「旅立ちの日に俺はここで駅弁を買うのかな…」

とか

「もしそうなったらしかと味わう事だ…次に食べる時は機械の舌で食べる事になるかもしれないのだから…」

とか思いながら撮ったものなんですが(銀河鉄道999ネタwww)結果から先に言うと、来るべき旅立ちの日にここで駅弁を買う事はなくなった…何故なら『始発に乗る事』にしたから…。

上野に前泊して始発で旅立つ事にした…気合い入り過ぎだろう35年振りに鈍行列車の旅をする俺ェー(締め笑い)


















続く…(終われる時に終わりますッ!←締め逆ギレ←笑)

by shousei0000 | 2019-02-10 21:43 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

あと1時間しかいられない喫茶店で書く『1月28日の収穫』…。

b0136045_20105326.jpg
『2階建てのグリーン車』って何かありがたくない…(朝からの続きです…)












































b0136045_20122808.jpg
席自体も金やん(金田投手)が言っていた程特別でもなさそう…(レッドアローと変わらないような…)

でも…


















































b0136045_20145355.jpg
来るべき旅立ちの日…俺はこのグリーン車を使用するのもちょっといいかなと思ったのでした…『グリーン車使うのか使わんのか…どっちだ!?』ゆう話ですよね?(笑)

この時点(1月28日)とその後では『旅のルート』が変わった。

1月28日の時点では俺は『上野を出てまず郡山を指そう』と思っていた…それは直で郡山には行けないんだけど(乗り継ぎになる)そのルートの列車には確か『これと同じグリーン車』が連結されている筈だから『それを使用するのもいい』と思ったと…まあそういう話…。

でもその後

「もうちょっと大回りせん?折角の鈍行列車の旅なんやし…」

と思い旅程が変わった…その新ルートの普通列車にも多分グリーン車は繋がっていると思うけど…何故かそのルートでは『グリーン車使わなくてよくね?』と思った…大した理由はない…何故か『使わなくてよくね?』と思ったのだ…(笑)

そもそもね…俺今回の『鈍行列車の旅』を企図した時『熱海〜黒磯間を走る関東では最長距離の普通列車』に乗ろうと思っていたのよ…確か5時間近く走り続ける普通列車…それが最初のターゲットだった…。

「『ただ長く走るだけの普通列車に乗る』って…それ楽しいの?」

とぽまいらは思うだろうが…『16歳位だった時の俺』はその『ただ長く走るだけの普通列車に乗る事』を凄く楽しんだ記憶がある…昔の事だから記憶は定かではないけど、確か『新潟の新発田から青森まで8時間位かけて走る普通列車』に乗ったような気がする…さすがに1本の列車ではなかったのかもしれないが『日本海側を延々と走り続ける普通列車』を俺自らがセレクトして乗ったのだから『ぷつぷつとあちこちで乗り継ぎをした』という事はない…最低でも6時間は同じ普通列車に乗り続けた筈…。

その時は友達(同じ高校のクラスメート)も一緒だったから『超長時間の普通列車』が苦にならなかっただけかもしれないけど…ああいや嘘だ…そんなの(友達が一緒)とか関係ねえ…。

俺はその時の『超長時間の普通列車』が凄く楽しかったのだ…『行けども行けども目的地に着かぬ鈍行列車で頬杖ついて車窓からの景色を眺めて物想いに耽る』というのに痺れていた…『痺れた』ゆうても『足が痺れた』ってんじゃないよ(笑)

『旅から旅への渡り鳥…』

『俺には行くところも帰る場所もない…』

『独りだ…哀しいまでに独り…』

などと思いながら頬杖をついて車窓から眺める日本海…それは『独りで旅を続ける俺』を優しく包んでくれたようにも、逆に荒々しく拒絶するようにも見えた…ってどっち!?(笑)

『独りで旅を』も何も『友達も一緒』だもんね(笑)

『旅から旅への渡り鳥』も何も『高校生』だもんね(笑)

『行くところも帰る場所もない…』って…『ある』よ!『自宅』がある(笑)

『独りだ…哀しいまでに独り…』って…『友達一緒』やし!(2度目←笑)

分かってもらえるかな…今で言う『厨二病』だった訳(笑)

『変な孤独感』『普通の高校生とは違い思い悩む俺…』みたいなキャラ?を抱えて俺は生きていた…まあ『普通の高校生ではなかった』ゆうのは確かにそうだったのだが…(悪い意味で…)

これだけは今でも覚えているのだが…当時付けていた日記に

>今生きているこれが『青春時代』だって?

>とてもそうは思えない…『黒冬時代』の間違いだろう…。

という怪文書(笑)を書いた記憶がある…まあ『黒歴史』やな…(恥)

そんなこんなな黒冬時代の俺(大恥)だったが、その時にやった『鈍行列車の旅』とその半年位前にやった『最初の鈍行列車の旅』の印象が凄く良くて、それから35年程経った今、俺は独りでそれを再現しようとしていると…まあそういう話なのだ…。

喫茶店が閉店するのでこれで失礼する…。




















続く…。

by shousei0000 | 2019-02-10 20:55 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

もういつ終わりでもいいや『あの日』も過ぎちまったし…(『1月28日の収穫…』の締め)

b0136045_08432208.jpg
私信…非公開コメントを下さったt…さん…非公開コメント故お返事はしませんが読ませて頂きました。いつもありがとうございます♪

で…宇都宮線…ではなくて高崎線(笑)の話に戻しますが、前回の投稿にも挙げた上の写真のように『グリーン車』が連結されておりました。

宇都宮線にせよ高崎線にせよ通勤列車な側面がある訳ですので、JRにしてみれば

「旅情を求めるならこちらにどうぞ!(めんどくさそうな口調で)」

というような観点から『グリーン車』を繋いでいるのかもしれません…悪かったな…普通列車に旅情を求めちゃってさ…(プチ切れ)

でも…違うのかもこの考え方…『旅情云々』ではなく『通勤を快適に!』という観点から『グリーン車』を繋いでいるのかも…。

『帰りの電車は金を払ってでも多少待ってでも座りたい!』と思うバカはどこにでもいますからね…まあそのバカってのは他でもない『この俺』なんですが…。

仕事帰りはさすがにやらないけど、都心に出た帰りのほぼ90%は『西武新宿からレッドアロー』ですからね…残りの10%も『レッドアローを我慢する』のではなく『満席か1時間待ち等で渋々普通列車で帰る』だけ…つまりは『都心に出た帰りはほぼほぼレッドアロー♪』なのだよぽまいら…金満家やろう俺?(500円ですが…)

だからまあ『近郊への通勤列車にグリーン車が繋がれている訳』として『仕事帰りに座りたいから』というのは分かります…分かりますが…















































b0136045_08595504.jpg
俺は『旅情』の方を優先して欲しかったなぁ…『2階建てのグリーン車』って何かありがたくない…。

『グリーン車』ゆうたら『特別な席』でしょう?『それなりのステイタスを兼ね備えた者かステイタスは微妙だけど金満家な者』しか座れないと昔習ったよ俺は…『プロ野球の1軍はグリーン車で移動だけど2軍は普通席』とか何かで見たよ間違いなく!

でも…『1軍と2軍が列車で一緒に移動する』なんて場面あるかなぁ…『レギュラーがグリーン車でサブが普通席』だったかぁ…よう覚えとらん…。

金やん(金田投手)とかも昔

「ワシらの頃は万事ハングリーでなぁ…『はようグリーン車で楽に移動したい!』思って必死に這い上がったもんよ…」

って言っていた…ような気がする(笑)

細かい事はともかく(笑)俺の中で『グリーン車』というと『1軍』なんですわ!『エリート』なんですわ!『選ばれし者』なんですわ!

それなのにその『1軍&エリート&選ばれし者の席であるグリーン車』が『2階建て』とは…そりゃ〜2階建てにした方がより多くの人が利用できるけど…なんとな〜くありがたみがなくて萎える…。

しかも…




















































b0136045_09130813.jpg
窓の外からざっくり見た感じだけだけど…このグリーン車あんま『エリート席』っぽくねえ…(締め哀)

















続く…。

by shousei0000 | 2019-02-10 09:14 | 雑記 | Trackback(7) | Comments(1)

終わろう!1月28日の収穫!無理かな?(笑)

b0136045_14375440.jpg
訳あって久し振りに『iPhoneのミュージック』で音楽を聴いているんだけど…この楽曲でま〜た泣いてしまった…AKB48の公演曲『夕陽を見ているか?』ゆう曲…。

この曲には思い入れがあって久し振りにイヤフォンを耳に入れた時

「泣いちゃうかな?(笑)」

なんて思ってはいたんだけど、歌詞のひとつひとつを吟味していたらマヂで目頭熱くなって本当に泣いてしまった…『くそっ!こんなAKBの曲なんかで…』と思って我慢しようとしたけど無理だった…。

AKB48グループは今新潟方面から吹く強い風で非常にヤバい事になっている…普通に考えたらこの問題だけで今年一年位は対応に苦慮するべき事案である…。

でも…俺は知っている…このグループはややこしい事案には決して正面から対応しない…かわしたりそらしたりしてだんまりを決める…所謂『華麗にスルー』ってやつ…。

『元AKBヲタ』だからこそそういうの知っている…このグループの危機管理は本当にクソ…『夜行バスに乗って目的地に着いたら推しが解雇されていたてござるよ!』の頃がまだ信用が置けていたし懐かしい…(しみじみ)

『夕陽を見ているか?』マジでいい…先日も仕事に行く途中に迂闊に聴いたら泣いてしまった…。

クソ運営がクソ上位者に指示されクソな対応しかできないクソグループだけど…頑張っているメンバーがいるのは間違いないし、クソ作詞者(哄笑)が作ったものであるとはいえ『楽曲の歌詞に真摯さがある』のは本当…『夕陽を見ているか?』は歳をとった先にこそその良さが分かってくる…。

新潟の娘達はこの『夕陽を見ているか?』を含む『僕の太陽公演』を知らないのか…もう手遅れか乃至はクソ運営のゴリ押しで終わってしまうんだろうけど(哀)可能ならば俺は新潟の娘達に『僕の太陽公演』からリスタートして欲しいな…色々考えさせられる歌詞が一杯ある公演なんで…。

それはともかく…














































b0136045_15060384.jpg
『グリーン車の話』です!

昨日の投稿に書いた『宇都宮線の普通列車はロングシートとクロスシートの合いの子』が事実であるなら、それをかわす?為に『グリーン車を使用する』という選択肢があるんです!

グリーン車なら『クロスシート一択』…旅する気分で旅できる…意味分かるかなぽまいら…。

『ロングシートでは旅はできない』なんてのはおこがましい考え方であるのは分かっている…でも我々鉄ヲタは(いつから『鉄ヲタ』になったのやら…←自嘲)もう30年も前から『旅する列車はクロスシート』と思い込んでいる…これは多分間違ってはいない筈…。

だから『鈍行電車の旅』なのに『グリーン車を使う』という選択肢も発生してくるのだよぽまいら…。














































b0136045_15225121.jpg
宇都宮線…ではなくて高崎線(笑)のグリーン車は『2階建て』でした!



































b0136045_15242181.jpg

b0136045_15242393.jpg
『こんなん』でした♪


























続く…(次回最終回!←ガチで!!)

by shousei0000 | 2019-02-07 14:37 | 雑記 | Trackback | Comments(1)